Sさんの4回目のレッスンは

アロマテラピー利用法について。

 
 
精油を使用するときに欠かせない、
 
基材の種類や特徴、希釈濃度、
また、楽しみ方など学んでいただきました。
 
 
 
アロマテラピーでは、原則として
精油を希釈して利用します。
 
そのまま使うと刺激が強いため
原液を直接皮膚につけることはしません。
 
 
精油を薄める材料を基材といい、
 
基材の特徴や性質を知ることで
アロマテラピーの楽しみ方がぐっと広がります。
 
 

そのひとつ、植物油。

 

植物油も種類があり、

それぞれ特徴があります。

 

成分はもちろん、色や匂い、粘度など異なります。

 

 

テキストに紹介されている植物油を、
 

実際に手の甲などにつけて
使用感など体験していただきました照れ

 

 

 

今回の実習は、基材で学んだクレイを使って
クレイパック作り。

 

 

Sさんが選ばれた精油(レシピ)

葉っぱ クレイパック
  フランキンセンス
 

 

今日の精油プロフィールに登場した

カモミール・ローマンと悩まれて、


フランキンセンスを選ばれました照れ

 

 

今日の精油プロフィールでは
ほかに、レモングラスも登場。

 

ジンジャーとレモンを混ぜたような香り、

と表現されます。

 

 

実際に、ジンジャーとレモンの香りブレンドを
体験していただきました。

 

 

 

さて、次回は今回学んだ植物油などを使って
ミツロウクリームを作ります。

 

人気のクラフトですおねがい

 

 

植物油も肌質や好みに合わせて
選んでいただきます。

 

レッスン、お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

ご予約・お問い合わせはこちら

 

◎ 現在募集中のレッスン

 

 
 
 
 
(公社)日本アロマ環境協会 資格認定教室 
岐阜市の小さなアロマ教室
アロマテラピーサロン&スクールシュシュ


葉っぱ 現在募集中のレッスン
葉っぱ ホームページ
葉っぱ 講師プロフィール
葉っぱ 教室のご案内(アクセス)
葉っぱ 女性専用・完全予約制・不定休 

mail* ご予約・お問い合わせはこちらから