ミツバチ気まぐれ日記569_真夏の分封群 | 若葉マーク農園長のブログ

若葉マーク農園長のブログ

シニア世代の自称「花咲か爺さん」が挑戦する新アグリビジネス「農蜂業」奮闘記


テーマ:

 洗濯したばかりのパジャマが汗だく。またまた丑三つ時に洗濯だ。


 それにしても当地では,35℃を超える真夏日なんて子どもの頃にはなかったと記憶している。ところが,昨今は連日のように日中は真夏日,夜間は熱帯夜だ。夏が苦手なシニア世代,しかも野良仕事の私には実に辛い季節だ。


 さて,このところ近場大豆圃場20aの株元を鍬を使っての除草及び土寄せ作業が続いている。日中の暑さを避けての作業だから,1日2畝ぐらいが限度だ。この分では,毎日作業を続けても1週間はかかるだろう。残る畝を眺めるたびにため息ばかりだ。知り合いの先輩農家の方には,笑われるやら,励まされるやら‥トホホ。


 昨夕,その作業中圃場に妻がやってきた。手伝ってくれるのかと思いきや,自宅の蜂群が分封したとの知らせだ。「この時期の分封?」と,戸惑いつつも,無事分封群を捕獲することができた。そういえば,先日養蜂師匠から「8月にも分封するよ」と伺ったばかりだ。やはりそのとおりだ。



ビービーツリー枝に集まった分封群(手前より4箱目巣箱からの分封)


 黒大豆作業にばかりに気を奪われていると,大切な蜂群を失いかねない。


 あ~ぁ,みつばちさんよ! 除草作業が一段落するまで,おとなしくしていておくれ!


 農園HPへGO  http://www.farmmiyazaki.net/


chu98xpさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス