2007年08月15日(水) 21時46分53秒

A品番 A-21 ファミリア1500XG

テーマ:絶版考察

チョロチョロ走るキュートなミニカ ー「チョロQ」の研究となぞを発表する研究序説。


社会現象にもなった 赤いファミリア。

80年代の一世を風靡したクルマです。

ファミリアは家族の意味で、後継はアクセラ。先代のチョロQ化されたファミリアSワゴンをみてもぱっとしないクルマでこのA-21もチョロQではあまり人気のない車ですが、実車は違いました!

チョロQにもなった5代目ファミリアは当時の若者に大人気!サーフボードを屋根に乗っけて海にナンパが流行でした。そのハッチバックスタイル、ラウンジソファシート、価格の安さが受けたのでしょう。

今見るとそれほどインパクトのあるモデルとは感じないのですがそんな時代背景があり自動車史上に残る1台といえます。

チョロQでもベストセラーグレードの「1500XG」をモデル化。実車では赤がダントツ人気!

ハシマキはなぜか反転しています。なぜだったかな?

チョロQではサンルーフを装備。当時、ファミリア=赤&サンルーフがデフォルト。

サンルーフ開閉ギミックだけでなくアクセサリーパーツとしてサーフボードもついているとよかったかな?

ファミリアSワゴンではギミック&アクセサリーパーツをやってくれました!

当時国産車にはドアミラーは標準装備できなかったと思いますが、チョロQではドアミラーになっています。規制の緩和は1983年3月。

ファミリアのターボモデルの登場は1983年。

チョロQのファミリアの発売は1982年2月。

ここで衝撃の事実が発覚!?チョロQはファミリアのターボモデルを予見していた!?

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

すみやさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

9 ■Re:ファミリア 1500XG

>徹さん
停電はこちらは大丈夫です。ヘルツ違いがあって東に電力供給があまりできないのがネックになっています。
FFファミリアといえば赤ですよね!水色も派手な色合いでサーフボードが似合います。

8 ■ファミリア 1500XG

停電は大丈夫でしょうか?FFファミリアの1500XG・3D、懐かしいですね。実車も傑作で人気も高かったですね。チョロQも貴重品ですから大切に。私の中ではA品番の赤、白、青メタ、銀、黄色が気に入っています。水色のファミリア1500XGはちょっと派手ですね。なおファミリアの輸出名はマツダ323でした。

7 ■ファミリア

今見ると見た目は地味で庶民的な車にみえてしまいますが、当時は若者に人気だったんですよね。

6 ■ファミリア

今見ると見た目は地味で庶民的な車にみえてしまいますが、当時は若者に人気だったんですよね。

5 ■家も

昔このファミリアに親父が乗ってました。チョロQでは地味目ですが欲しいチョロQのひとつです

4 ■ファミリア

>命の水さん
当時はハンドパワーですよね♪
初のパワーウインドウを調べたところ、昭和39年のプリンスグランドグロリアみたいです。
ハンドパワーを楽しみたい場合は軽トラックなどがハンドパワーのクルマがありますネ。

3 ■ファミリア

この実車は人気ありましたねえ。
これも復刻版を買いました。去年中古で白を購入、ホイールはHG版となってます(^_^;)
このモデルのセダンタイプを父が昔乗ってたんですが、サンルーフも窓もハンドパワーウィンドウでした。

2 ■ターボ

>ajpさん
反転の謎の件ありがとうございます。
当時の流行でターボ車には反転が使われたみたいですネ。調べてみると三菱車以外ではスカイラインジャパンにも反転のTURBO文字が。
即ち 前の車に「どけっっ!」という圧力!?

1 ■反転

すみやさん
 TURBOの文字の反転は
 先行車のミラーに後続車が「ターボだぞ!」ということをアピールするためのものではなかったかと・・・
 三菱のターボ勢もこうだった記憶が・・・

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。