大阪松竹座初日(7月3日) 坂東竹三郎出演 | 有限会社宮岡博英事務所のブログ

有限会社宮岡博英事務所のブログ

ブログの説明を入力します。

7月3日に大阪松竹座七月大歌舞伎の初日が開きました。

坂東竹三郎は夜の部の切、恋飛脚大和往来の「新口村」における忠三郎女房で出演。

舞台は昨年12月の南座以来でご心配をお掛けしましたが、今月は元気に出勤。

戸越しの第一声も大きく張りがありました。

前回が2017年1月のやはり松竹座で、この時は10年振りだという話でした。

今回、火吹き竹を持った写真でお願いしますと頼んだんですが、引込む直前に

火吹き竹(ご飯が炊きっぱなしという設定。その炊き加減を注意してくれと梅川に頼んで引込む)を吹く

仕形をするだけなんですね。すっかり火吹き竹を持っているとばかり思いこんでおりました。

竹三郎は仕形がウマい。田舎のおばさんですがやはりどっかすがれた洗練が楽しいお役です。

今月の松竹座はほぼ2週間という短い興行です。ぜひ御足をお運びください。