THE DARK TRIADE 高座の三悪 遊京・染八・幸太三人会 公演終了 | 有限会社宮岡博英事務所のブログ

有限会社宮岡博英事務所のブログ

ブログの説明を入力します。

猛暑の中のご来場に改めて御礼申し上げます。

THE DARK TRIADE ”高座の三悪 遊京・染八・幸太三人会”

無事公演終了しました。

 

《番組》

入船亭遊京 『加賀の千代』

林家染八 『軽業』

京山幸太 『河内十人斬』 曲師:一風亭初月

仲入り

コント『勝倉文太郎』 遊京・染八・幸太

林家染八 『八五郎坊主』

京山幸太 『比良八荒』 曲師:一風亭初月

入船亭遊京 『ねずみ』

 

弊社初の若手だけによる公演。台本も書くからという幸太さんの気合によって

実現しました。

開演前の稽古風景。コント「勝倉文太郎」。この名前の由来もこの日初めて知りました。

左から染八、遊京、幸太。

番組の順番も演題が何かも開演前に全く知りませんでしたが、そこは融通無碍な古典芸能の

優秀な若手だけに、自由自在に段どりが決まってまいります。

落語の一席目は遊京さんで『加賀の千代』。これは桂三木助から伝わる扇橋一門の所縁のネタ。

何とも長閑なお噺で扇橋師匠にぴったりでした。遊京さんの柔らかい雰囲気にも良いですね。

浪曲の廣澤菊春先生から『甚五郎のねずみ』を教わった三木助師がお返しにと『加賀の千代』を

菊春先生にお譲りしたという逸話が残っております。

次いで、大阪から林家染八さんが『軽業』。典型的な上方の旅ネタで前座噺でもありますが、

中々の難物です。染八さんは真面目にカッチリとやってくれました。

今日はハメモノたくさんでお賑やかにお楽しみ頂けたと思います。

銅鑼を持ってくるのを忘れたために楽屋の傘立てを叩いて代用しました。これは内緒です。

ここで転換。今回は転換が多い!やはり浪花節はテーブルでやった方が良いです。

転換もみんなでやりましたが段々慣れてきて素早くなってきました。

こういう作業の素早さがあれば、色んなジャンルの芸の人が出る番組を容易に作れると思うのです。

幸太さんの一席目は、『河内十人斬』。浪花節で驚くのは前座噺というのがないことです。

ですから入門から直ぐの幸太さんがこんな大ネタをやっているのを見て驚いたものでした。

しかも見事にこなしているので二重に驚いたものでした。仕方も幸枝若先生そっくり。

 

曲師のお馴染みの一風亭初月さん。今回は保護者として付き添って頂きました。

ここでお仲入りです。仲入り後は何が飛び出すか!コントをお楽しみ頂きます。

遊京が落語をやっている最中に変な邪魔が入る。怒る遊京。

変な奴だから摘まみだしてくれ!と染八の登場。

どうやら記憶喪失した男で、自分の名前も忘れてしまったとか。

気の毒だから、何とか記憶を取り戻すように手伝ってやろう。

それには名前をつけてやろう。ついた名前が勝倉文太郎。

この由来も知らなかった。ここで明らかになりますが、これはご来場の方との秘密にしておきましょう。

まさかの大喜利が始まって度肝を抜かれました。遊京さんの司会が

締めてんだか緩めてんだかよく分からない司会でこれが面白い。

挙句に漫才が始まります。内容は推して知るべし。

幕切れはお定まりの、チャンバラ映画の音楽として知られる『千鳥相方』に乗せて

ドタバタとお開きです。

ここでまた転換。染八さんが何食わぬ顔をして『八五郎坊主』。

これは結構珍しいネタと言えるでしょう。東京ネタとして移植されておらず、

聞く機会は稀です。

ここで転換。段々素早くなってきました。幸太さんの二席目は十八番ともいえる『比良八荒』。

『安珍清姫』にも通じる悲恋もの、悲劇。比良は琵琶湖の西側畔。

シャクナゲで有名な土地です。この辺は堅田の浮御堂という名所があり、

ここを舞台に物語が展開します。初代幸枝若の姉弟子にあたる中山礼子先生の持ちネタで、

これを復活したそうです。今の幸枝若先生はやらないネタ。

某氏の無季俳句に「堅田には何にもなくて浮御堂」。名句です。

ここで転換。トリは三人の中でアニさんである遊京さんで『ねずみ』。一席目の『加賀の千代』とは

因縁からむ構成になっている訳です。こういう噺はとかく説教臭くなるのですが、遊京さんは自らの

キャラクターを理解して、旅先や地方におけるエピソードとして軽くて結構なものです。

3時間近くの公演で、ご来場のお客様にはお疲れさまでした。

これは真夏の年中行事に致します。来年もよろしくお願いいたします。