チョロQ☆スタイル

チョロQの最新情報、コレクション、タカラトミー関連情報などを
キュートな視点でお伝えしたいと思います。


テーマ:

calsonic IMPUL Z
チョロQの最新情報やコレクションを
キュートな視点で初心者にも丁寧に
お伝えするチョロQ☆スタイル。



11月発売チョロQから超リアルサーキットシリーズの9番目
に発売された、「CALSONIC IMPUL Z」の紹介。


チーム監督は「日本一速い男」星野一義。
ドライバーは井出有二選手とブノワ・トレルイエ選手。


左は2004年GT500の「CALSONIC IMPUL Z」

レース後のフェンダーの汚れた感じを再現した
2台セットの一台。


セットのZと超リアルサーキットZの比較
今回の超リアルサーキットのZと比べてみると、
フェンダーの形状が新しくなっている。
この金型の違いは、チョロQ☆スタイルの記事
Xanavi nismo Zの比較編
(超リアルサーキットシリーズのZと
ニスモフェスティバル限定のZ)
を読んでいただけると一層よくわかると思われます。




カラーリングの違い
ボディカラーも特筆すべき違いがありますね。
基本的には同じ水色で、カメラだと差があまり出てない感じ
だが、11月発売の「CALSONIC IMPUL Z」の方が情熱的な水色
見てみると分かるが、塗装の質もはるかに進化しているのが分かる。
2台セットの方は、やや落ち着いた地味な水色。温度的には
冷めている感じ。
*手前に顔を出しているのが「超リアルサーキットのZ」。


フロントのヘッドランプのカラー
これに関しても同様な差が見られます。11月発売の
「CALSONIC IMPUL Z」の方はシルバーの塗装の質の向上と共に、
濃厚な色合い、シルバーながら情熱的という言葉の似合うシルバー。

話はそれるのだが、チョロQのシルバー色の飽くなきこだわり!?、そして
技術の向上もあるが昔のチョロQから見比べていくと、実におもしろい。
改めて紹介したいと思う。話を戻すが、一方、2台セットの「Z」は若干だが
地味なシルバー。塗装ののりが薄い感じ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ekiben choroQ
チョロQの最新情報やコレクションを
キュートな視点で初心者にも丁寧に
お伝えするチョロQ☆スタイル。


今日はタカラからのダイレクトメールより
駅弁チョロQの紹介です。


新金型の機関車と駅弁をうまく融合させたチョロQです。
機関車の色と、駅弁の具材の色をうまく組み合わせている。
北斗星の機関車は、えんじ色を活かしてうめぼしに対応させたり
している。駅弁チョロQは外装ばかりでなく中身も再現していて、
ゴマのふりかかったご飯の真ん中にこの北斗星が入っているのだ。
機関車チョロQとしてのクオリティを保ちつつ、弁当の一品一品を
表現していてユーモアたっぷりのチョロQです。



チョロQは

 つばめ   → 牛肉の大和煮
 エルム   → 紅鮭
 北斗星   → うめぼし
 レインボー → 紅鮭
 はと     → ほうれん草のおひたし
 カシオペア → 四色かまぼこ


となっている。→より右がお弁当の中身のモチーフ。


また、駅弁チョロQにはパッケージに
『駅弁の』製造日が記載されるとのこと。
チョロQの日になぞらえて9月9日とは
どこか思い入れの強さをかんじさせますね。


80年から05年までの25種類の9月9日。
先着300名限定。さらにダイレクトメール

からの申し込み用紙からのプレミアサービス。



これからのチョロQの(コレクションの)『旅』に旅立つために
必須な駅弁かもしれません。


限定三千食。5985円の最高級食材使用のチョロ弁です。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

チョロQの最新情報やコレクションを
キュートな視点で初心者にも丁寧に
お伝えするチョロQ☆スタイル。



メルセデスベンツ300SLの画像
ドリームランドさん、そしてチョロQ学園さんも
FLASHを使った魅力ある演出で5色の画像を
公開しておられます。


メルセデスベンツ300SLに関してはチョロQ☆スタイル
でも一度紹介しているのでよかったらコチラの記事
読んでみてください。


単品での購入は?
単品では12月に発売されるのですが、オリジナルのケース
付きの発売が1月下旬です。


セット販売での購入!
セット販売はタカラへ直接注文しますと購入できます。
購入特典として、イエローの300SLが付いて6300円税込みです。
イエロー色は単品では買えないセット販売ならではのアドバンテージ
となっています。 さらに画像から判断するにセット販売ではホイールが
ボディ色と同じ色で縁取られている?差をつけている感じがします。

harmonize,fusion…
300SLのエッセンスをチョロQサイズに凝縮したチョロQ。
もちろんチョロチョロキュートに走るが、300SLの精緻なデザイン
は受け継がれている。歴史に残る名車とキュートなチョロQとの融合。
チョロQの概念を超えた部分とチョロQの範疇部分が不思議に溶け合う
「TAKARA」のチョロQ史上最後の名作となりそうです!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。