キットパスアートインストラクター養成講座(出張) | 猪突猛進

猪突猛進

広島在住CHOROの日常。
にがおえ・イラスト・旅その他。。。
           


テーマ:

 

8月末、キットパスアートインストラクター養成講座を行いました。

小さいお子さんたちがいるのでという事で出張での講座でした。

 

受けてくれたのは3人。

2人は姉妹で1人は友人。

みなさん同じ中学(高校?)だったそうです。そして私の家と実家が近かった^^

 

今回講座を受けようと思ったきっかけは

現在産休中のFさんが、友人のイベントの出店のお手伝いなどをする中で

キットパスを知り、実際に使ってもっとよく知りたいという事からだったそうです。

 

子供がおられる方は特に「安心・安全」に敏感です。

 

キットパスは口紅などに使われる成分が主原料となっているので

子供が間違って舐めたとしても体に害はありません。

匂いはほんのりと洗剤のような匂い(私にとっては)

舐めると舌に苦味を感じます(実際に試しました)。

 

小さいお子さんがおられる方は口に入れるかもしれないという不安があるので

そういった部分ではちょっと安心ですよね^^

 

講座ではキットパスについての知識をもちろん学びますが

キットパスを作っている「日本理化学工業」についても学びます。

 

日本理化学工業は学校で使う”チョーク”をメインに作っています。

ちょっと一般の会社と違うところは、その従業員の約70パーセントが知的障害者という事です。

最初から障害のある従業員がいたわけではありません。

 

講座の中で私はいつも彼らを雇うきっかけ、彼らから会社(大山会長)が教えられた事の話をします。

「働く幸せとは何か」

それを知る事で、会社だけでなく世界がもっと優しくなれるような気がするのです。

 

 

前半のテキスト授業が終わると実技の時間!

まずはキットパス専用ボードに色を出してもらって水彩体験。

そしてここからは子供たちにも手伝ってもらって”手形・足型”

赤ちゃんの場合は手形よりも足型の方が取りやすかったりします(ちょっと嫌がってますね^^;)

ちなみにおでこのティカのようなものはASOBodyでハートのハンコを押しました笑

ちっちゃくてかわいい型ができました♪

こちらは兄妹で。

お兄ちゃんの想像力に火がつくビックリマーク

夏らしくカニと魚。

そして2歳のお子さん。

なんでも自分でやる、自分で描きたくてしょうがない笑

Sさん子供の興味を別に移し、

可愛らしい母子象を完成させました。右下にはとうちゃんも笑

 

そしてみんな大好き窓に楽描き!

お兄ちゃんがやってると真似したくなるよね〜音譜

 

クリスマスにはツリーを描こうなど夢膨らんでいました爆  笑

 

 

3名のインストラクターさんの誕生です✨

 

みなさまありがとうございました〜!!

 

CHOROさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス