思い出投稿〜幼い頃のマリン | クセ毛カット専門店 美容室シェー謝、澤下ゆかり&足で体調診断する足セラピスト澤下ゆかりのブログ

クセ毛カット専門店 美容室シェー謝、澤下ゆかり&足で体調診断する足セラピスト澤下ゆかりのブログ

ブローレスのクセ毛カット、電子トリートメント、美髪再生デトックストリートメントで、40代からの髪の悩みを改善。
体調は足に表れます。
足のマッサージと足湯デトックスで毒素を出して、身体の歪みを矯正する靴の販売から歩行指導まで。


抱っこされて、パチリ❣️


何歳くらいだろう?

弟犬ソラがいないから、多分5・6歳の頃です。


お鼻の周りの毛もフサフサで、赤ちゃんみたいなあどけなさの残るマリン。

このマリンに、最初は冷たい印象を持っていたなんて信じられないです。


ソラの思い出にも書きましたが、ソラは生まれつき、脳の病気である水頭症、小脳腫瘍、脳炎を持って生まれた子でしたから知的障がいがありました。

知的障がいの子が持つ、異常とも思えるほどの一途なソラの甘え方は、私には可愛い〜だけでしかなかったのですが、それゆえにマリンは自分が甘える事が出来なかったようです。


マリンが甘えようと近寄って来ると、それを目ざとく見つけてはサッと寄って来て、自分が甘えるソラ。

それが何度か続くうちに、マリンは甘える事をソラに譲ったのでした。


それを、そんなマリンを冷たい子だと思ってしまったのです。


そんなある日の朝、お店に着いて直ぐに私にベッタリ甘えてくるソラ。

ふと見ると、そんな私とソラをジッと見ているマリンに気がついたのです。


「ああ、この子も甘えたいのではないか」と思って「マリンもおいでー」と、呼んでみたのです。


それからです。

マリンが変わったのは。




美味しいものを貰おうと、ただひたすらにお座りしてジッと見つめているマリン。