動物二次診療医療病院での検査... | ☆Mon petit chouchou☆

☆Mon petit chouchou☆

ブログの説明を入力します。

  ~ Mon petit chouchou ~

 

 

 

ご訪問ありがとうございますハート
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ  
読者登録してね  
 
 
 
 

 

 

 

 

プードルシュシュちゃんハート。

 

12月29日

というと

思い出す

2019年の今日

 

膝蓋骨脱臼

前十字靱帯

変形・破損・断裂

これらの検査を受けるために

 

かかりつけ医の

院長先生が

連絡及び予約を

入れてくださり

訪れた

二次診療医療病院

 

診療データー

日本動物高度医療センター

MRIデーター

など

集めて作ってくださった

DVD資料を持参し

ドキドキしながら

病院へ向かいました

 

診察室に通され

まずは

現在の状況を

把握するため

ボディチェック

診察室内を歩かせたり

現状確認後

診察室内にて

先生が

持参したデーターを

読み込む作業待ち

 

良い子に

お椅子の上にて

待ち姿勢の

プードルシュシュちゃんハート。

 

 

 

 

 

別室にて

取り込み終わった

画像データーをプロジェクターに映し

細部を確認しながら

お話を進めてくださいました

 

今回は

MRI・CT検査の必要は

ないとのご判断

 

今回の足の件

持ち込まれた診断書に書かれている

箇所の疾患

こちらを再確認するため

血液検査とX線撮影

 

X線検査(4箇所)

画像データーが出来上がり

診察室へ

 

足について

滑車溝

浅さ以外は問題無し

 

頸椎

先天的疾患の影響が

ハッキリ読み取れますが

何年にもわたって

経過観察していますので

今回は問題視しないと

 

脊髄

数年前から

懸念されている

椎間板ヘルニア

6月のMRI&X線検査結果

膝が何度も外れた症状

X線画像を見比べ

脊髄の圧迫が進行していると

思われるとのこと

 

主治医の先生からも

言われておりましたが

脊髄に障害があると

その部位から下に症状が現れる

これにより

後ろ足への

脳からの伝達が

上手くいかなくなるとのこと

 

これの影響で

後ろ足のトラブルが

発生している可能性大

 

主治医の先生と同じ

ご意見

 

 

血液検査

完全血球計算&大炎症性蛋白測定

RBC・HCT・HGB -

CRP+

 

検査での

一番の問題点

CRP

正常値よりかなり高い数値

 

体のどこかに

重度の炎症

が起こっている可能性大

 

多分

椎間板

ではないかと思われるとのこと

 

再度血液採取し

血液センター

にて

血液培養検査

 

結果が出次第

今後の

治療方針等検討とのことで

 

炎症を抑える抗炎症剤

セファクリア錠

処方してくださいました

 

診療後

お薬・データー・お会計待ち中

プードルシュシュちゃんハート。

 

 

 

 

 

取り急ぎ

前十字靱帯

変形・破損・断裂

免れたことで

少しホッと

胸をなでおろした

ママちゃん

でした

 

 

 

プードルシュシュちゃんハート。

この年の年末は

ほんとうに

ドキドキしたよね

 

 

 

 

 

ふふっ♪

みなさま

穏やかな1日を...

 

 

 
プードル3最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました
 
お願いプードル
シュシュちゃんに
ポチッと応援お願いいたしますハート 
 
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ