シエルクリニック院長ブログ

他院修正、美容整形症例写真多数掲載しております。

六本木東京ミッドタウン隣、
正しい美容外科の知識を紹介します。


テーマ:


シエル美容クリニック院長ブログ-眼瞼下垂    シエル美容クリニック院長ブログ-他院修正

左目(向かって右)は挙筋前転術の修正、右目は切開法の修正の1ヵ月後です。

目を大きく開けた時の左右差は改善しています。



シエル美容クリニック院長ブログ-二重切開

閉眼時です。前転術を行った側は、まだ少し兎眼(目がうすく開いている)が見られます。

前回の手術が幅狭のデザインなので、今回は皮膚をかなり切除したためです。


眼科や形成外科では、目を開けるために行う手術なので、幅は狭くとります。

幅広よりも幅狭の二重の方が目が開きやすいからです。

美容外科では挙筋前転術を行う場合でも二重の形を優先しますので、幅広のデザインが主流です。



シエル美容クリニック院長ブログ-他院修正    シエル美容クリニック院長ブログ-二重切開

この考え方の違いが美容外科と保険治療の違いです。

目がよく開くようにしたいが、二重の幅も広くしたいというのが患者様の本音だと思います。


このモニター様の詳しい内容ははこちら

http://ameblo.jp/ciel-cl/entry-10461297240.html


この施術に関するご相談・お問い合わせは

シエル美容クリニックまでお願いします。

http://www.ciel-cl.com





シエル美容クリニック院長ブログ
クリック二重切開の症例を多数掲載しております。



シエル美容クリニック院長ブログ-眼瞼下垂


クリック眼瞼下垂の症例を多数掲載しております。





AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


シエル美容クリニック院長ブログ-二重他院修正   シエル美容クリニック院長ブログ-眼瞼下垂

7~8年以上前に二重切開、目頭切開を受けられていますが、

最近目の上のクボミが出る様になったそうです。

左目(向かって右)がよくクボミが出ていて、疲れていると両側のクボミが出てしまうそうです。



シエル美容クリニック院長ブログ-目頭切開

目を閉じると二重のラインのあたりにヘコミとふくらみが見られます。

挙筋腱膜と瞼板のつながりに問題がある様です。


このモニター様の場合、よく目は開いていますが、目の上にクボミが出た時はひっかかる

感じがするそうです。

挙筋腱膜が奥に入り込んでしまうと、いっしょに眼窩脂肪も奥に引き込まれてしまうので、

こういった場合は挙筋腱膜と瞼板をしっかり留め直すとクボミは解消されます。


今回は挙筋前転術と目頭切開の修正、目尻切開を行いました。
シエル美容クリニック院長ブログ-目尻切開 目頭切開

直後です。



シエル美容クリニック院長ブログ-眼瞼下垂    シエル美容クリニック院長ブログ-他院修正

抜糸時です。

目は非常に開けやすくなったそうです。


この施術に関するご相談・お問い合わせは

シエル美容クリニックまでお願いします。

http://www.ciel-cl.com


シエル美容クリニック院長ブログ
クリック二重切開の症例を多数掲載しております。


シエル美容クリニック院長ブログ-眼瞼下垂
クリック眼瞼下垂の症例を多数掲載しています.。


シエル美容クリニック院長ブログ
クリック目尻切開の症例を掲載しています。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。