”Kindle Unlimited” | 中学理科教師のつぶやき

中学理科教師のつぶやき

中学校理科教師として25年。ひとつの意見として、ここに私の日々考えたことを記録していきます。同業の方、現役生徒、現役親御さんとのネットでの交流もできるといいですね。

まだ名古屋にいます 。

私にアドラーを教えてくれた北村さんのブログから。





アドラー心理学基礎講座のなかで、30年後の世界を話し合ってみましょう。というワークがありました。

私のグループでは、近代文明の負の側面によって、利己主義、物質主義、自然破壊、戦争危機などの心配もあるけど、正の注目をすれば、テクノロジーの発達によって生産性があがり、情報が共有化されリテラシーが浸透することによって、発達した民主主義が、世の中をコントロールするんじゃないかしら。と。食べ物や住まい、衣服や娯楽などが必要十分な量供給されれば、所有の概念が"私の"から"私達の"さらに"この世の"と広がっていくのではないかと。

ま、私は、そういう感覚がアドラーで言うところの"共同体感覚"であろうと考えているのですが、違ったら誰か教えてね。

子育てや教育、仕事に関しても、リソースや情報、リテラシーが十分に供給されれば、"私の"や"あなたの"から解放されて"私たちの"ひいては"この世の"(これじゃ、なんか人ごとに聞こえちゃうね😅)という感じで、行けるようになるかもしんないね。

ますます世の中は良くなるなあ。