皆様、おはようございます。

 今日は9月8日のセントレアから、ティーウェイ航空のセフンラッピング機撮り直し編をお送りします。

 

 この日の午前中、速報版で紹介した通り私が常滑駅から臨時の全車一般車特急中部国際空港行(3700系と3150系を組み合わせた6連を使用)に乗車したのは10時過ぎ。

 この日とその前日AICHI SKY EXPOで乃木坂46の握手会が開催された関係で運転された列車となります。

 

 さて中部国際空港駅に降り立ってスカイデッキに出ると、国際線スポット22番ゲートにユナイテッド航空のシミタールウィングレット装備のB737-800(N34282)が入っていました。

 午前中の目的の機体は、その南方(今日オープンしたT2の前)に駐機していました。

 

 韓国の男性アイドルグループEXOに所属する歌手セフンがラッピングされたティーウェイ航空のB737-800(HL8235)です。

 この3ヶ月半前に初飛来した時に撮影済ですが、スターボードサイドが上手く撮れなかったため撮り直しをしたいと思っていました。

 しかしその後すぐに、セントレアへ飛来しない運用に固定されてしまいました。

 今回ようやくその固定が解け、久し振りに中部路線に入りました。

 

 その後10時半近くになるとプッシュバックされました。

 

 先月27日までの運航だと聞いていたのでラッピングが既に剥がされているのではないかと心配でしたが、残っていて本当に良かったです。

 

 トーイングカーを外した後、誘導路に入ります。

 前回上手く撮れなかったスターボードサイドのラッピング、撮り直し出来ました。

 

 RW36に入り、滑走を始めました。

 

 そして、済州向けて離陸して行きました。

 

 次回は、午前中のその他目ぼしい機体編をお送りします(3日後の投稿となります)。