わが社は以前、パチンコ店経営だけを行なっていたので、いまだにBtoCの感覚が非常に強いです。

現在、ドローン、ケータリング、人材派遣事業を行なっているので、発想をBtoBやBtoG(行政等)に切り替えなくてはなりません。

取引対象が今までと違うので、考え方もアプローチの仕方も変えなくてはなりませんが、考え方ややり方の変更を得意とする人はあまりいません。

しかし、事業転換イコール発想転換なので、全てを変える覚悟で新しい事業に取り組まないといけません。


昨年亡くなったサムスンの李健熙(イ・ゴニ)会長は、「結局、自分が変わらなければならない。変わろうとするなら徹底的にやらなければならない。極端にいうと、妻と子ども以外は全て変えないといけない」という発言をしました。


わが社も事業転換に対して、経営者であるわたしはもちろん幹部社員たち全員が、自己変革に迫られているということを共有すべきだと思います。


今日訪問した会社のトイレにありました^_^