中学理科教師のつぶやき

中学校理科教師として25年。ひとつの意見として、ここに私の日々考えたことを記録していきます。同業の方、現役生徒、現役親御さんとのネットでの交流もできるといいですね。


テーマ:

おい、おい、いつの話題だよ。


と、お思いでしょうが


今日、パソコンのデスクトップを整理していたら

この3月に卒業させた生徒達に贈った

最後の学級メッセージの草稿が出てきた。


******************************


卒業おめでとう。


この前の予餞会が盛り上がったのも
今日の卒業式が立派に終わったのも
3年間の君たちの力だよ。


この時期、いえ、この1年間は
君たちの中学校生活の総括でしたね。


いままで先輩に、先生に、状況に
鍛えられてきた力が
試される1年間だったし
その試練を君たちは
着実に乗り越えてきたね。


時には協力し
時には孤独に耐えて
やり遂げてきましたよ。


その結果が、中総体
運動会、文化祭の行事の成果、成功だったろうし
何よりも、あの後輩たちの姿なのだろうと
私は思っています。


3年前を覚えているだろうか
学校に来る目的について
何しにここに来ているか
その目的を私は一番最初に教えたつもり。


一人前の人間になること

一人前の人間とは、協働することができる
結果を出すことができる
責任をとることができる


私は今までを振り返って
一人前の人間に必要な力を
君たちは身につけることができたと
思っているのだけれど


一人前の人間になれたかというと
まだまだその道のりは遠いだろうね。

おうちの方のお世話になりながら
一人前とは言うことができないからね。

実はもう少し時間がかかる

でも、基本的な力や考え方は
君たちの中に準備されました。


これからも、一人前になるための
試練が数多く用意されています。
そのたびに、つらかったり、泣きたくなったり
いやになって投げ出したくなったりすると思います。


そんなときに
小人やバイキンを思い出して
がんばってくださいよ。

小人を味方につけて
バイキンをやっつけて
たくましく、したたかに乗り切っていきましょう。


最後に


ひとつだけ訂正して

付け足しておきます。

中学校生活の中で最優先にすることとして
「命と健康」をあげてきましたが
実は、生きていく上でこれは最優先ではありません。


人間は時には命をかけて
やり遂げなければならないことがあります。

それが何かは、わかりませんよ。
それを見つけて、やり遂げた人は
生きていてよかったと最後にいえる人です。


どうか、その何かを見つけて
命をかけてやり遂げる
人生を送っていってください。


出世したら、成功したら

どうかそのときは
中学校に挨拶しにきてください
そして、後輩を勇気づけてください。


遠い空の下
みなさんの活躍が
耳に入り、目にとまるのを
楽しみにしています。

******************************


読み返してみたら

思い出して

なんかしんみりしちゃったね。


それと同時に

3月にこう言って送り出す予定にしておけば

そういう実践になるのかもなあと思ったりした。


うん。


目標を明確にするのは

行動を明確にして、集中力を高めるのにも

かなり有効。


このときの目標とは

最後のまとめに生徒に何を言うかだ。


よし。次の3月に送るメッセージを今書いちゃおう。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

教員だといろんな研修をするのだが

研修は大きく2つに分かれます。


やれと言われて、しょうがなくやる研修と

やりたくて、頼まれもしないのにやる研修


言われてやる研修は、教育委員会から

割当があったり、校内研と呼ばれる

学校内での研修会研究会ですな。


たいていのセンセーは

これを嫌がります。


法律的には研究と修養は義務として

おわされていますが

教員も人ですから

嫌なものは嫌で

当然、マインドセットが否定的ならば

効果は上がりません。


私も、6月末に

第1回目の校内授業研究会がありますが

研究主任は非常に恐縮して

研究授業を引き受けてくれるように

「お願い」に来ました。


研究主任は私よりもずっと年上で

それこそ、生徒指導実践から

私達の仕事に対する態度まで

ダメなところがあれば指摘する

職場の「お目付役」なのですが

そういうお方でさえ

研究・研修に後ろ向き。


だから「お願い」に来ちゃう。


どちらかというと私は

「楠君、一発目の授業はあなたね。」

と割り当ててくれるくらいの方が

気持ちが良い。


忙しいところ申し訳ないが…とか

「余計な」研究授業…とか


授業研究に対して

研究・研修に対して

否定しながら

時間をかけてとりくむのは

やめましょうよ


と言っても、結局伝わらないのよね。


しかたがないから

自分で研究と研修に励んで

職場の中でできるだけアウトプットしています。


馬鹿みたいなんだけど


最近、私の中でこれは有効と思われるのは

民間の企業で行われている

ビジネスマン向けの自己啓発セミナー関連です。


自費を投入して受講するには

あまりにも高額なのですが

この高額のセミナーを売り込むために

ときどき、無料の動画や音声が

インターネット上に配信されています。


もちろん、無料取得する際に

メールアドレスの登録を求められて

実際に商品を購入しませんかと

たびたびメールが来るわけですが

それ以上のリスクはありません。


それよりも、無料で配信されている

動画や音声の中で

民間企業の戦士達は

何を学ぼうとしているのか

その片鱗をかいま見ることができる。

それのほうが、私は面白い。

いや、勉強になる。


2~3本 拾ってきて聞けば

厳しい話も出てきますから


研修・研究をやりたくない教員は

みんな辞職しろと


せめて、生徒に

「なんで勉強しないんだ」とか

「宿題、なんでやってこないの」とか

いわないで欲しいねっと


そう思うわけですよ。


以下、紹介です。

******************************

初対面で人に好かれる方法


もし、あなたが一瞬で相手と良好な人間関係を築きたいのなら、
この人間心理を理解しておくことをオススメします。


初めての人とでも自然に良好な人間関係を築く方法がわかる


『すぐに他人から好かれる人、嫌われる人』のレポートを
ここから無料で読むことができます。
http://123direct.info/tracking/af/213492/wW2YXbx3/


・なぜ、すぐに人から好かれる人と、そうでない人がいるのか?
・なぜ、私たちの言いたいことは、相手に伝わらないのか?
・なぜ、現代社会では、内気な人ほど説得できてしまうのか?
・なぜ、店員の言葉にツラレて、ついモノを買ってしまうか?
・なぜ、人は初対面で相手の出身地を聞くのか?



90%以上の人が知らないコミュニケーションに関する
重大な事実をこのレポートから知ることができます。

http://123direct.info/tracking/af/213492/wW2YXbx3/



あなたがこれ以上、コミュニケーションで致命的なミスを
犯したくない、もっとすぐに人と仲良くなりたいと
思っているのであれば、きっとこのレポートが役に立つと思います。



PS. このキャンペーンは、5月31日で終わってしまうので、
興味のある方は、今すぐ読んでみてください。
http://123direct.info/tracking/af/213492/wW2YXbx3/


******************************


後3日でキャンペーンが終わりですね。


この対談は

セールスマン向けの情報が

提供されていますが


顧客を生徒や保護者に置き換えて

考えてみたら


自分が何も考えないで

周囲とコミュニケーションをはかり

うまくいかないことを

解決できないで放置していることにきがつかされます。


解決の糸口は

全ての結果に自分が責任を持つこと

その姿勢を持つだけです。


さて、今日も研修プログラムの

音声を運転しながら聞きまくります。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひさびさに

英才教育(?)のツボシリーズ第3弾です。


第2弾はあんまりコメントが

なかったんで

うけなかったかな~とか

思ったのですが


この1週間

三女の遊びの嗜好に

突発的な変化がありまして

これは!

と気がついたので

第3弾としてお送り致します。


第1弾「○○が勉強する」は↓こちらをご参照ください。

http://ameblo.jp/chugakusensei/entry-10435965035.html

第2弾「自己イメージ」は↓こちらをご参照ください。

http://ameblo.jp/chugakusensei/day-20100123.html



それでは行きます。

準備は良いですか?


三女の突発的な変化とは!?


小学2年生の三女。

突然「ジグソーパズルがやりたい」と曰う。


へ?


どうも、お姉ちゃんの部屋にある

過去に姉たちが取り組んだ作品が目に入ったらしい。

2000ピースくらいの作品で

ディズニーのかわいいやつだ。

小学5年生くらいのときのかな。


長女はそうでもなかったが

二女はけっこうな期間はまっていたなあ。



えー、でもジグソーパズルって高いんだよ(そこかい?)


私のおこづかいで買うから!


どのくらいのが欲しいの?


お姉ちゃんのくらい。


えー、2000円くらいするんだよ。


ちなみに、三女は2000円の価値をよくわかっていない。

いつもの駄菓子屋に行ったら

びっくりするくらいお菓子が買えるんだぞ。


うん。それでもいい。


おまえ、飽きっぽいじゃん。

おまけに癇癪持ちだし。

でもなあ、やりてぇっていうんだから

やりてぇんだろうなあ。


まあ、飽きたり、癇癪おこしてもいいっか。


よーし、父さんと一緒に買いにいこう。


うん音譜


ということで、ジグソーパズルを買いにいきました。


ところが、田舎なもので

ジグソーパズルを売っているのは

バイパス近くのおもちゃ屋さんだけ。


行ってみましたら、その日は定休日


なんかなー、スカされた気分で

よろしくない。


鉄は熱いうちに打てと申します。


バイパス沿いのお店で

DIYの店とか

ありそうかな~?というところを

手当たり次第に探してみました。


娘とうろうろ探し回るのも

楽しいものです。足が棒になったけど。


そうしたら、100円ショップにありました。


なーんだ、100円だよ。

これなら額縁も買えるじゃん。

消費税込み210円ですな。


大きさも、108ピース(A4版くらい)

これなら手頃だね。


がんばりたまえ三女。


中学理科教師のつぶやき-ジグソーパズル


さて、家に帰ってきて

早速取り組みはじめた三女。


私は、とりあえず買って与えたことで

役目を果たしたなという気分で

撮りためたDVDの整理とか

自分のやりたいことを

やっていたのだが


三女はパズルができなかった。


オトウサーン 来て~


できないよーむっ


うるさい、うるさい。

さっぱり、自分のことができない。


でもね。初めてのジグソーパズルだものね。

いきなりじゃあ、どこから手をつけていいか

わからないよね。


はい、講習会を開きます。


まず、はじっこのピースを

より分けるんだよ。


そして、見本の絵を見ながら

このへんかなあって

場所に並べていくのさ。


あ、くっついた。


ね、こうやってぐるっと

1周、つくっちゃうんだよ。


それからね。

次は、残ったピースを

色で分けるんだ。


茶色いのはこっち、

白いのはこっち

黄色いのはこっち


そうやりながら

これはどこかなあって

見本の絵を見ながら

1つ1つ見て

わかったら置いていくんだよ。


旨いことつながったら

だんだん完成していくからね。


うああ、こうやって

書きだしただけでも

三女にとってはかなり複雑なプロセスです。


順番になんてできるはずがありません。

当然、3分後には


オトウサーン 来てー

できないよーむかっ


うるせー、お前の課題でしょう。

それも、自ら選んだね。


とはいうものの

仕方がないから見てやると

案の定、手順を無視して

ネズミのめんたまとか

真ん中のピースで悩んでいます。


おまえ、はじっこが完成してないじゃん。

あと、残り2ピースぐらいで

はじっこが1周するのに

なんで、完成させないかな…。


平らな辺があるピースをより分ける。

この単純な作業が面倒くさいのである。

108しかないんだから

丁寧にやれば、すぐに見つかるのに

やらないんだなあ。


これは、三女に限ったことではない。

世の中の人は、子どもばかりではなく

大人だって、分かり切った単純作業は

面倒くさいし

実際、やろうとしないし、やりきることができない。


簡単な作業だけに

やればできるといって

確実にやろうとしないのが現実なのだ。


でもね。

複雑な作業や壮大なプロジェクトは

ものすごく単純な作業が確実に実行されて

はじめて実現可能なのよ。


難しい入試問題も

単純な作業のくり返しと積み重ねで

解答が得られるものなのです。


三女よ。はしょるな。


あらためて、はじっこをやりなさいと指示して

手を出さないで見届けました。


ジグソーパズルってね。

すぱっとはまると気持ちいいもんね。

三女もそうなのね。

1周ぶんのはじっこが完成すると

これがまた、満足感があったようで

嬉しそうに作業を続けます。


モチベーションアップ!


でも、はじっこよりも

中のほうは難しいもんね。


ここで、三女の視点を変えてやります。


色も見るけど

ピースの形も見るんだよ。

ここに入るのは

でっぱり、でっぱりでしょ。


でも、このピースは

でっぱり、ひっこみだから

茶色でここに入りそうだけど

絶対違うね。


でも、こうやって横にすると

でっぱり、でっぱりだから

入りそうでしょ。

どうかな?


三女がその場所に向きを変えて

置いてみると すぱっ!


見ていても気持ちイー

やってる本人はもっと気持ちイー


モチベーション アァップアップ


色と形の2つの視点から

正解を探っていきます。


そして最後は

絵柄ではとても判断できない

部分が残るわけです。


全部白のところとかね。


そうなると、もう、全ての組み合わせを

試してみるしかない。


残り、10ピースぐらいだから

たいした作業量ではないが

小学2年生は途方に暮れていますな。


それでも、やりきるしかない。

1つ1つのピースをひっくり返しながら

はまるかな、はまんないなと

ブチギレしないで

全部やるんだよ。


そうすれば、必ず、確実に正解がやってくるのです。


そしてついに完成!


正味3時間ぐらいかかりましたな。


ジグソーパズルは偉大だな。

三女が3時間もかような単純作業に

我慢しいしい従事するなどと

私は想像できませんでした。


ふり返ってみれば

3時間。うるさかったけど。

よく頑張ったね。


しかも、残ったのは疲労感でなくて

満面の笑み、家族からの賞賛

わき起こりなかなか尽きることのない達成感、成就感

いいなあ。


額縁に入れて、自分の部屋の壁に掛けて

自らの成果を何度も確認して

自己肯定感というやつを毎日確認できるんだな。


さて、このジグソーパズルで

彼女はかけがえのない体験をすることができた。


簡単にまとめると


スキルを学び努力と忍耐の末に成功をついに手に入れる体験。


なんか、簡単じゃないな(笑)

でも、そういうことだ。


まず、成功するためには

スキルを手に入れないとダメだ。

というか、スキルを手に入れると早い。

ということを学んだ。


そして、その後に努力と忍耐が

必要なことを学んだ。

それも、結構簡単じゃない努力と忍耐だ。


そして、最後には必ず成功するという体験を味わった。


いっぺんに3つの重大な組み合わせを学んだ。

これらは、三位一体です。


スキル→成功

努力→成功

忍耐→成功


3つが組み合わさると

無理そうなことが無理でなくなる。

不可能が可能になるのです。


この事実を体験的に学んでおくと

お勉強でも活かされます。


長女も二女もこの体験で

ブレークスルーしています。

彼女たちは一輪車の技を身につける過程で

味わいました。


一輪車の「蹴り上げ」という技があります。

倒れた一輪車のペダルに足をかけて

もう一方の足でサドルを地面から空中に蹴り上げながら

乗車する技です。

手を使いません。


長女も二女もこれができなくて

悩んでいました。


彼女たちには、朝練をさせました。


毎日、毎日、できなくても良いから

学校に行く前に、30回やれ。


お父さん命令です。


毎日30回、できないので嫌気がさします。

すねをぶつけて痛い思いもします。

惜しいときもありますが

もう少しでできるといった実感はありません。


それでも、体重移動だの

足首の引きつけだのといった

スキルに気を付けながら

毎日30回。


1週間、2週間、3週間…


ある日、玄関先から悲鳴が聞こえてきました。

怪我でもしたかと思って飛び出してみたら

娘が号泣しています。


どうした、どこかぶつけたか?


できた!できた!うわーん。


自分でも全く予想していなかった瞬間に

ついに成功のときが訪れたのです。

それは、それは、びっくりしたし感動したでしょう。

長女のときも二女のときも同じように号泣していました。


やればできる。


ちゃんとやればできる。


ずっとやっていれば、いつか必ずできる。


はい、長女も二女もそう自分を信じています。

それを裏づける強烈な体験があるからです。


三女はジグソーパズルレベルですから

強烈とまではいきませんが

まあ、スキル努力忍耐成功体験

初級編はクリアしたのかなと思います。


試しに、もう一つ買ってきて

やらせてみたら

今度は、一人で2時間ほどで完成して

踊っていました。


一輪車はこれからですね。

三女は、はたして号泣するでしょうか?



お勉強はただではできるようになりません。

努力し我慢する力が必要です。

それを裏づける体験があれば

ジグソーパズルでも

一輪車でも何でも良いんです。

まぐれとかでなくて

努力し我慢して成功した経験があれば

それで一生やっていけます。


うああ、長くなったな。


最後までお読み頂けた方に感謝致します。

どうでしょう?こんなでしたが、納得頂けました?

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。