経結膜下眼瞼脂肪移動術(裏ハムラ) | シエルクリニック院長ブログ

シエルクリニック院長ブログ

他院修正、美容整形症例写真多数掲載しております。

六本木東京ミッドタウン隣、
正しい美容外科の知識を紹介します。


テーマ:

目のしたのクマを気にしていらっしゃいました。

目の下の脱脂と脂肪注入の予定でしたが、眼輪筋と骨膜との癒着が強く、

脂肪注入では改善度が低くなるため、脂肪移動術を行いました。

 

術後1週間です。

目の下タルミ 裏ハムラ

瞼の裏からの手術なので傷跡は全くみえません。

皮膚側から行う通常のハムラ法と裏ハムラ法は、だいたい45歳くらいを境目に使い分けています。

 

加齢によって皮膚に余りが出てきている時には、その下の眼輪筋も当然ゆるんできていますので、

皮膚切開をして、ゆるんだ眼輪筋を引き上げ(眼輪筋つりあげ術)、下瞼の張りを回復させた上で、クマの部分に脂肪を移動させます。

これが通常のハムラ法です。

 

目の下のクマが気になっていらっしゃる方で、将来絶対に目の下を切りたくない、という場合は、

40歳前半までに裏ハムラを受けられるといいです。

 

 

シエルクリニック

https://www.ciel-cl.com

03-5775-3341

木曜・日曜休診

 

専門サイトにリンクします。
眉下切開  額ヒアルロン酸 

 

シエル美容クリニック院長ブログ-無料カウンセリング

cielさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス