致命的な7つの習慣 | 選択理論マニアのためのトリセツ

選択理論マニアのためのトリセツ

心理カウンセラー渡辺奈都子が選択理論に関するマニアックな気付きを書いているブログです。

こんばんは。
選択理論マニアの会 代表のnatsukoです。

グラッサー博士は、外的コントロールの習慣、すなわち

「私は人をコントロールすることが出来る」

という考えに基づいた、日常的な関わり方として
代表的な7つを挙げています。

これを選択理論の学習の中では、致命的な7つの習慣と呼びます。


【致命的な7つの習慣】は以下の通り。

怒りマーク文句を言う・・・ex.「うるさい!」「不味い!」比呂

カチン脅す・・・ex.「○○しないと××するからね!」怒り*

怒る責める・・・ex.「あなたのせいよ!」「どうして○○しなかったの!?」照れ

カチン罰を与える・・・ex.晩ご飯抜き、小遣いダウン、「廊下に立ってなさい!」ムチ!

怒る批判する・・・ex.「そんなんじゃダメだ」「だから言ったでしょ!」sss

カチン褒美で釣る・・・ex.「××できたら、○○買ってあげるよ」sei馬

怒るガミガミ言う・・・ex.同じことを繰り返し、繰り返し・・・コラー!

↓

で、これらの頭文字をとって

もんおせばひほうが(門おせば悲報が)」

と覚えます。
(これは以前、立正大学の学生さんが考えてくれた語呂合わせです)



以前、ある講演会で、この7つを説明したら
中学生の息子さんを持つお父様がポツリと・・・・

「これをやめたら、することがありませんトボトボ

とおっしゃっていました。

勇気あるご発言、感謝ですにこ


「相手をコントロールすることはできない」

・・・・多くの人が「そんなことは分かっている!」と言います。


にもかかわらずこのような習慣を身につけているということは、

それくらい、私たちは日常の中で、知らず知らずのうちに、
(特に、自分に近しい間柄において

「私は相手はコントロールできるはずだ」

とどこかで錯覚して接しているということです。



グラッサー博士は、まずは日常的な関わりとして、
この致命的な7つの習慣を
身につけたい7つの習慣 に置き換えることを勧めています。


(つづく)