身につけたい7つの習慣 | 選択理論マニアのためのトリセツ

選択理論マニアのためのトリセツ

心理カウンセラー渡辺奈都子が選択理論に関するマニアックな気付きを書いているブログです。

こんにちは。
選択理論マニアの会 代表のnatsukoです。


外的コントロールをやめて
あたたかい人間関係を築くためにはどうすれば良いか?


 
グラッサー博士は、日常的に行える代表的な行動習慣として
次の7つを挙げています。


これを【身につけたい7つの習慣】と呼んでいます。
 「関係を回復(維持)する7つの習慣」と呼ぶこともあります。


【身につけたい習慣】は以下の通り。

うんうん耳を傾ける
…所謂「傾聴」ですが、これがホントに重要☆
人は自分の話を否定しないで聴いてくれる人が好きです♪
 

ガンバ励ます
…アドラー流に言えば「勇気づける」ということになりますね。
私はあなたのことをどんな風に思って応援しているか…が重要です。


niko*尊敬する
…そもそも尊敬している人には、外的コントロールは使わないですよね?
この感覚は、外的コントロールを手放すためにはとても大切。


OK受け入れる
…「あきらめる」とか「すべてOKする」とかいった意味ではなく、
相手をコントロールしようとしないこと、違いを認める(理解する)ことです。


オネガイ違いを交渉する
…グラッサーのニュアンスからは、交渉よりも「調整」とか「歩み寄り」の方が
適切なのかもしれません。受け入れることがあってこそ、違いを交渉できるんですね。


キラにこ信頼する
…一番の信頼は・・・「待つ」ということでしょう。
相手に対して何も出来ない!と感じるときも、出来ることはあるようです。


ニコニコ支援する
…“相手が支援してほしいとき”に“相手が支援してほしい形”ですることが大切です。
その逆をする人を・・・・おせっかいと呼ぶんですね。



↓

で、これらも頭文字をとって

みみはとうとく うちはしんし(耳は尊く内は紳士)」

と覚えます。
(これもどなたかが考えて下さった語呂合わせです。助かります^^)




さてさて、これらを眺めて、お気付きになったことがあるでしょうか?

もう一度、前出の致命的な7つの習慣と比べてみていただくと、
選択理論の本質が見えてくる・・・はず・・・?イヒヒ


(つづく)