アドラー心理学基礎講座理論編3日目~ライフスタイル~ | 中学理科教師のつぶやき

中学理科教師のつぶやき

中学校理科教師として25年。ひとつの意見として、ここに私の日々考えたことを記録していきます。同業の方、現役生徒、現役親御さんとのネットでの交流もできるといいですね。

名古屋です。暑いです。

蒸してます。

 

アドラー心理学基礎講座理論編の3日目は

ライフスタイルについて

 

新しく覚えたのは

エピソード分析を重ねていくと

そのクライアントのライフスタイルが見えてくる。

ライフスタイルが見えてくると

ライフスタイル分析もできる。

 

ほほー。

 

だけど、ライフスタイルは簡単に変えられません。

変えようとするとクライアントが怒ったりするので

それに触れないようにします。

 

なるほど。

 

確かに、その人が生きる上で大切にしている価値観を

否定したらびっくりされるわな。

なんで、突然土足で踏み込んでくる?

と 信頼関係もなんもなくなるわな。

 

大切なのは、じゃどうするかってこと。

ライフスタイルはそのままに、よりよい行動を

考えて実行することで、ガチガチなライフスタイルが

余裕のあるものに緩んでくる。

 

まじか。

そうやって、生き方の幅が広がっていけば

生きやすくなるんだろうなあ。

 

ふむ。ライフスタイルを変えると考えると

こりゃ大変だなと、一大決心してもらわないとなと

思っていましたが

 

ライフスタイルまで変えようとしなくてもいい

となると ちょっと気が楽になるね。

 

クライアント本人が、ライフスタイルを変えたくなったら

自分で変えるのだろうし

競合的がきついなと思ったら

協力的に考えてみるか?とか

 

余裕を持ってそのように考えられるには

あくまでも、主体性を前提に考えていなくてはね。

 

よーし、変えてやるぞと

こちらが思っているうちは、タテの関係でもって

うまくいかないんだろうなと 想像しています。

 

じっと待つ心構えを持ちながら

あくまでもみんなの利益や幸せを考えて

クライアントに対して協力的にお手伝いできると

いいな。

 

そう、いいな。

 

できっかな?

 

やってみっぺし。

 

大須観音は盛大にお祭りです。

ホント、やる気あるわ。この町は。