ありがとうマリン | クセ毛カット専門店 美容室シェー謝、澤下ゆかり&足で体調診断する足セラピスト澤下ゆかりのブログ

クセ毛カット専門店 美容室シェー謝、澤下ゆかり&足で体調診断する足セラピスト澤下ゆかりのブログ

ブローレスのクセ毛カット、電子トリートメント、美髪再生デトックストリートメントで、40代からの髪の悩みを改善。
体調は足に表れます。
足のマッサージと足湯デトックスで毒素を出して、身体の歪みを矯正する靴の販売から歩行指導まで。











2021年8月26日18:00
マリン18歳5ヶ月と1日

私の腕の中で、ゆっくりと息を引き取りました。


25日の治療、投薬直後から亡くなるまで嘔吐が止まらず、朝日が登って明るい場所で見ると、血が混じっていました。

苦しかったのでしょう。
嘔吐する前は、大きな声で泣くのです。

それでも一生懸命に生きてくれました。

朝から悪い予感がしており、じいちゃんに長くないかもしれない事を伝えると、妹が車で乗せて来てくれました。


(動画一枚目)
アニコミ後から、じいちゃんに抱っこされるようになりました。
じいちゃんが抱っこすると、じいちゃんの手をペロペロ舐めるのです。

そして、私が与えても飲まなかった水を、妹が与えてくれて、じいちゃんの腕の中でペロペロ飲んでくれました。
末期の水だったのです。


(動画二枚目)
届いたばかりの床ずれ予防マットに寝かせました。
じいちゃんは喘息が酷くなって体調を悪くしている事もあって、帰ろうとしていました。
その時、マリンの目に涙が滲んで見えました。



この時すでに舌に力が入っていない事も見て取れましたから、マリンを直ぐに腕に抱きました。

私自身目の奥が痛くて、目をつむりたい。
けれど、眠ってしまうのが怖くて、眠ってしまった時にマリンが逝ってしまうのが怖くて、ずっと抱き締めていました。

あんなに柔らかく、ふにゃふにゃだったマリンの身体が、少しずつ硬くなっていこうとしているのがわかりました。

ハッとしました。

ドクンドクンいってた心臓がゆっくりと止まっていく。
待って欲しくて、逝かないで欲しくて、マリン、マリンと叫びましたが、ゆっくりと息を引き取りました。



私に手をかけさせまいと、私に迷惑をかけさせまいと、あっという間に逝きました。
たまたま休みの日でしたから、いっぱい抱っこ出来た事はせめてもの救いになりました。

マリンは最後まで、優しくお利口さんでした。

マリン、ありがとう。
大好きだよ。
私の元に来てくれてありがとうね。



『犬は生きる事を諦めない』
それは、ワンコを育てる上での私の指針でした。
ワンコにとって、生きる事は食べる事だと思っていた私です。

食べなくなった時から、もしかしたらという思いはありました。
ですが、
ですが、
やっぱり寂しい。
寂しくて寂しくて堪りません。


最後の写真のマリンは、まだ柔らかくて、スヤスヤと眠っているだけのような気がして、マリン、マリンと呼んでみるのですが起きてくれません。






8/25の投稿はどうしようか、迷いました。
マリンの生きた軌跡を残したいと始めたブログとインスタでしたから、敢えて載せさせて頂きました。

短いお付き合いにも関わらず、沢山の応援メッセージをありがとうございました。

マリンは幸せでした。