鬼と三歳とおもらしと。

テーマ:
チャオーーーー!!!




人生は選択の繰り返しというけれど、
子育てなんて、

瞬間瞬間、選択しっぱなし!!

むずいわ!!


こういう時はこうした方がいいとか、
そういう場合はそうした方がいいとか、


こうしたらちゃんとした人間が育ちますとか
法則があればいいのに!!





この週末、ほーちゃん(3)が



おしっこ漏らした。(え。)
車内で。シャァァァァー。


SAI AKU.



しかも、
床に置いてたカバンとか、靴とか、スリッパにまでおしっこをかけるという
偉業を成し遂げまして。(白目)


そらもう、

鬼の形相で振り返ったわ。

「だからトイレ行けって言ったよね?」


いや、少し前に子供のおもらしで叱ったらあかんとか言うてた人誰や。(私や)
どの口が言うか!と日本全国に突っ込まれること覚悟で告白するわ。

おもきし説教した(/--)/。



実はこの夏休み。
どういう訳かほーちゃんのおもらしが酷くて
(大も小も)
一時オムツに戻してたんだよね。


なにかストレスになってるんじゃないか?とか色々原因を探したんだけど
これといって思い当たる節がなく・・
遊びたい気持ちがトイレ行く気持ちよりも勝ってるから
我慢してしまってジャアァァともらすんじゃないかっていう案で落ち着いた。


夏休みを通してずっと
ほーちゃんの下の世話に振り回されてて、
何回も何回も語り合ったわ。しっことうんこについて。(なんつう・・・・)

そんな経緯があった上での
今回のおもらし。


正直、またかよ。。。てのが本音。




私たち夫婦に、

3歳のほーちゃんはどう反応したのかというと、


うろたえるわけでもなく、
しょんぼりするわけでもなく、





ブスッとした顔で仁王立ち。


つ、つぇぇっ。
三番目、つえぇっ・・・!




おまけに一生懸命主張してくる。




「しょうがないじゃん」
「怒らんでよ。」


彼の主張はこうだった。



夫が「どうしてギリギリまで我慢するんだ。」
「我慢せずにもっと早くに言え」と説くも、

いつもならすぐ泣くほーちゃんも、
自分の中で腑に落ちない何かがあるのか、





まったくひるまなかった。


おまっなんだその顔はぁ!!
たいした度胸じゃねぇか!!はは!



と言いたいところだけれど、

いいか、

子育てとは選択の繰り返しだ。(再)

ふぬぬ・・・こういう時どうしたらいいんや・・・・。

怒ったらあかんのんか、
怒って言い聞かせたほうがいいんか、
どっち!!



私、自覚あるけど
すぐ許しちゃう女で。


すぐ許すとか「寛大」のように聞こえるけどそうじゃなくて、
要するに、
ゆるいんですわ。


ほ:「ママ、怒らんでよぉぉ~~」
ほ:「怒らんで!怒らんで!怒らんでぇぇぇ!」
私;「うん、別に怒ってはないけど!!!(どうしてくれんねん!このおしっこ!)」


股間びしょびしょのまま開き直ってるほーちゃんがだんだんおもしろく見えてきて
許してやろっかなって思い始めていたけれど、


夫がそうはさせなかった。




ドゴゴゴゴゴ・・・・!!!






夫:「いいわけばっかするな。
まずはごめんなさいと謝れ。」



夫、おこ!!!


さっきまで意地はってたほーちゃんもとうとう、



泣く。


しかも意味不明なことに怒ってんのパパやのに
「ママが一番怖い」って言って泣く。


なんでや。
どう考えてもママ怖くないやろ。



それでも、ごめんなさいとは絶対に言おうとしないほーちゃんに、

鬼のトドメ。





ババァァァーン!!!



三度の飯よりおやつが好きなほーちゃんに

無情の宣告。


ダーーーン!!!!

だ・・・だんなぁ!!!


そ・・・・そんなぁ・・・・!!!


う・・・嘘だと言って・・・

ぽっくんからおやつを取り上げたら・・・ただのずんぐりむっくりじゃないか・・・・




「おやつなしイヤぁぁぁ!」とさらに大号泣するも、


鬼はひるまない。



そしたら今度は、




ママとパパどっちも一番怖い~~~!!

とか言い出して、

ちょっ
さっきからこの子、


怖い人ランキング発表してくるんやけどなんなんこれ。


そうじゃなくてもっと他に言うことあるやろ
今後気を付けますとかなんとかよぉ。





・・・さぁ・・・しかし、
さっそく心揺らいでまいりましたよ、わたくし。


ちょっとかわいそうちゃう?
泣いてるやんかぁ。




鬼さんに仲裁を持ちかける。




鬼氏鬼氏~~・・今日はこのぐらいでいいんじゃないでござるか?(どうした。)




とか言いつつ妻は肝心なことに気がついていない。
お前がきちんとしないから、
一ヶ月半のおもらし生活がなにも変わらず過ぎ去ったことを。




夫:「あかん!!

今日だけは絶対やらん。

おしおきだ。


3歳でも我慢せなあかんもんはあかんし、
分からさないとあかん!!!」



ピシャァァァ!!


アイヤーーー!!!


鬼おこぉぉぉぉ!!!!





パン屋でみんなでパンを買おうとしていた矢先の出来事だったのだけれど、
鬼により「ほーちゃん、お前はパパと車内で留守番じゃ」と待機の刑が言い渡されたため、





母、去る。


ぎやぁぁっぁぁぁぁぁ!!!
ほーーーちゃんもぉぉぉーーーーーパン行くぅぅぅぅぅーーー!!!




夫:「ほーちゃんの分のパンは買ってこなくてよし!!
今日一日食事以外嗜好品は与えなくてよい!!」


ピシャァァァァ!!!


鬼の言うことは絶対の我が家。
そのかわり鬼が育児に物申すことはほとんどない。



今日は、

鬼だって本気なのだ。




パン屋から帰ってきたら、

鬼とほーちゃんとで、




男同士の約束がなされたらしい。


ほ:「・・・・おしっこもらしちゃって・・・ごめんねぇぇ・・・・・」

謝ってきた!!!




ほろろっ!!!ホロロローーー!!!(壊)


あかん!!

ほーちゃんにもパン、あげたい!!!
パンむしゃむしゃ食べさせてあげたい!!

とか絶対に言ってはいけない。



頑張ってほーちゃん耐えておりました。
大好きな大好きなおやつを我慢して堪え忍んでおりました。


そしてその後夕飯の買い出しのときに、
スーパーに付いていきたいっていうもんで、


言ったら絶対おやつ買いたくなっちゃうからおうちでお留守番しておきなってさんざん忠告した。



それでも大丈夫!我慢できる!って何度も言うから

連れていったんだけど、


やっぱりなんといっても、3しゃい・・・。





おやつ売り場に行くとやっぱり・・・

パパじゃなくて甘いママしかいないとなるとやっぱり、





泣いちゃうよねーー。

レジで大号泣。


買って買って買ってぇぇーーーー!!!




か・・・・買ってあげたい!!
ていうか、このうるささから逃れられるなら今すぐにも買いたい!

いや、でもあかんぞ。今日はきちっと絞めないといけない日なんやから。




私、ズルいから「パパが今日はダメだって言ってるから」と言って、
パパを逃げ道にしてすり抜けました。

こういうの、よくないらしいですね。




耐えたわ。

なんか、

ほーちゃんも耐えたけど
私も耐えたわ。



これでよかったんかどうかはわからないけど、
まぁ、こんな日があっても別にいいだろう。。


子育ては選択の繰り返し。
むずい!!





いつも読んでくださって&コメント・いいねありがとうございます♥
リブログ大歓迎です。許可不要です^^ご自由にどうぞ。
 



・・・・・・・・・・・・・・
すくパラ。


短めの四コマです。
 よかったら読んでみてください~!

 
 
 


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウーマンエキサイト

ブログとは違って真面目っぽいこと書いてまーす。
読んでみてね~♥
 
↓↓↓



 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 



AD

リブログ(3)

リブログ一覧を見る

コメント(74)