『ツォツィ』

犯罪にまみれた愛を知らないその手で、
小さな命と出会い、不器用に触れてみる。
闇の中に差し込む一条の光が、
彼に失われた人間性を取り戻させた。


シネマな時間に考察を。-tso1.jpg

『ツォツィ』 Tsotsi
2005年/イギリス・南アフリカ/95min
監督・脚本:ギャヴィン・フッド
出演:プレスリー・チュエニヤハエ、テリー・ペート


アパルトヘイト廃止から10年。いまだ貧困と格差が色濃く残る南アフリカ・ヨハネスブルク。スラム街に生きる1人の男。誰もが彼をツォツィ(チンピラを意味するスラング)と呼ぶ。本名を知る者はいない。仲間との犯罪まみれの自堕落な日々。ある夜、裕福な家から車を盗んだツォツィ。ところが後部座席に生後まもない赤ん坊が置き去りに・・。この小さな命との出会いが、ツォツィを劇的に変えてゆく。

シネマな時間に考察を。-tso3.jpg ある日、仲間内のひとりであるボストンが苛立ちながら叫ぶ。お前らに“品位”はないのかと。品位の意味を問われ「上品な暮らしをすることだろ」とツォツィは答えるが、ボストン曰く、品位とは敬意。自分に対する敬意だと。“暮らし”は関係ない。どんな社会の底辺にいようが、環境がどうだからとかそれは全く関係ない。どこでどんな風に生きていようが最低限の自分に対する敬意を払うこと、それが品位だと説くボストンの言葉は意味深い。人はしばしば何かを環境のせいにしたがる。でもそれは言い訳だ。ボストンの言う“品位”。自尊心なんて言葉よりずっといい、そう思った。


野良犬のような自分の人生をやり直そうとするかのように、赤ん坊に自分の本名デビッドと名付けるツォツィ。親の愛情を知らずに育った彼が、不器用ながらに小さな命と触れ合うことで、彼の奥底に封印されていた人間らしさを取り戻していく。ロクデナシの父親。病弱な母のかすかな面影。ツォツィにたびたびフラッシュバックされる幼い日の過去。広場の土管で過ごした少年時代。今もなお、土管で暮らすストリート・チルドレンたちがいる現状がある。


シネマな時間に考察を。-tso2.jpg ミリアムは言う。ガラスには色や光があるわ。見えないの?と。鉱山現場の落石事故で両足の自由を奪われた男も言っていた。こんな身体でも光を感じたいと。俺にだって太陽のぬくもりは分かると。ツォツィはこれまで闇の中で生きてきた。光の存在すら知らなかった。影が彼にとっての全ての“色”だった。そんな彼が赤ん坊の命を慈しむことでこれまで識別できなかった色が見えるようになって・・。


ラストシーンは複数パターン用意されていたと監督はいう。最終的に選ばれたあのラストカットは一見ツォツィの絶体絶命の窮所のようではあるけれど、パトカーのヘッドライトが白く眩しく彼を包む込み、皮肉にもその光こそが彼に初めて与えられた“希望の光”のように思えた。


彼はきっと生き方を変えるだろう。
拳銃を持つ手で、小さな命を拾ったツォツィは、
今や“品位”の意味を知ったのだから。




『ツォツィ』:2010年3月12日DVDにて鑑賞