『通り抜けの桜』が埼玉新聞で紹介されました! | 花のおもてなし長生館

花のおもてなし長生館

秩父・長瀞の旅館「花のおもてなし長生館」のブログ(お知らせ・最新情報・観光情報)です。


テーマ:


4月15日(金)埼玉新聞で紹介されました!

大阪の造幣局は「桜の通り抜け」として、八重桜が有名ですが

長瀞は「通り抜けの桜」という名で、八重桜の小道があります♪

以下、埼玉新聞より抜粋です。




長瀞町長瀞の不動寺の裏山にある「通り抜けの桜」が咲き始め、色鮮やかな

八重桜が訪れた人を楽しませている。

八重桜はソメイヨシノより開花が1、2週間ほど遅く、花びらが重なって咲く。

通り抜けの桜は2・2ヘクタールの敷地面積に

31種、約500本の八重桜が植えられている。

敷地内は約20分で一周できるハイキング道が整備されており、

種類豊富な八重桜を散策しながらゆっくりと堪能できる。

15日から24日の日没から午後9時まではライトアップも実施。

ライトアップ期間中の午前9時から午後9時までは、

協力金(入場料)として200円が必要となる。

会場の隣接地に有料駐車場があり、普通車は500円。

問い合わせは、長瀞町観光協会(0494・66・3311)へ。

長瀞 花のおもてなし 長生館 スタッフさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント