昨日のブログで「ハイプ・サイクル」について触れました。
ハイプ・サイクル(hype cycle)とは、登場した新興技術に対する関心や普及の度合いを、段階過程の曲線上に表した図のことです。(出典は「シマウマ用語集」)

ハイプ・サイクルの図(シマウマ用語集より)

詳しくはこちら↓

わが社のドローン事業は、現在ドローンスクールを中心に行っています。


ドローンの免許は来年国家資格になりますが、今は国土交通省認定団体によるライセンスで、4月1日現在、全国に管理団体が60団体、講習団体が1003団体あります。

ドローンに対する期待の高さから、全国的にドローンスクールが爆発的に増えている状況ですが、これはハイプ・サイクルでいうところの「過度な期待ののピーク期」に当たります。

来年、国家資格化するにあたり、基準を満たしたスクールしか残らないので、一旦「幻滅期」を迎えますが、ドローンはなくてはならない社会インフラとなるので、その後「啓発期」を必ず迎えます。


現在、わが社は、このハイプ・サイクルの流れを参考にしながらドローン事業を推し進めています。
人は知っている範囲内でしか判断力を持てないので、これからもビジネスに関するアンテナをしっかり立て、学びを怠らない様に気をつけていこうと思います。

※今日はケータリングチームが、茨城県植物園に初出店しました^_^

茨城県植物園

常陸ねぎ焼き

パチンコ店への出店もありました^_^