水瓶座上弦の月の力を借りて

テーマ:
昨日、青い空に白いお月さまを見ました。

上弦の月だったんですね。
この水瓶座の上弦の月は、
今をブレイクスルーしていく力なのだそうです。


しばらくの間
かなりネガティブな気持ちに傾いていました。

ネガティブもある。
あっていい。
そう受け入れてから
ネガティブな気持ちも、自分の中で自由にしている。

泣いても、怒っても、嫌いになってもOK。
だって、私がそう感じるのだから。

泣きわめくこどもを
少しの間、好きにさせるような感じです。

それでスッキリすれば、それでいいし、
スッキリしなかったら
どうしてかなって様子をみていた。


こどもの事だったり
仕事の事だったりしたんだけれど
スッキリしなかったから
しばらくどっぷりネガティブに身を置いていた。


私、このままいじけた人間になるのかな?
情けない人間になるのかな?
みんなは生き生きとして見えるのに。

それでも無理にポジティブになんかならなかった。
結構頑固(笑)


ある日ネガティブな中に小さな火が灯った。

怒り。

目の前に起こることを
自分の心の中で解決しようとしていた。
相手の問題は
相手が気がつくまで仕方ないと思っていた。

でも、
おかしいことは、おかしいって言おう。
気がつくのなんて、待っていたって、
一生気がつかないかもしれない。
私が一番大切なのは、私。
私の自尊心。
アイデンティティ。

今まで何を恐れていたんだ。
もし間違えたとしても、
もし笑われたとしても、
もし嫌われたとしても、
私が私の気持ちを言わないで
誰が言うと言うんだ。


そう決めて
上弦の月の日
私の気持ちを伝えに行った。


それほど感情的にならずに伝えられた。

シンプルに
建設的に
前を向くことが出来たのは
ネガティブなところで
好きなだけ暴れたからかもしれない。
(実際に床ひっくり返って泣いてませんよ(笑))

この間、決めていたことがひとつだけある。
相手を排除しないこと。


どうにもならなくなったら、
逃げて良いと思ってる。

だけど
排除してしまったら
この事の
今、起きている事の
意味がわからなくなるだろうと思ったから。


この間、話しを聞いてくれた人も、
助けてくれた人もいた。
私一人では、やってこれなかった。


そんな人たちと、繋がれたこと、
本当に嬉しく思う。


そして、
自分の気持ちをなかなか伝えられないところや
遠慮してしまうところを
この月の力を知らず知らずに借りて
打ち破ったのかもしれない。


自分の為に
自分で立ち上がったら
なくなっていた力が
戻ってきたように思う。





そして
この前描きかけた絵は
描き上がりました。