続いてセントレア・ミュージック・ウィングス吹奏楽の日から、オープニング・常滑市ジュニア吹奏楽団演奏編をお送りします。

 

 この日私がセントレアに着いたのは11時過ぎ。

 11時半になるとイベントプラザのステージで、セントレア・ミュージック・ウィングス二日目(吹奏楽の日)のオープニングが始まりました。

 

 最初に、司会進行を担当する岩田みどりさんが挨拶しました。

 

 続いて、イベントの企画・運営を担当する空港会社職員の今枝さんが挨拶しました。

 

 そして、吹奏楽の日の監修及び案内人を務める木下紘治郎さんが挨拶しました。

 挨拶が済むと演奏に移り、一番手として昨年も出演した地元常滑市ジュニア吹奏楽団が登場しました。

 

 団員の1人が曲目紹介をした後、オープニング定番曲の「サービスメドレー」と「トイランド」を見事に演奏しました。

 

 指揮を担当するのは、楽団サポーターの方です。

 

 演奏が終わると先程曲目紹介をしたのとは別の団員が立ち上がり、来月15日に開催される定期演奏会のPRをしました。

 なお速報版で紹介した通り、その間数人の団員がこの定期演奏会のチラシを観客達に配りました。

 

 次回は、常滑市ジュニア吹奏楽団演奏続き編をお送りします(明後日の投稿となります)。