初鱸 | 寺岡寿人のHOTAKUREブログ

寺岡寿人のHOTAKUREブログ

愛媛在住のショアアングラーのブログ

シーバスや青物…真鯛やヒラメを狙い
日々、海に立ってます

現場主義でとにかく海にいる事から得た
知識や釣果…経験やインプレなどの情報を
微力ながら発信していきます

皆様、年末年始は良い時間を過ごせましたか?
僕は愛車を洗車したり、家具を造ってみたり…
一人で飽きずに遊んでました。
昨年同様に2021年も何かと大変な一年になるかと思いますが、どうぞ本年も宜しくお願い致します。

さて、早速ですが昨年末の釣果報告からです。
昨年末の釣り納めについてですが、結論から言いますと完璧なノーバイト…魚の姿形すら見る事の叶わなかった何とも尻すぼみな結果でした。
その二、三日前まではポツポツ釣れてたんですがw
まぁ釣りという遊びはそんなもんですよね。魚は釣り人の都合に合わせたり気持ちを汲んだりはしてくれませんからね。釣り人がひたすら魚に合わせていくのみ。釣りたかったな…

さてさて、年末の魚の報告です。
ブローウィン140Sでヒット。この写真の鱸の角度好きだなぁ…
こちらはシャローランナー(プロト)の鱸。
こちらはフリッド90Sで真鯛。いい魚でした。フリッド90Sの飛距離、食わせやすいサイズ、しっかりゆっくり動く性能はショアから狙う真鯛での使用頻度は高くなりそう。
こちらもフリッド90S。フリッド125S同様、フリッド90Sも後ろからがっぽりと食われるケースが多いです。なんでだろ…

と、こんな感じでポツポツは釣れてました。
なのに釣り納めボウズ。

そしてここからは2021年の初釣りについて。


初鱸

年末からずっと吹き続けた冷たい風も消え、気温こそ冬らしく低いけれど体感的には寒さもやわらぎ良い夜でした。

pipipi…pipipi…

Siriにセットしてもらったアラームで起床。
時刻はAM3:30。釣りの準備は就寝前に済ませていたので、防寒着に着替えてすぐに車に乗り込みます。

車を走らせて駐車場へ到着。しばらく吹き続けた強風で辺りは一面、落ち葉だらけ。
深夜で静まりガサガサと落ち葉を踏みつける音だけが聞こえる道中…10分程進みます。

しばらく歩くとポイントへ到着。

「今年も遊ばせてもらいます」
とボソッと海に挨拶して釣り開始です。

潮止まりまで後一時間。潮流の勢いはピークを過ぎてすでに弱くなっている状況。ここからは段階的少し流れて、また弱くなりを繰り返し潮止まりをむかえます。
先発はテスト中との事もありシャローランナーのプロト。緩い流れの表層をアプローチです。
あーでもない、こーでもないと考えながら投げ込みます。
が、無反応。
次はスカーナッシュ120Fでシャローランナーの下をアプローチ。このスカーナッシュ120F…
釣友がリメイクしてくれたオリジナルカラー。ブラックメインにチャートを背負った大好きなカラー。そして僕の苗字【Teraoka】ネーミング入り。これで釣りたかった。

シャローランナーと同じコースを再度アプローチ。
緩い流れが少しだけ走った瞬間…

ドン!

ランカー手前の良い鱸。
スカーナッシュ120Fのリメイク工房オリジナルカラーにて。

釣りたかったルアーで釣りたかった鱸。
とても満足な釣り始めとなりました。