こんばんはー。

 

本格的に、世界史と古典の対策を

開始した10月です!

 

しかしイキナリ事件発生

 

それはタイトルにもあるように

漢字が書けないことです。

 

 

センター試験の国語の漢字問題は

なんとなくの形で書ければ得点に

なりますので、労せず10点取ることが

できるのです。

 

しかし

2次試験となるとそうも行きません。

ちなみに、様々な予想があるようですが

東大国語120点満点中5(〜10)点は漢字です。

(1問1点の説と1問2点の説がある、おそらく前者)

 

とめ

はね

はらい

 

をしっかり書けるようになるべく

対策本を用意しました。

 

 

医学部受験の頃も

漢字検定2級を受験したり

対策はしていました。

 

しかし

10年以上の月日は甘くありません。

 

そして

よく考えれば

英語、国語、歴史

における解答作成にも

漢字必須です。

 

私は学部時代に、河合塾の

模試採点官のバイトをしていました。

 

その時もよく

ひらがな解答、漢字間違いを見つけては

 

おいよーい!

とか

稚拙な文ですね!

なんて

思ったりしていました。

 

今まさに自分がその状態です。

 

ある程度は想定して

半年間という時間を取っているので

これから漢字練習もして

詰めて行きます!!

 

以上です。

 

 

東大受験生ブログランキング

東大受験生ブログランキング

ブログ村受験ブログランキング

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

に参加しております。

よろしければ1日1クリックお願いします!

フォローしてね

フォローいいねもお待ちしております。