どん太くんのひとりごと

どん太くんのひとりごと

「能登を元気にするリーダーカンパニー」で働いています。
この「能登」を「三流の都会でなく、一流の田舎にしたい。」
そして「あてにされる、スーパーマーケット日本一」を目指しています。

NEW !
テーマ:

こんばんは。どん太くんです。今日も終日本部・・・。いろいろと書き物が多くて四苦八苦・・・。いい案が浮かびません。ここで投げ出さないで、とにかく解決策を考える・・・。それが自分自身を成長させると思って頑張ります。今日も仕事終わりにジム・・・。10キロ以上走るのは最後にしようと思って、走り始めるとどうも気が載らない・・・。それもそのはず、2日前に15キロ走っていますから少し体が重いのとスタミナ不足なのか、開始3分ぐらいに嫌になりはじめました。まあ30分走って止めようと思って、30分経ったら45分、50分とたまたまジムのテレビがのど自慢の世界大会をやっていたので、口ずさみながら走っていると60分走れて、10キロ走れました。まだ走れる感じだったのですが、明日は運動会があり、そこでも走るので、そのまま軽めにウエイトトレーニングをして帰ってきました。気持ちが載らないのに、10キロ走れたことは自分にとって大収穫・・・。1週間後の初マラソンにそれが生かされてくれればいいと祈る気持ちです。疲れもないので、いい感じになってきました。

さて昨今新聞で、レジ袋の有料化の問題が出てきました。特にこれまでレジ袋有料化してこなかったコンビニやドラッグストアは、有料化にすると客数が落ちると反対しているのだとか・・・。我が石川県は食品スーパーは県との協定で10年以上も前から有料化・・・。そういえば、その時もドラッグストアさんが協定を結ばなかったことを思い出します。その頃は薬と一部食料品という感じだったので気にはしませんが、今ではドラッグストアさんもどんどん食品の構成比が増えて、食品スーパー並みの店も増えてきました。コンビニさんも小商圏型の頻度の高い商品が充実したミニスーパーのような店もあります。もう業態の垣根がなくなってるんだったら、一緒にレジ袋の有料化に踏み切ればどうかと思います。それとトレーの回収だって、食品スーパーはどの店も回収を行っているのに、コンビニやドラッグさんで回収しているところはあまり見ません。こちらも一緒にやれば、もっと環境にやさしい国になるのではないか?と思います。商品だけ業態の垣根を超えるのではなく、環境にやさしい街づくりでも業態の垣根がなくなり、住みよい街づくりという面でも、いい競争が出来ればと思います。

ペタしてね

バナー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス