相撲界の常識は一般社会では非常識? | おしゃべり大好き!自閉っ子 「チョロちゃん日記」  

おしゃべり大好き!自閉っ子 「チョロちゃん日記」  

発達障害と診断された自閉っ子チョロちゃんの
大変な凸凹育児を楽しめるようになったのは、
チョロちゃんもわたしも成長しているからです♪


テーマ:

先月からニュースは角界の話題が続いていますね。

 

わたしは相撲を見ないので、力士の名前や部屋(親方)も殆ど

知りません。

 

ただ10年前に若い弟子がかわいがり?という名の暴行を受けて

亡くなってしまった事件の時は驚いたし、ビール瓶で殴っても、

角界では暴行(暴力)ではなく「かわいがり」という大義名分で

誤魔化すのか?と、一般の常識とはかけ離れた認識に驚いたし、

それが親方の命令(?)だと聞いて更に言葉を失いました。

 

暴力を容認する様な思考が特別な事ではないらしい事が、

昨日、偶然見つけた記事でわかりました。

その記事が こちら 

 

血が出るまで目の前で行われている暴行止めない?

もしもそれが本当なら、謂わば暴力容認が明らかです。

 

貴乃花親方が警察に被害届を出した事を問題視している角界幹部

ですが、暴力容認を常識としている社会の中で被害届は非常識な

行動なのでしょうか?

 

我が子の様に弟子を育てている親方にとって、目の前の弟子が

暴行されて大怪我を負っていると知ったら病院に連れて行き、

警察に被害届を出すのは当たり前のこと。

 

死ぬほどの暴力行為をかわいがり等と非常識な変換しかできない

社会性を欠いた角界の常識に任せて果たして公正に扱われるか?

 

そんな事を考えていたら、先の記事です。

血が出たから止めに入った。と言うのが事実なら、暴力容認は

明らかです。

 

事件現場のお店の人はどう感じているのでしょう?

 

角界の常識は一般社会では非常識。

お酒を飲んでいようといまいと、暴力はいけない事。

それが相撲界でも常識になる日が来るのでしょうか?

 

稽古と暴行も同列ではありませんものね。

 

 

 

               にほんブログ村 発達障がい児育児 ブログランキングへ 

Keiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス