チョロQ☆スタイル

チョロQの最新情報、コレクション、タカラトミー関連情報などを
キュートな視点でお伝えしたいと思います。


テーマ:

チョロQの最新情報やコレクションを
キュートな視点で初心者にも丁寧に
お伝えするチョロQ☆スタイル


今日のテーマは「セリカ」。


tkjさんのblog「On hand」 で知ったのですが、
「チョロQ名車コレクション トヨタ編」のセリカ
はセリカチョロQとしては初の仕様だということ。



パッケージのセリカ
そういえば、パッケージの正面にはセリカが

載っているし、何かアピールしている気が
してきましたが、その初仕様は全く分からな

かったです。自分のコレクションで検証して

みました。


celica1
左:No.30セリカ
中央:トレーディングチョロQより
右:チョロQ名車コレクションより


比較のしやすい3台をピックアップ。仕様初
というのはどうやらフロントランプとルーフでは
と思っている。



フロントのヘッドランプ
スモークボディのセリカではフロントのヘッドランプがシルバー
ですが、ボディで色のついた(たとえば、銀、赤、オレンジなど)
では地のボディを生かしたスモークのヘッドランプとなっている。


ルーフ
NO.30はルーフは抜かれているが、セリカ文字が。ボディが赤や
オレンジのセリカはルーフが抜かれていない。一方、スモーク
ボディのセリカは全体がスモークなのでルーフもスモーク。




チョロQ名車コレクション トヨタ編のセリカ

ボディはイエローで、フロントのヘッドランプはシルバーで、
ルーフはスモークに抜かれている。

色のついたボディで、ヘッドランプがシルバーで、
ルーフが抜かれている仕様が初のようです。(推測)


celica2



ボディの色合い
名車コレクション トヨタ編のパッケージ。
正面にはセリカが。パッケージではラメの

入った少し淡い印象で、そう期待していたが、

実際は鮮やかなイエロー。イエロー彩色は

確か、難しいといわれているが、台湾製の

チョロQにだいぶ近くなっている品質。
(STD40のセリカと比べてみました。)


celica3
名車コレクション トヨタ編のセリカ


イエローボディにレッドのランプは色鮮やか。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

チョロQの最新情報やコレクションを
キュートな視点で初心者にも丁寧に
お伝えするチョロQ☆スタイル




今日のテーマは「↓これ↓」
QQ1









遅ればせながら応募!










QQ2





QQキャンペーン応募です。学園長ことすみやさんも

かつてQ文字を作って、すごい応募数を応募された
ことが印象的で、なんとか文字を!と思って試して

みました。実はトランスポーターとリアルレーシングは
箱に穴が開いてしまうので、トランスポーターの5ポイント
を貼ったことが無い。



QQキャンペーン
トランスポーターセット4、ちびっこチョロQコレクションvol.15、
リアルレーシングコレクションvol.4、チョロQノスタルジック

スポーツカーについている応募券5ポイントを一口に応募すると、


「スバル360金銀銅メッキ3台セット」


をプレゼント、というもの。これは写真ではちびっこチョロQだが、
ちびっこチョロQとはいっていないが、見れば分かるということ
でしょうか。200名様の当選数締め切りは5月31日消印有効です!

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

wanda copen

チョロQの最新情報やコレクションを

キュートな視点で初心者にも丁寧に
お伝えするチョロQ☆スタイル



今日のテーマは「プルバックカーとチョロQ」。

5月13日に登場したと思われるAsahiのコーヒー
ワンダのゼロマックスのおまけとして付属の
「ワンダ プルバック オープンカーコレクション」
をチョロQと比較しながら紹介します。



ラインナップは全5種で


 ・ロードスター :マツダ

 ・S2000    :ホンダ

 ・MR-S    :トヨタ

 ・コペン    :スズキ

 ・カプチーノ  :スズキ



カプチーノとロードスターの判別が一瞬しずらい。
金型は異なると思います。カプチーノの方が、
やや柔らかいレッド。


choroQ wanda front

左:QQQ PACK 2006 S2000 チョロQ
右:S2000 プルバックカーコレクションより

フロント
チョロQは「ホンダ」エンブレムが金型仕様
プルバックカーのは印刷。チョロQのそれより

大きい少し大きいエンブレム。フロントの開口部は
プルバックカーの方が大きい。


choroQ wanda side

左:QQQ PACK 2006 S2000 チョロQ
右:S2000 プルバックカーコレクションより

サイド
前後タイヤの大きさの違いは大きい。それにより
チョロQのバランスのよさがうかがえる。プルバック
カーのは大きさは異なるが、メリハリが少ない。
ホイールの雰囲気がいかにもモドQっぽさを感じ
させる。だが、ドアノブはプルバックカーに軍配が。
形はあと一歩だが、ノブが分かるレベルで金型を
作りこんでいる。


choroQ wanda view

上:QQQ PACK 2006 S2000 チョロQ
下:S2000 プルバックカーコレクションより

オープン
オープンカーといえる視点から。全体的に

チョロQの方がシャープなライン取り。プルバック
カーのは大雑把なライン。


wanda choroQ rear
左:S2000 プルバックカーコレクションより

右:QQQ PACK 2006 S2000 チョロQ

リア
彩色など、見方によってはプルバックカーが優勢か。
プルバックカーのリアランプはなんと三色も使用。
内側からグレー、オレンジ、レッド。そしてエギゾーストも左右に装着。
ホンダエンブレムも忘れない。作りが平面的なのが惜しい!
チョロQではリアランプが細かい仕様のS2000として、
例えば、J'sTIPO、TDPのが挙げられるが、ここまで3色まではいかない。
これらと比較すれば良いが、今回はぱっと見に加えなるべく仕様の近い
フロントのヘッドランプとシートの色が同じことに着目してQQQのと比較
してみました。

タイヤの違い(リアをサンプルに)
TIRE1
TIRE2
上:タイヤ裏側で左がプルバックカー、右がチョロQ

下:タイヤ表側で左がプルバックカー、右がチョロQ

タイヤ
チョロQを知らない人に、プルバックカーがどちらかを

伝えるときに唯一の違いとして挙げられるのがタイヤ。

大きさはもちろん異なるが、決定的な違いは、くりぬき方。
チョロQはホイールを覆うので裏、表は無くくりぬき方は同じ。
一方プルバックカーはホイールの正面は覆うが、裏はシャフト
まで覆っているので、くりぬき方が狭まっている。


choroQ wanda

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。