★Malikaベリーダンススクール『フルーム』♡マリカの日記♡

★Malikaベリーダンススクール『フルーム』♡マリカの日記♡

山口県下関市~福岡県北九州市・小倉で活動するベリーダンサー・
ベリーダンスインストラクター、マリカの日記。
下関在住。ふぐのまちラブ。
元マンガ家なので、ブログ記事の作成はひとつの作品。
血と汗と涙の結晶。の割に大したことは書いてません。

※このお知らせは、最新記事の上に常に表示されます。


お月様↓新しいホームページ開設しました♪

http://www.malika3.com/


↓すべてのお申込み・お問合せはこちら

malika2929@gmail.com


注意携帯アドレスからお申込みの方は、このアドレスを受信できるように設定をお願いします。返信してもエラーメールが返ってきてしまうことが多いです。




と聞かれることが多いです。

こんな大規模な公演がなぜ北九州で…そうですよね!そのいきさつをお話します。


私が東京へ移住して驚いたことは、東京でベリーダンスの公演というものが盛んに行われていることでした。


今まで私が見てきたベリーダンスショーは所謂ガラショー、ソロのダンサーが次々に踊っていくものでした。

スターダンサーがゲストになることが多く、一人一人異なる魅力を持つダンサーの個性が楽しめるものです。


対して公演は、全員揃っての綿密な創作活動、衣装の考案と準備、物語があるので展開やテーマがあり、フィナーレまでが作品として作り込まれていて、準備期間と時間と労力、そして予算をも要するものでした。


昨年東京で行われたガマール先生監修の公演「Vision of Dance」に、私は初めて出演させていただきその世界を目の当たりにしました。

そのオリエンタルダンスの舞台は、バラエティに富みながらも芸術とエンターテイメントが両立する、私たちの心に強く訴えかけるテーマを持つものでした。



写真は過去のアリフ主催公演Cafeより


これが芸術の都、東京なのだと。圧倒されました。

これだけのことをするための文化レベルと底力を備えている。

もちろんオリエンタルダンスはまだ、日本では舞台芸術としての地位を獲得しているとは言い難く、公演開催と成功の裏には、諸先輩方の血の滲むような努力とその継続があってこそ実現しているのだと。その実情も知りました。


この踊りの未来のため、

質の高い舞台芸術としてのオリエンタルダンスを

日本で発展させていくため、

そんな暗黙のルールを胸にひたすらに。。


そして今年は地方公演として、私の地元北九州でのお話をいただいたときは本当に驚きました!


まさかあの規模の公演が北九州で…!?

しかも今年は過去最大の規模のオリエンタルダンス公演!!

自力では到底手の届かなかった憧れの世界が、思いがけず目の前に差し出されている。。。


私は今からこの地で、なにかが変わるのではないかと、目の前に一筋の光が差したように感じました。

これからどんなに大変なことになるのか、ということを考えるよりも先に、お返事していました笑。


広島から鹿児島まで、集まった北九州グループのメンバーは、離れていてもみんな目指すところはひとつ!

最初は全貌が見えず手探りだった公演も、仕上がりが見えるほどに、


本当にこんなすごい公演が北九州で行われるんだ!!!!!


という実感がヒリヒリと感じられ、その高まるエネルギーは怖いくらい。。。


東京公演はいよいよ来週!

そして翌週は…北九州公演です。。。

本当に!?本当に来ちゃう、、この日が!!!


この大きな挑戦には、みなさまのお力添えが必要です。

どうかこの歴史に残る公演に、おひとりでも多くのみなさまにお運びいただけますように…!!


どうぞよろしくお願い申し上げます。


⭐️アリシャルとズムルッド〜千夜一夜物語〜

東京公演、北九州公演のお申し込みはこちらから❣️❣️






ゴールデンエラダンサーのご紹介💖

Soheir Zaki
私の大好きなスヘイラ・ザキの動画です。
この動画何回もYouTubeから削除されていて、、今探したら新しくまた上がっていたのでシェア(^ν^)




私の中ではゴールデンエラダンサーの中でスヘイラは清純派のイメージ!
(他のダンサーは金髪のカツラが多かったのに対して地毛の黒髪、華美な舞台装置が多かった時代なのにシンプルな舞台を好み、結婚していてパトロンがいなかった等)
ベリーダンサーといえば悪女、という一般的なイメージからはかけ離れている驚異的な可憐さ✨✨

そしてアラブ音楽界における伝説の歌手、ウンム・クルスームの曲で初めてベリーダンスを踊り、(偉大な歌手の歌でベリーダンスを踊るということは畏れ多く、当時は誰もクルスームの歌は使っていなかった)  
クルスーム本人がそれを観て認めたというダンサー。

酒場の雰囲気に似つかわしくないスヘイラがおじさんたちと可愛く駆け引きしながら踊り、
バーカウンターの上で踊る姿が可愛くて💖もうおじさんたちと一緒に目が😍❤️

ゴールデンエラダンサーはみんな特徴的で、その個性ある動きや雰囲気を知ることはとても楽しく影響を受けます☺️
シンプルな動きからは想像できない強靭なコアと基礎力も学びたいところ❣️

満を持して開催するハリード先生のゴールデンエラクラス、どうぞお楽しみに✨
ゴールデンエラとは黄金時代の意味です。
エジプトにおいて、1940〜1970年代にアラブ音楽とベリーダンスが、芸術や文化として最高潮に発展し花開いた時代のことです。

この頃の有名なベリーダンサーは女優としても活躍しており、
タヒア・カリオカやサミア・ガマル、スヘイラ・ザキなど、
今もYouTubeなどの白黒映像の映画のワンシーンで彼女たちの踊りを見ることが出来ます。


女性本来のクラシックな美しさを持つ、憧れのゴールデンエラ。

ハリード先生のWS、
②ゴールデンエラダンサーのスタイル 
では、有名なダンサーの特徴的な動きを交えながら憧れの雰囲気に近づく秘密を教えてもらいましょう❣️
このような内容は特に九州では滅多に学べるものではありませんので、ぜひご参加ください!
とても勉強になるし今後の世界観が一気に広がるクラスですよ☺️

③ゴールデンエラの振付  
のクラスでは、実際にその時代の音源と動きで振付を完成させます。
テクニックとしてはシンプルで覚えやすいと思います。
クラシックな雰囲気づくりが最大の学びです⭐️
この機会にぜひ、優雅で実はハードなゴールデンエラを体験してみてくださいね❣️

学びの秋にぜひ、ハリード先生のクラスを体験してくださいね!

ハリードWS北九州について、詳細はこちらの記事をご覧ください(^ν^)