皆様、おはようございます。

 

 昨日私は、これの試楽を観覧して来ました。

 本日から7回に渡って、その様子をレポートします。

 今回は、山車整列と北町組年少組お囃子編をお送りします。

 

 昨日私が東海市の尾張横須賀に着いたのは14時過ぎ。

 今年の祭礼では曳かれない公通組圓通車を除く4台の山車が、横須賀公民館前の市道元浜線上に整列していました。

 

 左から、北町組楓童車・大門組山車・公通組八公車・本町組山車です(天候の関係でいずれも大なり小なり合羽を着用しているのが残念ですが・・・)。

 さて間もなく試楽の日恒例の年少組お囃子コンクールが始まるのですが(数年ぶりに観覧します)、例年公民館の駐車場に設置される特設ステージが見当たりません。

 よく見ると、公民館の玄関に次のような立札が・・・。

 

 今年は天候の関係で、会場が変更になったようです。

 

 

 この公民館の1階ホールには久し振りに足を踏み入れるのですが、入って西側の窓から外を見ると整列している4台の山車を真正面に見ることが出来ました。

 そうこうしている内に、コンクールが始まりました。

 

 一番手として北町組の年少組が登場し、車囃子の「夕車切」・「早笛」・「車切」・「早神楽」・「早楽」・「大神楽」を見事に囃しました。

 

 途中囃子が「早笛」から「車切」に落とし込まれる際には、年少組の応援に来た北町組の若衆達が「ヤー!」という掛け声を上げて場を盛り上げました(写真はありませんがクラッカーも鳴らしてさらに紙吹雪も舞わせました)。

 

 次回は、本町・大門・公通組年少組お囃子編をお送りします。