信じたくない連絡 | クリス松村オフィシャルブログ Powered by Ameba

テーマ:
クリス松村オフィシャルブログ Powered by Ameba-130828_151408.jpg


昨日、お昼過ぎに信じたくない連絡がきました。





「ザ・ベストテン」の名プロデューサー、





山田修爾さんが天国に召されたと・・・





えっ…まさか・・・





この1年、黒柳徹子さんとのレギュラー番組を持たせていただいていましたが、





山田さんは、欠かさず番組の収録にいらっしゃっていました。





徹子さんとの固くて熱い絆を私は感じていたと同時に、





1978年からテレビの前で見ていた大好きな番組、





「ザ・ベストテン」の司会者の徹子さんとプロデューサーの方が一緒におられる現場で、





レギュラー番組をやらせていただける幸せを感じておりました。





収録の合間に山田さんをつかまえては、「ザ・ベストテン」の話、





歌の話を熱く熱く語りましたが、





私の話を聞いてくださり、丁寧にひとつひとつ答えてくださったことは、





私の宝物のような時間でした。





とにかくジェントルマン、紳士という言葉がピッタリの方でした。





「ザ・ベストテン」の記憶は物凄いもので、細かいことまでよく覚えていらっしゃいました。





そんなお話をされる時には、ちょっと少年のような表情もお見せになられました。





春、「ザ・ベストテン」の初代男性司会をつとめられた久米宏さんがゲストに来て下さった時、





黒柳さん、久米さん、そして山田さんの揃った空間も一生忘れられない空間でした。





あの時…少しお痩せになられていて心配していたのですが、





収録中、黒柳さんが質問を山田さんにされると、





一生懸命、お答えになっておられたお姿がとても印象に残っております。





私が山田さんにお会いしたのは、それが最後となってしまいました。





実は、山田さんに最初にお会いしたのは、数年前。





食事の席でした。





熱心に好きな音楽のことを語る私に、





「凄いなー…なんでそんなに音楽が好きなの?」とおっしゃられたことが忘れられません。





「音楽は、唯一の私の親友なんです」





それが私の答えでした。





山田さんは、まだまだおやりになりたかったことが、たくさんあると、





この1年のお話で私は、そう認識しております。





その山田さんのご意思が、実現することを切に願います。





ちなみに私が山田さんにお願いしていたことは、





「ザ・ベストテン」の一週一週の全放送を全て収めたDVD全集を出して欲しい!という無茶苦茶なリクエストでした。





そんな無茶苦茶なリクエストにも真剣に答えてくださいました。






本当に残念です。





素晴らしい音楽番組を作ってくださったことに感謝しています。





ご冥福をお祈りいたします。

クリス松村さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース