チョロQ☆スタイル

チョロQの最新情報、コレクション、タカラトミー関連情報などを
キュートな視点でお伝えしたいと思います。


テーマ:

チョロQの最新情報やコレクションを

キュートな視点で初心者にも丁寧に
お伝えするチョロQ☆スタイル
 
今日のテーマは「実車」。
 
2015にはホンダではS660が復活。
軽自動車サイズでのスポーツカーだが、
本格派で、外見のデザインはチョロQさながら。
元々大きいスポーツカーを軽サイズに凝縮
したようなところが。
 
チョロQも、チョロQ化することにおいては、
デザインだったり、知名度が大事なので、
自動車業界の状況に左右されるので、
個人的な視点ではありますが、感じている部分を
お伝えします。
 
2015年以前も含めてですが、2003年のポルシェのSUV化は
個人的には、いただけなかった。ポルシェは終わったと思った。
その後もパナメーラという四人乗りの間延びしたポルシェを
発売した。これも技術的には凄いことのようだが、なんだが、
デザインに違和感が残りました。
カイエンはチョロQ視点でいうと、ポルシェボディを乗せた
ビッグフットのようで面白い。
と流行でSUVの販売はメーカーの必須と思われ、ジャガー、
ルノー、マセラティがこぞって高級SUVを出していますね。
本物は出さないかなと思っています。フェラーリですね。
今後も出さないのではと個人的には思っています。
 
日本では、車体が大きい車種では、ランクル、ハリアなどが
不動の地位だったと思われますが、コンパクトSUVの市場がMAZDAのCX3、CX5、日産のジューク、ホンダのヴェゼル、トヨタのC-HRというように加熱している印象ですね。
 
ヴィッツも変化しましたね。柔らかい女性のイメージから男性化して、海外のBMWやメルセデス、ワーゲンといったブランドの主にフロントのグリル部分の統一的なデザインを踏襲するようになってきました。マツダは少し先がけて、アテンザ、アクセラ、デミオ、CX3、CX5がフロントのグリルデザインに統一性を手がけけていますね。
 
一方でここ5年以内で廃盤となった車も多い。暫定的かもしれないが。これらにはチョロQ化したものも多い。
ホンダ:S2000、ホンダCR-Z
マツダ:RX-7、RX-8、プレマシー
トヨタ:ソアラ(レクサスのSCだったが廃盤に)、ウィッシュ、
FJクルーザー、iQ、bB、ist
日産:ティーダ、スカイラインクーペ
スバル:R2
などなど。加えていきます。
 
チョロQはNSXをチョロQ化したり、外車も、マニアックなのも
ZEROになってから熱いですね。
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

choroq-styleさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。