夢のはじまり | 北野里沙オフィシャルブログ Powered by Ameba
2018-10-02 14:45:49

夢のはじまり

テーマ:ブログ
先日ご縁があり
ある出版社の小説授賞式に伺いました。 






受賞者の方が スピーチで
こんなことを言っていました。 







「 本を書き始めたのは30歳から。 

それまでは いわゆる「やんちゃな子供達 」
不良と言われたり、家出した子供達を 
深夜1、2時まで 探し回るような 
お仕事をされていたそう。




その間もずっと
「いつか、小説を書くのが夢!」と 
やんちゃな子供達に夢を語っていた。




だけど、ある日家出をしていた子に
話を聞かせている時に


「◯◯ちゃん(先生のお名前)も 
夢、叶えられてないじゃん。」 


「私が夢なんて叶えられるわけない。 
うちは貧乏だから。」 



と言われ、ハッとしたそう。





その一言で一念発起し、 
夢であった小説を書くようになった。。。 
あの時の女子高生からの 一言が 
なければ 今の僕はいない。 





「僕は子供たちに 必ず  夢は叶えられるんだ!
って 自分の人生をかけて 伝えるために
小説家でありたい。」 






そんな力強くも温かいスピーチを 
聞くことができて、
幸せな気持ちになりました。





これとは少し違うパターンではありますが、
私は 18歳で音大を目指す!なんて 
言い出したもんだから、 
当たり前に周りには反対されたし、 
あらゆる人から
「できるわけない」と言われてました。 

だけど、
何か他に特別にできることもなかったし、 
「できるわけない」と言われ続けた
人生の中で、

「私にもできることはある!」と、
自分の人生をかけて 周りを見返したかった 
証明したかったんだと 思います。






決意をした日から
随分と時間が経ち、 
自信を得たこともあれば 
やはり世の中そんなに甘くない
ということもわかる。

今思えば よくやったなあ、、と
思うこともあれば、 
わかりもしない未来を思い 
打ち砕かれそうな時もある。





でも 「自分の居場所」を作り  
自分にできることをみつけるには、
「学び」を 続ける他はないと感じています。 



なにもお仕事に直結することだけで
なくてもいいと思う。

「趣味や習慣、興味のあることを続けること」 


なにか一つのことでも 
コツコツと磨き続けることが 
ブレない自分のものさしを作り、
やがてそれは居場所となり、
できる!という自信を与え、 
何にも左右されない 凛とした魅力を
作りだすことに繋がると信じています。 





受賞者の方のスピーチを聞いて、 
初心を思い出すと同時に 
これからは
「誰もがみんな、
それぞれにできることがある!」 
ということを 
人生をかけて伝えていけるような人に 
なれたらいいなあ。。。 と 
心新たにしました。




そんな未来のために、
今日も一つ自分のものさしで 
学びを深めてみたいと思います。




http://kitanorisa.com/ 





北野里沙さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース