思い立ったが吉日。

40代女子、思い立ったらまずチャレンジ☆


テーマ:
今日は、
添い乳もメリーもベビービョルンもダメな日らしい。
いい加減泣いても放っておいたら、
真っ赤な顔で蝉みたいな泣き声に。( ̄◇ ̄;)

検診で、お医者さんに
引きつけるように泣くんですが、
どこまでなら泣かせていいのか聞いた

ホントに引きつけなければいいですよ
と言われますた。

その境目が分からんから聞いてるんだよ(-_-#)
蝉はまだ大丈夫みたいです(笑)

そんな本日。
寝たのは近所の散歩の時と、今泣き疲れて腹の上での2回。
外に出ると100%寝るんですが、それじゃ
何も出来んのよね(笑)。ああ、米研ぎたい…。

なんて言っても、寝たところで何もしてないんだけどさ。(笑)
寝てたら、一緒に寝ちゃいたいし…(^_^;)

だから、時間があってもすることと言えば
洗濯干す、畳む、ご飯食べる、簡単に
掃除機掛ける、食洗機の中片す、
ご飯炊く、以上!(笑)
おかずは今まで産褥サービスか、殆ど惣菜。ダメっすなあ。

でも、こういう日にブログ巡りしてると←止められない(笑)
みんなリズム作ってちゃんとやってるんだよなあ。
どうやってるの?

うちなんて機嫌良く起きてるのは30分とないし、
寝ない時は今日みたいに身動き取れないし。

ギャル曽根さんなんて若いのに
私がブルー真っ盛りくらいだった日にちで
ガシガシご飯作っとるし。
兄弟いる人なんて、私みたいなことは出来ないしね。ホント尊敬です。

一方、面倒くさがりでズボラな私がやってるのは
雨でなければ散歩する。以上!(笑)

これしか死守できてない(^_^;)
てか、死守しないと面倒で絶対出掛けなくなるから。自分と毎日戦ってます。

ただし、ほぼすっぴん。
部屋着にかろうじてジーンズ。
しかも、マタニティというね。(笑)
ムスコは、お風呂あがりしか着替えてないし(^_^;)
本読んだら、朝みんな着替えてるみたいでビツクリ( ̄◇ ̄;)しますた。

まずは、旦那と同じ時間に起きてシャワーを浴びて
自分の身なりを整える。そこからか…。

目標、低過ぎ(笑)

でも、3時か4時に授乳すると6時起きは眠いんだよねー。
寒いと布団から出られないんだよねー。

そんなこと言ってたら、保育園始まったら…(>_<)だからやるしかないか。

…来週からでいいかな(笑)

…と、ここまで書いても寝てる。
よし、布団に置いてみよう!
これ、毎回ロシアンルーレットのような賭けですよね。


iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日は、ベビービョルンで誤魔化せる日のようです。

日々好みが変わりやがります。

連休、旦那のススメで美容院に行ってきました。

準備する自分の姿が、あまりにやつれてカサカサで

だらしなくて旦那に嘆いたら。


「マタニティマークみたいに、

『先月出産しました』ステッカーかキーホルダーがあれば

『ああ、じゃあしょうがないね』ってみんな分かってくれるのにね(笑)」

と言われました。


相当酷かったようです…。(涙)


さて、間が空いてしまいましたが。
出産記録の続きを…。

10月10日 手術当日。


朝、シャワーを浴びた後最後の内診。
内診は、シフトの関係で?担当医ではなく院長先生でした。

「座ってるね。(笑)じゃあ、予定通り帝王切開で頑張りましょう」と。

続けて、担当する助産師さんからも挨拶。


病室に戻って、手術用の服と下着に着替えて

血栓防止のストッキングを着用。

検温、血圧測定、モニターの後、点滴と尿道に管を。

点滴は断続的に3パック位だったかな。

その後、手術担当の看護師さんから諸々の説明。

で、「手術中に流す曲をこの中から選べます」

と、場末のスナックのカラオケみたいに(笑)ワープロ打ちされた

曲名一覧を見せられる。

それはもう、クラシック、オルゴールから、平井堅にAKB48まで。(笑)

一番人気はディズニーのオルゴールとのことでしたが、

なんか気合入らなさそうだし、興味無いので却下(笑)。
かといって、クラシックは「白い巨塔」みたいだよね、と旦那と話し。


実は、マッキー好きで知り合った我ら。

ここはひとつ、ネタでマッキーにしとくか!と、

槇原敬之を選択。(笑)←何のレポートや


看護師さんが、「マニアックなのしかないかも」と言っていて

むしろ大歓迎だったんだけど、いざ行ってみたら初期のベスト。

準備中には「MILK」、手術開始時に「僕の彼女はウェイトレス」

(え?知らんがな?まあ、興味あれば聞いてみてください(笑))

で、はい!元気な男の子ですよ!の時に「SPY」

「今僕を笑うやつはきーっとけーがをすぅるー♪」ちゅうね。

感想として、マッキーは自然分娩も帝王切開も向かない気がします。

クイーンとかがいいかもね。(笑)こんな情報要らない?

あいすいません。

さて、肝心の帝王切開手術は。

点滴棒を引っ張って、看護師さん、助産師さん、旦那と連れだって

オペ室前まで移動。旦那はここで待機。

ここら辺から、恐怖のあまり記憶が曖昧なんですが

(え!イチバン肝心なのに(笑))


手術台に上がって、血圧計と酸素マスクを付ける。

で、背中に麻酔を2か所。

これ、前評判というかネットで「めちゃくちゃ痛い」と言う人も

結構いたのだけど、ワタシは大丈夫でした。

長い治療の採血や筋肉注射で慣れてたのかも?(笑)

それより注射を打つために背中を丸める方がしんどかったです。


つーか、この辺りからどんどん怖くなって息は浅くなるし

テンパリ気味。

肝心の麻酔も部分麻酔で痛みはないけど、感覚はあるって

奴なんで。

「これ冷たい?」と腕を触って聞かれて「はい」

「じゃあ、ここは?」と腹を触って聞かれても「分かりません」

て感じで、「じゃあ効いてるね」と言われても、

「ほんとかよーーーー!」って感じで。
恐怖のあまり、血圧はガンガン低くなり…。

先生が、「じゃ、よろしくねー。頑張りましょう」と言った時には

さらに急降下で「60、22です。○○1cc入れます」とか

なんか投入されるほど。

我ながら本気で「やばいんじゃないかーー?」と心で絶叫しますた。


自然分娩でもないのに、枕元で助産師さんに手を握ってもらって

「大丈夫大丈夫。ゆっくり息して」と、呼吸の指導までされる有様。


情けない42歳と2日。

そんな中、先生は看護師さんと談笑しながら手術を進め

「もうすぐですよー。お尻見えてきましたよー」と。

お、お尻から出るんだ!と、変なとこだけ鮮明に覚えてます。


ほどなくして、お腹のとこに立てられたついたて?の向こうから

「はい、元気な男の子ですよ!おめでとうございます!!」と、

白くてほわほわの息子を見せられる。


ちらっと見ただけで、息子は計測や処置で外へ。

で、外で待機の旦那が先に抱くっつーね。

何とも解せない流れでしたが(笑)説明で聞いていたので許す!

ワタシは、と言えば

「お疲れ様。じゃ、処置に入りますからね。麻酔足して眠りましょうね」

と、言われる。

ああ、これもネットで見た。気づいたら病室なんだよね。

と、少し安心するも全然眠くならない。


怖くなって「全然眠くならないんですけど!!」と

助産師さんに訴えるも「うんうん、大丈夫。寝なくていいよ」


いや、寝たいんですけど!怖いんですけど!

と、心で叫んでいたらバチバチバチっと

どんだけ連打するんだよーー!てくらいの

ホチキスで留める音が。

「終わりますよ」って時に、院長先生もやってきて

「大丈夫だった?」と笑われる。

ついでに計測なんかが終わった息子がタオルにくるまれて

やってくる。

大きいけど、小さくて、小さいけど大きくて。

予想以上に温かい手を触って。


ああ、ホントにお腹に入ってたんだ。

お腹に入ってたのはこの子だったんだという、

何とも言えない不思議な気持ちになる。

やっと生まれたという気持ちと、妊婦さんじゃなくなったのか

という気持ちと。ともかく色んな感情が絡まった感じで

ストレッチャーに乗って病室へ…。


つづく。(長くなってすんません)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
絶賛、腹じゃないと寝ない祭りです。
本日は、かれこれ5時間近く座って抱っこ。尻が痛い!(笑)
抱っこ紐、外出なら効果絶大なんだけどなあ。

ああ、そして今日も日が暮れてゆきます。
黄昏時が苦手になりました。

誰とも話さない、数日散歩も始めたけど
ネットで縦抱きはダメとか、2ヶ月までは外気浴だけとか見てから
不安になって、寒いし車もないから外にも出ない。

そうやって不安なこと、分からないことを
よせばいいのに、と思いながらも
片手でネットで調べて、余計に迷宮に迷い込む。

で、何もしないまま陽が傾いてゆく。

ああ、今日も何も出来なかった。
何もしてないのに、疲れてるし眠くなり
授乳すら面倒に思う自分が情けなくなる。
抱っこ片手で、FBやブログ、ニュースを読んだりして
自分の弱さと取り残され感を痛感する。

そんなことがぎゅっと詰まって押し寄せるのが、黄昏時。
意味もなく泣けてくる。

保健師さんも、産褥サービスの人も
産院でも、
遠慮せずに何でも相談するように
と、言ってくれたけど。
元々、そういうのが苦手な上に
産院で、明らかに忙しそうな対応をされてから
二の足を踏んでしまう。

こんなことくらいで、と思ってしまう。
そもそも、切羽詰まってるんじゃなくて
誰かと話をしたいだけなのかも、と思うと余計ね。(笑)

こんなに家にいるのも、誰にも会わないのも
生まれて初めてだからなあ。
自分勝手と思っても、やはり仕事しないとダメだ。

でもちゃんと、復帰できるかな。
いかんいかん、今日は閉塞感たっぷりで
マイナス思考にしかならん。
すいません。

大丈夫、明日はきっと大丈夫。

iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

義妹に借りたベビービョルンの縦抱き抱っこひも、最強です!

ワタシは寝られないけれど、出来る作業に制限はあるけれど

まあ、妊娠中のデカ腹だと思えば、ね。


最強、と書いてもきっとまた数日後には

効かない日もあるでしょう。


でも、徐々に徐々に。

ようやく生協に申し込み。コープデリにしました。

産褥サービスも来週でおしまいにする予定。


さて、両手が使える技を習得した隙に

忘れないように出産のことを書いておこう。

育児日記書いてないからね(笑)

これは、ワタシの防備録でもあるけれど。

出産前、怖くて検索しまくったワタシのような人がいるかもしれないので

何かのお役に立てば、というのも若干。

まあ、立たないか(笑)

検索しまくった流れとは、恐怖も痛みも違ったのでね。

うん。あてにはならないけれど、一例です。

10月9日、入院予定日。


9時 大荷物を持って病院へ。

入院前診察もあえなく体育座り。

先生も苦笑で、「じゃ、予定通り入院準備だけしようか」

「先生、明日の朝ひっくり返ってたら…」

「退院ですよ^^)」

・・・・マジか!

9時半 病棟に移動して、日程の説明を受けた後剃毛。

あれ、途中までなのね(笑)

担当の看護師さんが、先月まで手術担当だったらしく

色々丁寧に教えてくれる。

ともかく怖い、という話をしたら。


・痛みには耐えなくていいから、痛かったら直ぐ痛み止めをもらうこと

・出産(手術)当日は、早めに痛み止めの座薬を入れてもらうこと


を繰り返し教えてくれる。

その後、モニターをつけるも私が緊張しすぎたのか

赤さんが動き過ぎデータが取れず、夕方にやり直し(笑)

昼食、夕食は普通食。

湯船につかっていいというので、産前最後の入浴をゆっくり。

21時から絶食、0時から絶飲。

最後に食べたのは、妊娠中ガリガリくんの次にはまった

パルムの抹茶味アイス(笑)


22時消灯・・・が、

落ち着かず、全然眠れず朝を迎える。


続く。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

息子が、布団に置くと寝る祭り開催中です(ノ_-。)
前回、寝つきが良くなったなんて書いた途端
泣き続ける神が降臨しますた。

そう簡単にはいかないですね。ははは。

週末、所用で上京したお義母さんが
来たんですが、一切泣かなかったんです。

以来、息子のことは
外面良男と呼んでます( ̄ー ̄)

関係ないですが、義実家の孫フィーバーが
予想以上で、既に旦那と辟易しています。
恐るべし、孫パワー。
それはまた、書きます…。

あ、こんばんは。まいちん。です。
話が逸れましたが、本日は1ヶ月検診でした。

昨日も泣き叫ぶ1日だったので、
準備がすこぶる不安でした。

予約時間厳守、は当たり前として
検診1~2時間前の授乳は避けるように、と。

加えて、自分の準備と昼ごはん、

出る直前にオムツ替えて、ミルクの準備。
(ぺろたんさんにご教授頂いた方法で熱々を
ペットボトルホルダーで保温)
できるかいなー!でした。

案の定、授乳時間が狂って
検診まで持ちそうになかったので、
2時間しか空いてなかったけど、少量のミルクを投入。

息子は初めての、ワタシは出産前日以来の電車で出発。
病院に着いた時点で、どっと疲れました。

で、待合室に入ったら…

一人で来てるのワタシだけですたーーー\(゜□゜)/
みんな、旦那さんかお母さん、ダブルの人もいました。


確かにね、抱っこひもに上着を外したら荷物大量になるし

子供と荷物持ってあっちこっち動けまへんわ。

それでも、看護師さんが助けてくれたので何とかクリア。

息子は、身長2cm、体重1kgちょい(汗)増量。

でもまあまだグラフ内だし、諸々問題なしでよかった。

あれもこれも聞こうと思いつつ、帰る途中で

色々思い出すのは、ワタシの癖ですが(笑)


◆モロー反射は、ないほうが不味いので

 自打球的に夢の世界から帰ってくるのは仕方ない

◆授乳間隔(ミルク)は、3時間空けないとダメだけど

 夜とか寝てるなら、4~5時間空いても問題ない

◆泣き叫んでも、本当に痙攣しなければ問題ない

…てか、痙攣したらどうすれば(汗)

◆鼻詰まりでも、基本赤ちゃんは鼻呼吸なので

 ミルクがちゃんと飲めてれば問題ない

 息が痰が絡んだようになるのもよくあること


というのだけ、とりあえず確認しました。

本日より、大人風呂も許可出ました。

ワタシの方は、傷も問題ないのでこれまた湯船解禁。

服帯もようやく外しましたが、服の縫い目とかに当たると

まだ結構痛いっす。

で、骨盤ベルトを巻くように言われました。


トコちゃんベルトを借りていたので、付け方を教わりました。

恐ろしく下に付けるのですなあ。

そして、トイレの度とかに外すのですなあ。


と、ここで息子ギャン泣き。

ペットボトルホルダーに入れたミルク、適温!

素晴らしすぎるー。

イレギュラーに授乳したので、半分くらい飲んでくたっと寝てくれました。

都合、4時間近くの外出。

疲れたけど、娑婆の空気はいいなあ。
物凄い気分転換になります。

今週から、ぐっと寒くなるみたいだけど。

徐々に外気に慣れて行こう。息子も、ワタシも。

ああ、1つ関門クリア。

次は予防接種だ…。


iPhoneからの投稿

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先月の今日、今頃。

ワタシは熱を出していた。


旦那はそれを横目に病院の夕飯をガッついて

「美味い、美味い」と言っていた…。


看護師さんが

「熱、出てきましたね。お腹切ってるからねー」

と、サラっと言っていた。


どうりで汗が出るわけだ。

手を動かして自分でも拭いたけど、時間が経つにつれ

体が動かなくなり、旦那に頼んだら

二人羽織のように、めちゃくちゃに顔を拭かれた…。

看護師さんが枕元で家族3人の写真を撮ってくれたけど

全然実感が沸かなかった。


先月の今日の夜は、長い長い夜だった。

そして、この1カ月も長い長い1ヶ月だった。

生まれてようやく1ヶ月、やっと1ヶ月。

色んな意味で嬉しい。

【1ヶ月の防備録】

育児日記も付けてないのでね(笑)

ここ2日で、状況が急激に変わってきたように思う。


☆ムスコ

◆授乳は1日6~7回

 ミルクを120ml/回と書いたけれど、母乳の量が増えたのか

 ここ数回、残す。

 そしてげっぷが下手になってきたのは、なぜ?(悩)

◆夜、起こさないと平気で4時間以上寝るので、ワタシの気が緩みがち(汗)

 昼の寝付きも悪くない。(まあ、これはたまたまかも(笑))


◆うんちは、1日に1~2回。出ない日はない。


◆雑誌の付録を目の前にかざしたら、目で追うようになってきた。

 授乳時も目が合うことがたまに。(笑)


◆風呂に入るまではギャン泣きだけど、つかるのは好きみたいだ。

 お腹を洗われるのが嫌い。背中を洗うときは固まる。(私が下手なのだ)

◆鼻の調子がようやくよくなってきた(嬉涙)

 鼻掃除、耳掃除は大嫌いな様子。


◆モロー反射がひどく、お雛巻き(タオルでぐるぐる巻き)にしないと

 自打球状態で起きる…(涙)


☆ワタシ

◆多少のギャン泣きにはビビったり

 途方に暮れたりしなくなった。(笑)←進歩はこれだけ。


◆ビーチクは、まだ流血するし常にひりひりしてるけど

 保護器付けてた時より全然まし。怖いけど、徐々に慣れてきた。


◆傷はたまに痛いが、毎日の痛みではなくなってきた。

 痛みの種類は日によって違う。

◆願望としては、トイレとお風呂にゆっくり入りたい。

 ご飯をゆっくり食べたい。(笑)


☆課題と悩み事

◆育児本は1冊買ったけど、家庭の医学子供版的なのを買うか悩む。


◆食材の産地は、どこまで避けるべきか悩む。

 予算の都合で、コープデリかパルシステムを頼もうと思うが悩む。


◆冬の服を購入したいが、室内外どちらもよくわからない。

 スリーパー、ママコートくらいでどうにかなるんだろうか…。

 素材はフリース避けた方がいいんだろうか。


◆お出かけグッズを購入したいが、必要なのは

 お尻関係(笑)は、オムツシート、オムツ、オムツ入れ、おしりふきで大丈夫だろうか?

 ミルク関係は、保温水筒、湯ざまし、哺乳瓶、ミルク

 後は着替えとガーゼハンカチって感じでいいんだろうか?


◆そろそろ床上げに入ろうと思う。

 ただ、保健師さんや周りからは「帝王切開は2カ月は安静に」と言われているので

 匙加減に悩む。

 

そんな1ヶ月。
(巻いてもしばらくするとこの通り、脱皮します…)
思い立ったが吉日。-1

今思うのは、ようやく思えてきているのは

本当にありがとう、

無事にそして我が家に生まれてくれて

本当にありがとう、ということ。

また1ヶ月、頑張ろう。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんちは。

本日、旦那が時間休を取ってくれたので

出産後、初めて外出をしてみました。

ドキドキしました(笑)

歩いて3分のスーパーまで。

膝ががくがくしました…愕然( ̄□ ̄;)!!

30分くらいだったのに、無茶苦茶疲れました。

週末もリハビリしないと、来週の1ヶ月検診がやばい。

休むのと、徐々に体を動かすことのバランスが難しいです。
そんな本日、息子が直に乳に食らいつきました。


感無量。

出産からの乳事情を忘れないように書いておこう。

(その前に出産のこと書きたいのだけど…)

【10月13日~2日】
帝王切開のため、授乳指導は出産後3日目から。

不思議なもので、ちゃんと乳は張ってきていて驚く。

しかしながら、前に書いたようにビーチク問題のため

保護器着用。
(使っていたのは、メデラのニップルシールド)

http://www.medela.com/JP/ja/breastfeeding/products/breast-care/breast-nipple-problems.html

これ、ぺらっぺらなのだけどきちんと密着できないので

抱っこしながらだとよく落ちる。

しかも、中が真空になるのでメチャクチャ痛い!

入院中、ビーチク部分に血が溜まるほど流血…。

痛みと怖さ急上昇。

その上、授乳前後に量る体重は0gとか2gくらいしか増えておらず

気持ちも萎える。


流血後は、搾乳&ミルクに逃げがちに。

【10月20日~25日】
退院後、里帰りした実家は里帰りと言えないような状況。

最早、自分の部屋だった場所は父ちゃんに占領され

リビングで寝る、そして昼間は父ちゃんの部屋へ移動。
古い戸建なので、間取りが超不便。

授乳の度、台所でミルクを作りリビングに移動して

保護器を装着し、形ばかりの授乳後、ミルクを飲ませ。

寝かせたら、煮沸と搾乳。


しかしながら、そうスムーズにいくわけもなく

寝かしつけが終わって、煮沸したらもう2時間近く経ってることもあり

眠気に勝てず、搾乳をしなかったりもしばしば。


で、早々に乳腫れる。
で、早々に病院に行ってマッサージしてもらう。

【10月25日~31日】
そんな日々に参り、早々に実家から退散。

という日に、保健師さんから電話。
訪問日の調整だったのだけど、タイミングのよさに

30分ほど話を聞いてもらう。(涙)

乳の話もしたら、もう一度マッサージをしてもらうことを勧められる。

近所の訪問専門母乳指導の方を紹介してもらい

自宅に戻った翌日に、再びマッサージ。

しかし、母乳の素晴らしさを力説され凹む。

仕事復帰後の話もされるけれど、

自分の母乳スタンスが決められない。

ミルクにすることは自分本位に思えるが、

母乳メインの自信がどうしても湧かない。保護器への拒絶感も最大に。

ミルクの量もガッツリ増えてしまい、そこまであげていいか

検索しまくったり、退院→実家→自宅と環境の変化からか

息子の機嫌も悪く、風邪もひかせ、色々考えすぎて

最高に凹んだ週末を迎える。

週が明けて、保健師さんの訪問。

乳について、

「母乳は、添い乳程度でいけばいいし、

もう少し大きくなれば、ちゃんと直に吸ってくれるから

保護器はもう使わなくていい」

と言われ、かなり気分が楽になる。

乳の状態をみて、保健師さんにもう一度マッサージを勧められる。

近所の桶谷を聞いてみたら

「桶谷こそ、母乳推奨なので今のまいちんさんには勧めない」

と言われ、前回の人に再びお願いをする。

【11月】
再びのマッサージ。
量が前回より出始めている、と言われる。

前回言えなかった母乳のスタンスを伝えたら、理解してくれて

添い乳のやり方も教えてもらう。

基本、ミルクをあげた後に

まだ欲しがるそぶりを見せたら、直に吸わせてみるという

方法を勧められる。

直に吸わせる間隔が空き過ぎたら、搾乳(飲ませない)という指導。

ウソみたいに気持ちが軽くなる。


でも、やっぱり怖いは怖い。

吸わせ方の指導も受けたけれど、

「お母さん!逃げてる逃げてる!」と笑われる。

怖いながらも、気持ちが前向きになれたこともあり

直にチャレンジの日々。


やはり、痛いは痛い。

そして、需要>供給の状態らしく、

ビーチクも痛いが、飲ませた後に乳がチリチリと痛む。

そんな今日この頃だけれど、

なんとなく、気持ちとスタンスが定まってきています。

軌道に乗るまで、何とか頑張ろう。

現在のミルク量120ml/回。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。




前回の記事に温かいコメント、メールまで。


沢山ありがとうございました。


本当に救われました。゚(T^T)゚。


先輩たちの言葉には、やはり説得力があります。




それと同時に、ああやっぱりみんな頑張ってるんだなあ


とも、思いました。


乳が流血しても、高熱出しても、泣きやまなくても


みんな頑張ってきたんだなあ、と。



里帰りで、精神的にヤラれ(笑)。


風邪をひかせて凹み、泣きやまずに途方にくれ


一晩中寝ずに困憊し、母乳に関して自分のスタンスを決められず


自分で自分を追い込み、ブルーが押し寄せましたが。




週明け、民間のサービスに依頼して料理を作ってもらい、


乳をマッサージしに来てもらい、保健師さんの訪問があり、


晴天に恵まれ、かなり浮上してきました。




中でも、保健師さん(助産師資格あり)は神でした。


約3時間近く、丁寧にゆっくり話を聞いてくれて


(1ヶ月検診の持ち物と服装まで確認した^^;))


息子の体を細かくチェックしてくれて、「大丈夫」と言ってもらうことが


こんなに救われるとは・・・。


鼻水は、呼吸を見て「病院いかないで様子見ていいよ」と。


チェックする間、息子を泣かせっぱなしにして


「これくらい泣いて大丈夫って見本だから(笑)


これだけ泣けるのは、肺もしっかりしてるってことなのよ」と。



母乳のことは、


「頑張ってるよ。物凄く頑張ってるからね、搾乳でいいじゃない。


母乳メインじゃなくて、仕事復帰まで添い乳できるくらいで続ければいいよ。


保護器なくてもね、もうちょっと大きくなれば吸えるから。


ミルクもこのままの状態でいいよ」


と言ってもらえて、ようやく安心できました。




3600gで生まれ、退院時は3582g、そして今週4280g。


曲線でいったら、上限をぎりぎり移行してるけど


「大丈夫よ」と。




そして天気。


一人の時は、天気で気持ちは左右されることを痛感。


その気持ちで傷の痛み具合も違うことを痛感。


そして、傷が痛いと気持ちも沈むスパイラル。


傷は、切ったところじゃなく周りが引きつてしびれる感じ。


昼より夜、晴れより曇り、が痛い。


泣き続けられると、響く。




民間サービスで来てくれた人も帝王切開だったらしく、


「30年たってもたまに疼くから、無理しないでね」と。


笑顔で脅されました。



その人は、子育てしながら定年まで仕事を続けた人で、


「絶対仕事辞めちゃだめよ」と言い。


そして何とその時代に不妊治療をしていた人で、何というか


ご縁を感じました。




何よりの薬は、


色んな人の「大丈夫」という言葉と、


話を聞いてもらうことだと分かった今週でした。




本当にありがとうでした!


泣いたり、困ったり、凹みながら少しずつ頑張ります。




これから沐浴です。


気持ちが少し浮上したのが伝わったのか、


昨日からよく寝る人になった息子。




起こさねば…。





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング アラフォー女子ジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。