百日紅(サルスベリ)が見頃を迎えています | 花のおもてなし長生館

花のおもてなし長生館

秩父・長瀞の旅館「花のおもてなし長生館」のブログ(お知らせ・最新情報・観光情報)です。


テーマ:

 

サルスベリ(百日紅)が、庭園の荒川へ降りていく辺りに咲いています。

サルスベリの由来は、樹皮が剥げやすく幹がツルツルしているので「猿も滑る」というところからきているそうです。が、実際に猿は滑ることなく登れてしまうとか…^^;笑

百日紅は、その花期からきているそうです。

 

このサルスベリ、長生館の庭園に句碑を持つ高浜虚子も、一句詠んでいます。

「炎天の 地上花あり 百日紅」

開花時期が7~10月ということですので、虚子もこのように詠んだのでしょうか。

 

 

サルスベリの向こうに、ちょうど岩畳が見えますね。

今日は曇り空でずいぶん涼しい1日となりました。

 

★★★★★★★★★★★★★
★ 大好評の流しそうめん  ★
★食べ放題!詳しくはこちら ★
★★★★★★★★★★★★★

 

**************

長生館の宿泊プランはこちら

長生館へのアクセスはこちら

**************

長瀞 花のおもてなし 長生館 スタッフさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント