愛犬の声を聴く | クセ毛カット専門店 美容室シェー謝、澤下ゆかり&足で体調診断する足セラピスト澤下ゆかりのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

クセ毛カット専門店 美容室シェー謝、澤下ゆかり&足で体調診断する足セラピスト澤下ゆかりのブログ

ブローレスのクセ毛カット、電子トリートメント、美髪再生デトックストリートメントで、40代からの髪の悩みを改善。
体調は足に表れます。
足のマッサージと足湯デトックスで毒素を出して、身体の歪みを矯正する靴の販売から歩行指導まで。


インスタを見ていたら、夜中に何度も起こされる愛犬の介護の大変さに思わず「〇〇なんていらない」と口走ってしまったママさんの投稿が目に入りました。

落ち着いて気持ちを取り戻した時に気付かれたのは「自分は愛犬の声を聞いていない。聞こうとしていない。自分の大変さばかりを見ていた」と。


介護の大変さは、やってみた人にしかわからない場合が多いと思います。

〇〇なんていらないとまで口走るほどに一生懸命頑張られたのだと思うと、目頭が熱くなります。


沢山の方が、病いの愛犬の介護や老いた愛犬の介護の中に、愛しさや切なさを持って幸せを感じるコメントを残してらっしゃいます。

凄いなぁ、こんな言葉が出るなんて中々できないよと、その生き方の素晴らしさに感動を覚えます。


今、オリンピック真っ最中。

メダリストやメダルには届かなかった方々の最後のコメントを聴いていて思います。

コロナの影響で1年伸びたオリンピック開催。

素晴らしいアスリート達はその時「1年伸びた事は、もっと伸びしろがある」というような前向きなコメントを発してらっしゃいました。

今、最後のオリンピックを終えた時に発せられた言葉を聴く時、1年前に前向きなコメントをする事で自分を鼓舞するしかなかったのかもしれないと思えました。

一点を見つめ続けて切磋琢磨する日々が1年伸びる事の重み、5年という月日の長さをしみじみと感じさせられました。