中高年親父のネット奮戦記のブログ

中高年親父のネット奮戦記のブログ

ブログの説明を入力します。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
久し振りのブログ記事です。

実際メルマガを始めた時から

どうもブログとツイッターには興味が湧きませんでした。

でも与沢塾の教えでブログの重要性を言っていたので

やってきましたが・・・。

やはり好きでないことには力が入りませんね。

さて最近数か月で私もある程度有名になってきたのか

ネガティブな情報もネット上に出始めました。

与沢さん初め蝶野さんや七星さん、小玉さんたちには

聞いていたのですが

ついに私まで来たのかという感じです。

この批判している人たちは

一体どういう人たちなんだろう?

ちょっと興味があったのである時に調べていました。

結論、

ほとんどのこの類の人は

いかにも自分は正義感を装い

目立ってきた人を批判して

自分の商材やその人が薦める商材を買わせる手口がほとんどです。

しかも匿名の人がほとんどですね。

私は自分の実名も会社の住所も電話番号も載せています。

そしてネット上他の人の批判はしたことがないです。

なぜなら、

そんなことをしているくらいなら自分のやりたいことに

時間を割いていく方がはるかに気持ちがいいからです。

この「人の批判をして稼いでいる人達」は

ほんとうに稼いでいるいるのかさえわかりません。

実態を隠しているからです。

私から言わせれば卑怯です。

なぜなら直接私のところまで正々堂々ときて

話をすればいいと思うのですが。

何も私のことを知りもしないのに

ありもしないことを勝手に書いて何が楽しいのでしょうか?

与沢翼さん始めいろんなトップの方に言われました。

「水越さん、それは有名になった証拠ですよ。」

う~ん、そうなのかとも思いましたが、

世の中にはいろんな人がいるものです。

私は少なくてもこういう人の属性は合わないですね。

去年、妻が病気になり、両親も80才を越えてきて

子供たちも東京、名古屋の大学に行っていて

なかなか家族全員がなんとか一緒に集まる瞬間を作りたくて

奮発して箱根の有名な旅館に一泊二日の旅行に行って来ました。

当然、ブログやFBなどでその時の様子も載せました。

でもそういうことでさえ

そういう「卑怯な人達」は悪いほうの材料にしてしまうのですね。

ある意味ビックリしました。

なぜなら多分相当私のブログなどを見ていないと

情報を知りえないですから。

わたしなら嫌な奴の情報なんか見たくない方ですから。

私はネットはあくまで自分の考え方とか

有益な情報を自分で会得した時に

より多くの人達に知ってもらう非常にすぐれた道具であると

思っています。

でもこういう卑怯な人たちは

本当に真剣に頑張っている人たちに対して

匿名という卑怯な手段で批判してくるわけです。

まだそれだけなら許せますが

もっと悪質なのはそう言っておいて

自分の利益に誘導するやり方です。

私はこういう類の人間は大嫌いです。

これからも何を書かれようが私は自分の道を行きます。

なぜならそういう悲しい人たちにはなりたくないからです。



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス