一番茶とその後の作業も終わり新茶がそろいました。

 

私にとってのブログ 再開の時期になりました。

          新茶揃いました


 本当はお茶づくりに忙しい時の方がいい画像も多く

 

この風景を今お見せしたい!と思うのですが 

 

自分で 乗用摘採機に乗ってお茶を刈り

 

自分で製茶工場に入って製造しているので

 

正直なところSNS にアップするような

 

心の余裕もありません。

    お茶刈りの模様、今年も良く伸びました


平均 睡眠時間 4時間程度でぶっ通し 

 

2週間程度休みなく作業しますので、、、

 

 お茶づくりの模様をその時にブログで紹介したいと

 

毎年 思うのですが よく言えば製造に集中しているために

 

 悪く言えば 怠け心のせいで

 

ブログに書くことができていません。

     かぶせ作業を森の中でやっています。

 

 ホームページ 、ニュースレター 等でなどで前もって

 

 新茶 販売 の紹介はさせていただきましたので

 

今年もたくさんの方に新茶 を届けることができました。

 

 何より安心したのは


今年も 例年 通り 

 

またはそれ以上のお茶ができたということです。

 

1年を通じて手間をかけて作ったお茶ですので

 

これから約一年をかけて

 

じっくりと販売していきたいと思います。

 

自分で造ったお茶を自分で売るのが

 

喜びに浸る時間なのです。

   今年も「のうきょうまつり」が盛況でした

 1月27日、28日には亀山 大市が4年ぶりに行われました。亀の市という市内の農業者直売団体のブースで出店いたしました 。やはり亀山大市を心待ちしにしていた方も見えたのか商店街のあたりは 露天が 以前のようにのきをならべ歩くのも大変なほどでした 。

2024年亀山大市のにぎわい

商店街のはしからはしまですごい人出に

 

私どもの市民参加のブースも、以前のような にぎわいを見せていました。 天候にも恵まれ雪も降らず スムーズに出店できました。

市民ブースの方もにぎわった

市川大楽園のブース


ただ
コロナ禍による中止の前には一緒にゲリラライブ?をさせていただいた、ちんどん屋さんの富都路 一座(ととろいちざ) が 参加していませんでした。この賑やかの中で 中で パフォーマンス できたらどんなにうれしかったかなと思うとちょっと寂しい気がしましたね。 連絡をとらせていただいたら、メンバーの朱色の忍者装束の三味線のおじさんは 昨年末 ご病気で亡くなられたと聞きました。しっかりした演奏で私のつたないサックスを支えていただいた記憶があります。このにぎわいを見たらおじさんも喜んでくれたかな と思いました。 来年はまた富都路 一座のみなさんに参加していただけることを心待ちにしています。

2018年初めて演奏した時

2019年も

2020年、3年続けてお付き合いいただきました。

 

お茶の販売はたくさんの方に試飲のお茶と紅茶を飲んでいただいて懐かしい 顔も見られました。
亀山市長の櫻井義之氏もいつものように立ち寄っていただき 記念撮影もしていただいてありがたく思っています。 

亀山市長、櫻井義之氏が今年も来てくれました。

 

来年以降も出店できるできれば幸せだな~と思っております。

 1月19日に手もみ茶練習会を行ないました。

私どもの手もみ茶道場で行われました。

毎年恒例の三重県手もみ茶伝承保存会の研修会が25日にありましたので、その自主トレのようなものでした。

昨年に続き草川市議にも来ていただきました。

 

記念撮影も恒例になりましたね

 

今回はケーブルテレビのZTVの取材を受けました。

 

 

カメラ撮影の様子

地元ニュースになるとやった感ありますね。

もみ始めのお茶の葉

レポーターのようですね

もちろん自分も真剣に練習します

 

昨年11月に行われ、私も出場した全国手もみ茶競技会の成績が振るわなかったこともあり、また初心に返り一つ一つの手さばきをビデオを見返して練習しました。

 

このメンバーで三重茶農業協同組合の初市への出品、手もみ茶品評会への出品、今年の全国手もみ茶競技会と、いろいろな事業が控えていますので練習会とは言え、気は抜けませんでしたね。