中学理科教師のつぶやき

中学校理科教師として25年。ひとつの意見として、ここに私の日々考えたことを記録していきます。同業の方、現役生徒、現役親御さんとのネットでの交流もできるといいですね。


テーマ:

去年の記事

「卒業式 証書授与の方法」

 

記録しといて良かったです。

今年もこの通りでやろうっと。

 

立ち位置とか動くきっかけとか

ダイヤグラムにしてもっとわかりやすくしようっと。

 

見るよりも、やるのが難しいし

やらせるのはもっと難しい。

 

他人に自分の考えを

うまいこと伝えるのが

私のチャレンジの1つです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
知り合いの知り合いが
体罰でもって新聞に載っちゃった。
 
あーあ。
 
知り合いの知り合いだから
直接どんな先生なのかは知らない。
 
でも、察するに生徒指導に熱心で
だらしない生徒には
妥協しないで迫っていくタイプだろうなあと
 
確認する意味で知り合いの先生に聞いてみた。
 
やっぱりそうね。
 
本当はどうかわからんが
少なくとも、まわりの評判は
そうだってことだ。
 
「熱心な」先生が「熱心に」指導したがために
自身が罰せられる立場に立ってしまった。
 
お気の毒。ため息。
 
でも、だからこそ体罰はだめだよね。
 
と、知り合いの先生と確認した。
 
荒れた学校では
話せばわかるが通用しないときもあるし
暴力でもって制圧しないと
収まらない場面もあるのよね。
 
それでも、私が体罰を否定してきたのは
結局のところ体罰は
教育の観点から全く効果的でないから。
 
体格が立派で、顔つきも怖くて
十分に威嚇する力を持っている先生でも
威嚇という暴力を使わずに
生徒の指導に当たってもらいたいものです。
 
だってね。
 
暴力や威嚇、心理的な脅しで
生徒を思ったように行動させることは
簡単なんだけど。
 
それで結果はでるんだけど。
 
それは、あくまでも外発的動機であって
生徒をおだてて、なんかやらせるのと
基本的に変わらないんだよね。
 
おだてると中身はなくても
根拠のない自信を持ちますから
自己肯定感が増すので
体罰よりもまし。
 
自己肯定感もひねり潰して
無力感の中で行動させようとするのが
体罰なんですもの。
 
生徒に迎合してよいしょして
おだててやらせるよりも
だめな手法なんです。
 
しかし
 
結果は出やすい。
 
成績が上がったり
見かけが立派になったり
普通はやらないこともやらせられるし
やるはずのない生徒がやる。
 
よって
 
いつまで経っても
体罰は現場で肯定されるし
必要とされるのです。
 
ただし
 
ここで出た結果は
あくまでも見かけの結果で
本当に狙った結果ではありません。
 
本当に狙った結果とは
「人格の完成」でしょ?
暴力や威圧に従う人間の
人格が完成したとは思えませんなあ。
平和で民主的な社会の形成者という感じはしませんなあ。
 
どうして体罰を肯定する人は
この課題から逃げちゃうんでしょうね?
 
がつんと殴って
わかったかと一喝
わかりましたと返事して
その後おとなしく言うこと聞いて
まともな人間に成長するパターンを経験しているから
ねー。
 
でも、まともな人間に成長したのは
がつんと殴ったからじゃなくて
その後の丁寧なフォローと指導が良かったからですよ。
 
はじめのがつんを無くしても
生徒の心に迫る手法を工夫しましょうよ。
その後の指導には実績があるんですから。
 
体罰は百害あって一利なし。ですよ。
 
だいたい、体罰を見たり聞いたりした生徒も
体罰の被害者ですからね。
 
やっぱり暴力は怖いんですよ。
見ているだけで、恐怖なんですよ。
 
自分に迷惑をかけた人間が
先生に怒られてびんたされるのを見て
ほくそ笑むなんていうのは
まともな人間はしませんからね。
 
正常な反応は
そこまでしなくても良いです先生。
お願いですからやめてください。
ですからね。
 
だって、誰かが、知り合いが暴力の被害に遭うのは
嫌な気持ちなんですもの。
 
そして、暴力を見過ごしてしまった自分への罪悪感。
 
本当は、俺関係ないんだけど。
見てても、それだめですよ。って言えないふがいなさ。
無力感。
 
そんな思いを
体罰をした教師は
まわりの生徒にさせているんです。
 
気がついてないでしょうけど。
 
俺が守ってやってるって思ってるんでしょうけど。
 
まわりの生徒は
「さすが先生」って言うかも知れないけど
心の奥では、これだめなんだよな。
でもどうしようもないよな。って罪悪感で
無力感でいっぱいなんですのよ。
 
こういう話になると
 
体罰を使わないと言うことを聞かない生徒がいるとか
 
理想と現実とは違う。
本当に荒れた学校を知らないからだ。
とか言い出すセンセーが必ずいますが
 
そりゃ問題のすり替えですよ。
指導の話をしているんです。
 
暴れる生徒をどうにかするとか
悪い人間をどうにかするというのは
指導の話ではありません。
 
本当に荒れていて手のつけられない現場を
私も経験していますからわかります。
 
体罰というのは
指導の一環として暴力罰を使うことです。
暴力によって生徒に何かをわからせ
成長させようって思ってんです。
 
無理ですよ。
 
私は、生徒に暴力をもってあたるときは
その生徒をそこで指導しようなんて考えません。
 
緊急の状況に際して
ともかく現在の行動を制止しようと
力をもってあたるだけです。
 
できもしない指導を考えると
体罰になっちゃいますからね。
 
生徒の暴力をやめさせたり
現場から排除するために使用する暴力は
「体罰」じゃなくて
「有形力の行使」という
お上品なお名前があるのです。
 
********* 参考資料ここから *********
 
『学校教育法第11条に規定する児童生徒の懲戒・体罰に関する考え方』
平成19年2月5日文科省局長通知から
1 体罰について
(6)なお、児童生徒から教員等に対する暴力行為に対して、教員等が防衛のためにやむを得ずした有形力の行使は、もとより教育上の措置たる懲戒行為として行われたものではなく、これにより身体への侵害又は肉体的苦痛を与えた場合は体罰には該当しない。また、他の児童生徒に被害を及ぼすような暴力行為に対して、これを制止したり、目前の危険を回避するためにやむを得ずした有形力の行使についても、同様に体罰に当たらない。これらの行為については、正当防衛、正当行為等として刑事上又は民事上の責めを免れうる。
 
********* 参考資料ここまで *********
 
有形力の行使は
自己や他の生徒の安全や財産を
保護する目的とするもので
その範囲ならば刑事上、民事上の責めはなし。
 
だから、多少の痛みを伴っても
苦痛を訴えられても
必要ならば押さえつけて拘束しちゃって
かまわないのです。
 
つーか。できる限り努力しないといかんのね。教師は。
 
だから、私は力を持って生徒にあたるときは
「これから有形力を行使しまーす」と
自分自身で確認してから行動に入ります。
 
鉄道マンの指さし確認と同じね。
 
もちろん、ひ弱だったり病弱だったりする先生に
有形力を行使して結果を出せというのは酷というもの。
 
でも、ガタイの良い体罰肯定派の人間が
有形力の行使もできないような話をしなさんな。
 
私自身、あんまり体格は良くないけど
学生時代は剣道と柔道をやってたので
おかげさまで身体接触に腰が引けることはありません。
 
高校生や大人相手は勘弁してもらいたいけど
中学生くらいなら楽々制圧できます。
 
柔道の寝技ってすごいなあと
あらためて感心しています。
 
相手になるべく怪我させないで
押さえ込めるものね。
(1対1の場合ですけど)
 
ということで
私にもできる、いわんやあんた達をや。でございます。
指導の腕を上げたいもんだね。
 

あ 私、病気してから
からだ張るのはやめました。
 
では また。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
おっと、気がついたら2月じゃないか。
 
忙しくてブログ更新が久しぶり。むふ。
 
バレンタインデーが近づいてきましたね。
例年、黙認の傾向にあったバレンタインデーのチョコ。
 
幸いなことに、本校ではバレンタインデーが
学校崩壊のきっけかけになるようなことは
今のところ、ありませんけど。
 
以前に勤務していた学校の中には
この日に指導を怠ったために
校内飲食が広がり、業間や授業中にお菓子を隠し食べたり
包み紙が散らかるような
だらしのない崩壊を遂げた例がありました。
 
もちろん、生徒指導、全校・学年の集会
生徒会の自発的な規律改善運動で
正常な学校生活を取り戻すのですけど
 
いったん崩れたものを
立て直すのは、かなりの労力と時間を必要とします。
 
昨日まで別に良かったものが(良くないんだけど)
急に規制されると
教師対生徒の軋轢が生まれますから
教師陣が精神的にタフでないと指導しきれませんし
 
指導がこじれると
お菓子食いみたいなかわいいレベルから
服装の乱れ、言葉の乱れ、荒れた気持ちから授業妨害
酒、たばこ、反社会集団への加入など
「もう学校や家には帰りたくない」感じで
洒落にならないことになりますからね。
 
まあ、おこってもいない学校崩壊を心配するあまり
先回りしすぎて何でも禁止禁止じゃあ窮屈ですし
バレンタインデーのようなわくわくどきどきのイベントを
権力の手でつぶすのは、無粋でございます。
 
できることなら、知らんぷりのスルー。
生徒の良識を信じて
必殺「黙認の構え」で臨みたいところなのですが
実際は、そうも言っていられない現状も
昨今は見受けられます。
 
まずもって
バレンタインデーの本来の趣旨とかけ離れた
「友チョコ」の存在ですな。
 
いつの間に、こんなことになったのでしょうか?
友達同士で、手作りチョコの交換会をやってますな。
 
男子関係なし。
これって、ただのお菓子パーティーじゃねーの?
 
先輩後輩の間は、まだ何となくわからないでもない。
でも、同級生同士はどうなのか?
 
毎年恒例になっていると
去年もらったから、今年もあげなくちゃ的な
義務感とノルマ、達成目標が発生して
各家庭で家族も応援態勢をとって
家内制手工業的なチョコレート生産工場の様相を呈してきます。
(これは、娘3人いるわが家の風景だ。チョコを箱で買ってくるな。)
 
こうなってくると
悪のりと言っても良いでしょうね。
 
笑って許すのは1回だけ。
 
つーことで
 
バレンタインデーでうきうきしている中学生諸君に
冷や水を浴びせて過熱をさまし
いったんリセットさせる文書を家庭に配布する作戦を立てました。
 
*****************************
 
配布文書削除
 
 
 
 
 
*****************************
 
そうそう、食中毒の予防も懸念されるのよね。
 
友達同士、先輩後輩のトラブルや
彼氏、彼女がらみのトラブル、やっかみ
 
そういったものは「心配」じゃなくて現実的なリスクですから
事前に対策指導が必要なわけですよ。
 
文書を事前に配布することで
各家庭で学校チョコが不要物=きまり違反であることを
再認識して頂きながら
生徒達にも調子にのらないよう警告するのがねらいです。
 
だからといって
持ち物点検するわけでもなく
怪しい生徒をマークするわけでもなく
積極的な取り締まりを行う予定はありません。
 
もちろん
警告を無視して、ブッチしようとする輩は
不要物の持ち込みということで
不要物の預かりと家庭連絡の上
こってりコースの指導となります。
場合によっては、集会指導となることもあります。
 
まあ、これで今年は
穏やかなバレンタインデーとなるんではないかな。
 
 
でも
 
自分が生徒だったら面白くないだろうな。
 
多分、組織的に
バレンタインデーを
特別な日として認めろ運動を
おこすに違いない。
 
生徒会執行部を中心として
バレンタインデー特別企画を提案し
学級毎集会討議を経て代議委員会で決議をあげて
校長先生との交渉に入るだろうよ。
 
大人や先生の懸念を洗い出し
その解決策を具体的に提案して
生徒会の運動で責任をもって解決行動をとる。
 
せっかくのお祭りだもんねえ。
大人の事情でつぶされたくないよね。
 
あはは、でも私は大人なので
大人の事情でつぶしまーす。
 
わざわざ中学生の遊びをお膳立てするつもりはねーんだよ。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。