二重切開修正 | シエルクリニック院長ブログ

シエルクリニック院長ブログ

他院修正、美容整形症例写真多数掲載しております。

六本木東京ミッドタウン隣、
正しい美容外科の知識を紹介します。


テーマ:


シエルクリニック院長ブログ-二重切開    シエルクリニック院長ブログ-二重切開


シエルクリニック院長ブログ-二重切開    シエルクリニック院長ブログ-二重切開


シエルクリニック院長ブログ-二重切開    シエルクリニック院長ブログ-二重切開


シエルクリニック院長ブログ-二重切開    シエルクリニック院長ブログ-二重切開


シエルクリニック院長ブログ-二重切開    シエルクリニック院長ブログ-二重切開


シエルクリニック院長ブログ-二重切開    シエルクリニック院長ブログ-二重切開


シエルクリニック院長ブログ-二重切開    シエルクリニック院長ブログ-二重切開

二重切開、隔膜前脂肪、眼窩脂肪切除の術前から術後8カ月までの経過です。

全くの初回の二重の手術でしたが、御本人が強く切開法を希望された事と皮膚の余りが多く、

埋没法ではきれいな二重が作れないため切開法と脂肪切除を行いました。


くっきりとした二重を希望されたため、ラインは少し強めに作っています。皮膚も大量に切除したため、

術直後は兎眼(目が閉じない)になっていますが、挙筋前転術(眼瞼下垂の手術)は行っていないので

数日で目は完全に閉じるようになります。


通常切開法の腫れが引く目安は10日~2週間です。こちらのモニター様はラインを強めにつけているため、少し腫れの引きは遅い方です。切開法は腫れが長く続くと思われている方が多いですが、内部処理をしっかり行い、無理のない二重の構造を作れば通常腫れはそれほど長引きません。


埋没法で強く留めると明らかに無理がかかるので腫れは確実に長くなります。過去に受けた埋没法よりも早く腫れが引くのでびっくりされる方が多いです。切開法で3カ月も4カ月も腫れが引かないのは内部処理をあまりせずに内部固定の糸で無理に二重を作っているか、ラインを強くつけすぎているか、挙筋腱膜を損傷して目の開きが悪くなっているかに原因があります。


ただし、切開法は切る手術なので、傷の硬さや赤みがとれるまでには通常3カ月~6カ月かかります。


このモニター様の詳しい経過は
http://ameblo.jp/ciel-cl/entry-11163470668.html

この施術に関するご相談・お問い合わせは

シエルクリニックまでお願いします。

http://www.ciel-cl.com


シエル美容クリニック院長ブログ-無料カウンセリング




シエル美容クリニック院長ブログ-眉下切開
クリック眉毛下切開の症例を多数掲載しています。



シエル美容クリニック院長ブログ
クリック二重切開の症例を多数掲載しています。



シエル美容クリニック院長ブログ-眼瞼下垂

クリック眼瞼下垂の症例を多数掲載しています。



シエル美容クリニック院長ブログ-20%オフ










  










cielさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス