久しぶりに水槽ネタです。



私の海水水槽の照明はLEDを使っています。

LEDの利点は、

・省エネ

・発熱量が少ない

この2点です。

逆にデメリットは

・光量が少ない(多灯が必要)

・UV(紫外線)が出ない

でしょうか・・・。



光量が少ないと多灯しないといけませんが、

これは灯具を増やせばいいので解決できます。

しかしUVはどうしようもありません。



サンゴなどを飼育するとなると

紫外線が必要になります。

サンゴが育っていく際に必要となるカルシウム等を吸収する上で

紫外線が重要な役割を担っています。



しかしLEDはその波長の関係で紫外線が含まれていません。

そのため蛍光灯を1本入れているんですが、

最近の技術の進歩はスゴイですね。



紫外線の出るLEDが出ました。

それがこれです。


ちょんまるブログ


7発のLEDで9Wです。


なかなか良さそうです。

使ってみてスグに効果が出るものではないですが、

しばらく様子を見たいと思います。



LEDでも見た目には明るいのですが、

紫外線は見えないのでわかりにくいのですが、

やはり徐々にサンゴの調子も落ちているような気がします。


人生においてもそうですが、

やはり大切なものは目に見えないものですね。


とにかくこれからのLEDの技術革新に期待です。