発達障害の子育て~感覚過敏③~視覚過敏の事 | おしゃべり大好き!自閉っ子 「チョロちゃん日記」  

おしゃべり大好き!自閉っ子 「チョロちゃん日記」  

発達障害と診断された自閉っ子チョロちゃんの
大変な凸凹育児を楽しめるようになったのは、
チョロちゃんもわたしも成長しているからです♪


テーマ:

初めての方は最初にこちらをお読み下さい。

 

 

 

チョロちゃんが生まれて入院中に気になったことがありました。

 

それは、起きているのに目を開けない事。

 

どうして瞼を閉じたままなのか?

 

もしかしたら目に異常があるのかな?

 

…と気になって何度も指で確認しようとしますが嫌がり、

上の子ども達も目を開けているのを見たことが無い。と、

夜、産院に来る度に思っていたそうです。

何となく聞き難くて黙っていたと、後になってわかりました。

 

その後も、光を眩しがったりするの(暗い部屋が好き)で、

不思議だなぁ~と思っていました。

 

まさか視覚過敏で光が眩しいなんて想像もできず、

そんな事があるなんて全く知りませんでした。

 

わたし自身、父に似て眼球の色が他の人よりも薄くて、

茶色(と言ってもとても薄い色)だからなのか、眩しいのが苦手

だったので、そうなのかと思っていました。

 

帽子を被って太陽光線(笑)を遮ったり、真っ暗が好きなのは、

他の過敏から比べたら何とかなる程度でした。

 

蛍光灯の光が苦手な人は意外と多いようですから、

視覚過敏が酷い人も色々と大変だと思います。

 

今チョロちゃんは眩しがる事もなく、普通に生活しています。

人によっては特別なグラスをかけないと外出もままならず、

大変だったり、雪道はゴーグルが必要な人もいるとか…。

 

だけど…

 

感覚過敏は治ります!

 

 

他の過敏を見ていてもそう言えます。

こういう事も診断の時にドクターがちゃんと言ってくれたら、

育て難さにヘトヘトになっているお母さんには一筋の光だと

思います。

 

勿論、一番は感覚過敏で大変な生活をしているその人の為に!

 

 

 

 

 

 

 

         * ~ アメンバーに申請してくださる方へ ~ *
凸凹発達の育児ブログです。アメンバー申請してくださる前に、
メッセージでお住いの地区やお子さんの事を教えて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

         

にほんブログ村 発達障がい児育児 ブログランキングへ 

Keiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス