【F-07B】【F-06B】ページスクロールあれこれ | 未来色スケッチ
2010-07-12 21:37:18

【F-07B】【F-06B】ページスクロールあれこれ

テーマ:☆F-07B☆
iモードブラウザを見ているとき、メールを見ている時、
ページが縦方向に長い時に重宝していたスクロールキー。
昔はたいてい本体のサイドキーに割り当てられていた気がします。

未来色スケッチ
一番左はP-08A(今まで使ってたやつ)、真ん中がF-07B、右がF-06B。
F-06Bは矢印のついたボタンがなくなってます。

ココ最近はD902is、P-08Aとスピードセレクター(ぐるぐる回転させるやつ)を
愛用していた私でしたが、その間にも世の中の流れは変わっていたようです。
スピードセレクターの中のつぐみ、大海を知らず。

私の中で今一番イチオシのF-07Bで、大海を知ることにしましょう。
まず、iモードで長いページをを表示してみますよ。

1.十字キーの↓を押してスクロール

未来色スケッチ

昔からある一番オーソドックスな方法。
長押しでずずいとページがスクロールできます…が、ページ単位はできない様子。
長押しに慣れている人はこの方法を使えばいいと思うのですが、
スピードセレクターに慣れてしまった私にとっては、
ひとつのボタンを押し続けるという行為が面倒なことこの上ありません。
どんだけ面倒くさがりなんだとツッコまれそうですが、
私にとって十字キーの「↓」は短押し→カーソル移動、の用途でしかありません…。

2.指紋センサーでスクロール

未来色スケッチ

これって今までのFケータイにもあったのでしょうか…?
リア面の指紋センサーに指先をあててスライドすると、スクロールができます。
指紋センサーは元々フィンガーポインターの操作ができるようになっていて、
スライドしてスクロール以外にもダブルタップができたりする。スゴイ!
ただ、慣れるまでは思うように動いてくれなくてちょっとムカッてなっちゃうかも。

スクロールする速度が遅いなーって感じる方は、
未来色スケッチ-100712_212740.jpg
MENU→「8」→「6」→「9」の「ポインターの移動速度」を調節しましょう。

3.モーションセンサー+サイドボタン「▲」「▼」キー長押し

本体側面を見ると、「▲」「▼」ボタンがついているのがわかります。

未来色スケッチ-100712_212552.jpg

従来の機種なら、これを押すとページがまるっとスクロールできたのですが、
ただ押すだけでは反応してくれなくなりました。がっくし…。
参照メールのスクロールくらいしか反応してくれないらしい。
じゃあなんのボタンなん!?ってお怒りの方は、長押しして本体を傾けるべし。

せっかくなので動画で…と思ったのですが、
画面が反射してしまってスクロールしてるかよくわからなくなってしまったので
文章でいっちゃいます。ごめんなさい。

未来色スケッチ

「▲」「▼」キーどちらかを長押しすると画面上部にモーションセンサーの
アイコンが表示されるので、この状態のまま本体を傾けます。
本体を手前側に傾けると下方向にスクロール、
向こう側に傾けると上方向にスクロール…だけじゃない。
なんと斜めにもスクロールしてくれます!フルブラウザの時にいいね、これ。

「▲」押すと上方向だけ、「▼」押すと下方向だけということではなく、
どちらのボタンを押しても上下斜め全部スクロール可能です。
傾ける角度でスクロール速度が調節できるので、
一気にスクロールしたい時は本体をごいんっと傾ければいいわけで。
(慣れないと目当てのところ通り過ぎてああっ!ってなっちゃうけど。笑)

一押しでまるっとページ送りというわけにはいきませんが、
十字キーの↓を押しっぱなしが面倒な私としては
この方法が一番重宝しております。
街中でケータイをえいっえいって傾けてる人あんまりいないけど、
私はこの方法結構好きだー。マイナーだから余計好き!(←単なるあまのじゃく)

今回はF-07Bでご紹介しましたが、F-06Bだと
カメラボタン+モーションセンサーでもスクロールできるんですが、
こちらにはページスクロール機能を切り替えて使うことができます。

未来色スケッチ

iモードサイトを見ている時にサイドの「カメラボタン」もしくは
タッチパネルの「操作切替」で

未来色スケッチ

「はい」を選択すると…!
(注:「はい(以後非表示)を選択すると二度と出てこなくなっちゃうらしいです。
   どう設定してるかわかりにくい!ってカイさんが嘆いてました…)

未来色スケッチ

下二つのボタンが「戻る」「進む」から「↑ページ」「↓ページ」になりました。
これでページスクロールできるようになります!
メールボタンで上方向、アプリボタンで下方向へするすると。
この操作方法があると、F-06Bの方に軍配を上げたくなりますね…。

ま、まあ新しい操作も慣れないうちは違和感を感じるものですが、
慣れてしまえばどうってことはないんですよね。
ケータイがユーザーのニーズに100%応えてくれるというのは難しい話だし、
妥協できるところは妥協しないといけないのかも。
そうはいっても、やっぱりサイドキーでのページ送りは残してほしかったです…。
これ、あったほうがいいっていう人絶対多いと思うんだけどなぁ。
と小さく付け加えておきます。


F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

つぐみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス