2016年度 税制改正 住宅に関わる税金のポイント | 中鉢建設のブログ

中鉢建設のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

目相続した空き家を売るときの税金を軽減


     についてチョキ お話ししたいと思います。

売却益から3000万円を控除するなど 

所得税の特例が使えます。

 目的 → 相続人が使う見込みのない古い住宅が

 

 空き家として放置され、それが周辺の生活環境に

 

 悪影響を与えることを未然に防止することを目的としています。


 『使える空き家は利用し 使えない空き家は除去する』


 観点から使う見込みのない空き家やその除去後の敷地

 

 の流通による有効活用を促進し 空き家の発生を抑制します。


 ポイント→親等が一人暮らししていた旧耐震基準の家で


 2016年4月1日~2019年12月31日までにの間に

 

 売却したもの、相続した3年後の年末までに売却することが


 要件となります。目


 注意しなければ ならないのは 空き家付で売却する場合は 


 耐震リフォームする必要があります。


 なぜか わかりますか??目


 耐震基準に満たさない家を売ることは住宅の耐震化を推進する


 国の施策に合致しないからです。


 とはいえ わざわざ耐震リフォームをして売却するでしょうか??


 解体費を超える額になるやもしれません、家を解体して土地として


 売るのが賢明かと思いますね。


 相続した空き家の売却で3000万円の特別控除の特例を受ける為には


 いくつか条件があります。


 代表的な条件として


 ・売却額が1億円を超えないこと


 ・昭和56年5月31日以前に建築された家屋(区分所有建築物を除く)

 であること(つまり旧耐震基準の一戸建)


 ・売却するまでに事業や貸付・賃貸などの用途につかっていない物件


 など 条件を 最寄りの税務署や公的機関でご確認下さいませ。


 中鉢建設の 姫でした。

 



中鉢建設さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス