❄Choice弁護士事務所の韓国法律のススメ❄
韓国の法律に関するご相談は、お気軽にご連絡ください!

❄Choice Law Office❄

🏠: 韓国/ ソウル特別市 鍾路区 セムンアン路 92 光化門 オピシアビル 1511号

Korea,​ Seoul, Jongro-gu, Saemunan-ro 92, Kwanghwamun Officia Bldg.#1511

📞: +82-2-6405-9818(韓国国内)/ 050-5578-5507(日本国内) 

📧: info@choice-law.com
  • 14Aug
    • [韓国]北朝鮮に居住している住民の相続回復請求権の除斥期間

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『北朝鮮に居住している住民の相続回復請求権の除斥期間』です。 質問: 北朝鮮に居住して2006.12.31.死亡した亡人Aの娘である甲が2009年ごろ韓国に入国して'亡人の母と兄弟姉妹たちが1961年亡人の父親の死亡当時、亡人を除いたまま相続財産に対して所有権移転登記を終えることにより、亡人の相続権を侵害した'と主張しながら、2011年ごろ亡人Aの共同相続人たちを相手に相続回復請求の訴を提起したところ、この事件の訴の提起が適法でしょうか。 返事: 事案の場合、北朝鮮住民の相続回復請求権について規定した"南北住民の間の家族関係と相続などに関する特例法"(以下'南北家族特例法')第11条第1項の解釈と関連して、民法第999条第2項で定めた"相続権の侵害行為があった日から10年"が経過した場合、北朝鮮住民が相続回復請求権を行使できるかが問題になります。これと関連して最高裁判所は"相続回復請求に関する除斥期間の趣旨、南北家族特例法の立法目的及び関連規定の内容、家族関係と財産的法律関係の違い、法律解釈の限界や立法的処理の必要性などの様々な事情を総合してみると、南北家族特例法第11条第1項は、被相続人である韓国住民から相続を受けなかった北朝鮮住民の相続回復請求に関する法律関係についても民法第999条第2項の除斥期間が適用されることを前提にした規定とし、したがって、韓国住民と同じく北朝鮮住民の場合にも他の特別な事情がない限り、相続権が侵害された日から10年が経過すると、民法第999条第2項に従って相続回復請求権が消滅すると解釈される(最高裁2016. 10.19.判決2014ダ46648の判決)。"と判示したことがあります。したがって、北朝鮮住民の相続回復請求権においても民法第999条第2項が適用されるという判例の態度によると、この事件の訴は亡人の相続権が侵害されたときから10年が経過した後、提起されたので、不適法します。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 12Aug
    • [韓国]共同相続人の建物撤去の義務

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『共同相続人の建物撤去の義務』です。 質問: Aの土地の上にBが無断でX建物を建築し、その後交通事故によりBが死亡し、相続人で甲、乙、丙がある状況です。この場合、Aは甲を相手にX建物全体を撤去することを目的とする訴訟を提起することができるのでしょうか。 返事: 事案の場合、共同相続人の建物撤去の義務の法的性質が問題となります。これに関して最高裁判所は"共同相続人たちの建物撤去の義務は、その性質上、不可分債務といい、それぞれその持分の限度内で建物全体に対する撤去義務を負うことである(最高裁1980.06.24.宣告80ダ756の判決)。"と判示し、その法的性質は不可分債務のことで、その具体的な訴訟は必ず必須的な共同訴訟とする必要はないという立場です。したがって、Aは甲を相手にその持分の限度内で建物全体を撤去することを請求できます。ただし、撤去義務の執行をするためには共同相続人全員に対する執行権原を得なければならないので、この点をご留意ください。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 09Aug
    • [韓国]韓国での相続回復請求の管轄

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『韓国での相続回復請求の管轄』です。 質問: 相続回復請求の訴を提起しようと思います。民事裁判所と家庭裁判所の中で、どの裁判所に訴を提起しなければならないのですか。 返事: 相続回復請求は終戦に家庭裁判所の審判事件だったが、1990年家事訴訟法の制定で家庭裁判所の管轄事項から除外されました(家事訴訟法第2条参照)。したがって、現在、相続回復請求の訴を提起する場合、これは家事事件ではなく、民事事件であるため、家庭裁判所ではなく民事裁判所に訴を提起しなければなりません。ただし、相続財産分割後に認知など裁判の確定により、共同相続人になった者の価額支払い請求権について、最高裁は相続回復請求の性質を持つと考えるが(最高裁1993.8.24.宣告93ダ12判決)、これは家事事件と規定されており、(家事訴訟規則第2条第1項第2号)家庭裁判所の管轄になります。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 07Aug
    • [韓国]罰金と相続

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『罰金と相続』です。 質問: Aは飲酒運転で300万ウォンの罰金刑を宣告を受けました。ところで、その後、心臓麻痺のため死亡しましたが、まだ罰金を払っていない状況です。この場合、Aの相続人である甲にその罰金が相続されるのでしょうか。 返事: 事案の場合、罰金や科料、没収や追徴金納付義務などが相続されるかが問題となります。 これに関して罰金や科料、没収と追徴などは、財産的な刑罰の一種であり、受刑者の一身に限り相続がならないとの見解と相続を肯定する見解が対立し、刑事訴訟法第478条は"没収または租税、転売その他の功過に関する法令により裁判した罰金又は追徴はその裁判を受けた者が裁判確定後に死亡した場合には、その相続財産に対して執行することができる。"と規定しています。したがって、未納の罰金などがある場合、相続財産に対する執行は適法に行われます。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 06Aug
    • [韓国]離婚による慰謝料請求権も相続が可能なのか

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『離婚による慰謝料請求権も相続が可能なのか』です。 質問: 甲女は3年前乙と結婚したが、乙の不正行為により、婚姻が破綻に至るようになりました。これに甲は乙を相手に離婚と慰謝料支払請求訴訟を提起して'お互いに離婚して乙は甲に慰謝料5,000万ウォンを支給しなさい。'と確定判決を受けました。しかし、甲は慰謝料の支払いを受けられず、心臓麻痺で死亡しましたが、この場合は甲のさとの父母が慰謝料請求権を相続してもらえますか。 返事: "民法"第806条第3項は"精神上苦痛に対する賠償請求権は譲渡又は承継しない。しかし、当事者間にすでにその賠償に関する契約が成立されたり、訴を提起した後には、この限りでない。"と規定して、婚約の解除による慰謝料は原則的に譲渡・承継にならないことを明示しており、この規定を裁判上の離婚、婚姻の無効・取り消し、養子縁組の無効・取り消し、離縁を原因とした慰謝料に関して準用しています(同法第825条、第843条、第897条、第908条)。これに関して判例は"離婚慰謝料請求権は相手の配偶者の有責・不法行為により婚姻関係が破綻状態に達し、離婚することになった場合、それによって受けた精神的な苦痛を慰藉(慰藉)のための損害賠償請求権として離婚時点で確定・評価されて離婚により初めて創設されることではなく、離婚慰謝料請求権の譲渡ないし継承の可能可否に関して民法第806条第3項は婚約の解除による損害賠償請求権に関して精神上の苦痛に対する損害賠償請求権は譲渡又は承継できないが、当事者間の賠償に関する契約が成立されたり、訴を提起した後にはそうしないと規定して民法第843条が上記の規定を裁判上の離婚の場合に準用しているので離婚慰謝料請求権は原則的に一身専属的権利として譲渡や相続など、継承にならないが、これは ' 行使上の一身専属権で ' ' 帰属上の一身専属権ではなく ' することだが、その請求権者が慰謝料の支給を求める訴訟を提起したことで、請求権を行使する意思が外部的客観的に明らかになった以上、譲渡や相続など、継承が可能である。"としました(最高裁1993.5.27.宣告92ム143の判決)。したがって、上記の事案の場合、甲は慰謝料5,000万ウォンに関する確定判決文をもらった状態で死亡したので、甲のさとの父母は上記の慰謝料請求債権を相続することができるといい、これに承継執行文を与えられ、乙部の財産に対し、強制執行をできるのです。ちなみに一般不法行為によって死亡した場合の慰謝料請求権について判例は"精神的損害に対する賠償(慰謝料)請求権は、被害者がこれを放棄したり、免除したとみられる特別な事情がない限り、生前に請求の意思を表示する必要なしに原則的に相続することである。"といい(最高裁1966.10.18.宣告66ダ1335の判決)家族便宜の慰謝料請求権とは違って相続されることが原則であることを確認しているだけではなく、民法は"他人の生命を侵害した者は被害者の直系卑属、直系尊属および配偶者については財産上の損害がない場合にも損害賠償の責任がある。"と規定して(民法第752条)、生命侵害がある場合には、被害者や一定の身分関係があるという者もそれぞれ固有の慰謝料を加害者に請求できることを明らかにしています。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 05Aug
    • [韓国]胎児にも財産の相続ができるのか

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『胎児にも財産の相続ができるのか』です。 質問: 私はこの前同居する甲(男)と自動車に乗っていた時、反対車線で乙のミスで交通事故に遭って甲は死亡し、私は少し怪我をしました。事故の当時に私は妊娠中だったが甲の両親と話し合って妊娠中絶手術を行いました。胎児の場合にも相続権があるそうですが、甲の財産と上記の事故による損害賠償請求権は誰が相続されるのでしょうか。 返事: "民法"第1000条第3項及び第762条によると'胎児は相続の順位と損害賠償請求権に関してはすでに生まれたとみなす'と規定しています。しかし、胎児の財産相続権と不法行為に対する損害賠償請求権は胎児が生きて生まれることを前提に認められることであり、もし胎児が母体と一緒に死亡したり、または母体内で死亡するなど生まれる前に死亡した場合、財産相続権と不法行為に対する損害賠償請求権は認められないのです。関連判例を見れば、"胎児も損害賠償請求権に関してはすでに生まれたと見なすところ、父が交通事故で傷害を受ける当時、胎児が生まれていなかったとしても、その後に生まれていた以上、父の負傷によって受ける精神的な苦痛に対する慰謝料を請求することができる。"としたが(最高裁1993.4.27.宣告93ダ4663の判決)、"胎児が特定の権利において既に生まれたものと見なすというのは生きて生まれた時に出生時期が問題の事件の時期まで遡及してその時に胎児が生まれたのと同じに法律上に見なすと解釈しなければいけないので、彼が母体と一緒に死亡して出生の機会を持つことができなかった以上、賠償請求権を論ずる余地がない。"としました。(最高裁1976.9.14.宣告76ダ1365の判決)。したがって、貴下が胎児である状態で妊娠中絶手術を受けた場合、胎児は相続順位にも相続人になれないのであり、もちろん不法行為に対する損害賠償請求権も発生しません。また、貴下は甲と婚姻届を出していない状態のため、甲の相続人になりません。つまり、甲の死亡当時の財産と上記の事故による乙に対する損害賠償請求権は甲の親が相続するようになります。ただし、貴下も交通事故に遭ったので、それによって負った治療費と事実婚関係にあった甲の死亡による精神的な苦しみに対する慰謝料などは乙に対して請求することができると言えます。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 26Jul
    • [韓国]適法な賃貸権限のない人と賃貸借契約を締結した場合、住宅賃貸借保護法が適用されるのか

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『適法な賃貸権限のない人と賃貸借契約を締結した場合、住宅賃貸借保護法が適用されるのか』です。 質問: 甲は任意競売手続きで最高価買収申告人の地位にある乙と賃貸借契約を締結した後、住宅を引き渡してもらい、転入届を終え、契約書に確定日付を受け取りました。甲は住宅賃貸借保護法上の優先返済権を取得しますか? 返事: 住宅賃貸借保護法第2条は"この法は住居用建物(以下"住宅"という)の全部又は一部の賃貸借に関して適用する。その賃借住宅の一部が住居以外の目的で使われる場合にもまた同じである"と規定しています。この際、住宅賃貸借保護法が適用される賃貸借について判例は"住宅賃貸借保護法が適用される賃貸借が賃借人と住宅の所有者である賃貸人の間に賃貸借契約が締結された場合に限定されるものではないが、少なくとも、その住宅に関して適法に賃貸借契約を締結できる権限を持っている賃貸人が賃貸借契約を締結することが要求される。"としました(最高裁2008.4.10.宣告2007ダ38908、38915の判決など参照)。したがって、まだ売却代金を納付もしていない最高価買収申告人に過ぎなかった乙から住宅を引き渡してもらって転入届及び確定日付を備えたということだけでは甲が住宅賃貸借保護法第3条の2第2項で定めた優先返済権を取得したと見なすことができません(最高裁2014.2.27.宣告2012ダ93794の判決)。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 25Jul
    • [韓国]在外同胞も住宅賃貸借保護法の保護を受けるのか

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『在外同胞も住宅賃貸借保護法の保護を受けるのか』です。 質問: 私は外国に移住して外国国籍を取得した韓国同胞です。最近、事業上で国内に入国、長期滞在することになって居住する住宅を賃借しましたが、住民登録がなくて"在外同胞の出入国と法的地位に関する法律"による国内居所申告を賃借住宅所在地の地番としました。私も"住宅賃貸借保護法"の保護を受けることができるでしょうか。 返事: "住宅賃貸借保護法"の立法目的について同法第1条は"この法は住居用建物の賃貸借に関して民法に対する特例を規定することにより、国民の住居生活の安定を保障することを目的とする。"と規定しているし、同法第3条第1項で"賃貸借はその登記がない場合でも住宅の引き渡しと住民登録を終えた時にはその翌日から第3者に対して対抗することができる。この場合、転入届をした時に住民登録になったものとみなす"と規定しています。ここで、貴下は国民ではない外国人であり、"住宅賃貸借保護法"の保護対象になれるのか問題になります。ところで、"在外同胞の出入国と法的地位に関する法律"第2条は"在外同胞とは①大韓民国の国民として外国の永住権を取得した者または永住する目的で外国に居住している者(在外国民)と②大韓民国の国籍を保有していた者(大韓民国政府の樹立以前に国外へ移住した同胞を含む)またはその直系卑属として外国国籍を取得した者のうち、大統領令が定める者(外国国籍の同胞)を言い"、同法第3条は"在外国民と"出入国管理法"第10条の規定による滞在資格のうち、在外同胞の滞在資格を持つ外国国籍同胞の大韓民国での出入国と大韓民国内での法的地位について適用される。"と規定しながら、在外同胞の国内居所申告に関しては同法第6条第1項と第2項は"①在外同胞滞在資格で入国した外国国籍同胞はこの法律を適用するために、必要な場合には、大韓民国内に居所を定め、その居所を管轄する地方出入国・外国人官署の長に国内居所申告をすることができる。②第1項に従って申告した国内居所を移転したときは、14日以内にその事実を新居所が所在する市・郡・区の長や新居所を管轄する地方出入国・外国人官署の長に申告しなければならない。"と規定しているし、同法第7条(国内居所申告証発給など)第1項と第2項は"①地方の出入国・外国人官署の長は、第6条によって国内居所申告をした外国国籍同胞に国内居所申告番号を付与し、外国国籍同胞の国内居所申告証を発給する。②国内居所申告証には国内居所申告番号・氏名・性別・生年月日・国籍・居住国と大韓民国内の居所などを記載する。"と規定しています。そして同法第10条(出入国と滞在)第4項では"大韓民国内の居所を申告したり、その移転申告をした外国国籍同胞に対しては出入国管理法第31条による外国人登録と同法第36条による住居地の変更届出をしたものとみなす。"と規定しています。また、"出入国管理法"第88条の2(外国人登録証などと住民登録証などの関係)第2項によると、"この法による外国人登録と住居地の変更届出は住民登録と転入届を代える。"と規定しています。したがって、貴下が上記の住宅を賃借し、引き渡してもらって居住しながら、"在外同胞の出入国と法的地位に関する法律"による国内居所申告を上記の賃貸住宅所在地番としたら"住宅賃貸借保護法"による保護を受けられると思われます。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 23Jul
    • [韓国]外国人の場合でも住宅賃貸借保護法が適用されるのか

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『外国人の場合でも住宅賃貸借保護法が適用されるのか』です。 質問: 私は日本国籍の外国人です。私のような外国人も住宅賃貸借保護法の保護を受けられますか。 返事: 住宅賃貸借保護法第1条は"この法は、住居用建物の賃貸借について"民法"に対する特例を規定することで、国民の住居生活の安定を保障することを目的とする。"と規定しています。すなわち、"住宅賃貸借保護法"の保護対象は韓国の国籍を持つ自然人で、外国人は住民登録も不可能であるため、原則的には"住宅賃貸借保護法"の保護対象になりません。ただし、出入国管理法は"外国人が入国した日から90日を超えて韓国に滞在するには、大統領令で定めるところに従って入国した日から90日以内に滞在地を管轄する地方出入国・外国人関西の長に外国人登録をしなければならない。"と規定するとともに(出入国管理法第31条)、第88条の2で"この法による外国人登録と住居地の変更届出は住民登録と転入届を代える。"と規定しているので、住宅を賃貸した外国人が、転入届を代えた住居地の変更届出をしたとすれば、例外的に"住宅賃貸借保護法"の保護対象になります。判例も"外国人が住宅を賃貸しており、出入国管理法による住居地の変更届出をしたとすれば、取引の安全のために賃借権の存在を第3者が明確に認識できる公示の方法で設けられた住宅賃貸借保護法第3条第1項、所定の住民登録を終えたと見なすべきだ。"と(最高裁2016.10.13.宣告、2015ダ14136の判決及びソウル民事地裁1993.12.16.宣告、93ガ合73367参照)明らかにしたことがあります。したがって、外国人でも外国人登録と住居地の変更届出を済ませれば、住宅賃貸借保護法の適用を受け、保護を受けることができます。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 19Jul
    • [韓国]契約期間が残っている場合、保証金の返還が可能なのか

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『契約期間が残っている場合、保証金の返還が可能なのか』です。 質問: 私はソウル市所在ビル地下1階の商街を保証金1億ウォン、家賃100万ウォン、契約期間1年とする商街賃貸借契約を締結し、4ヵ月間商売をしてましたが、事情上、今やめたいと思います。 私が保証金を返してもらえますか。 返事: 商街建物賃貸借保護法第1条は"この法は、商街建物賃貸借に関して"民法"に対する特例を規定して国民経済生活の安定を保障することを目的とする。"と規定しており、民法の特別法であることを明らかにしています。したがって、商街建物賃貸借保護法に規定されない事項は基本法である民法の規定により処理されます。一方、民法規定に従った場合、貴下が正当な理由なく一方的に契約を破棄するのなら、貴下がその責任をすべて負うことになるので、残りの契約期間が完了するまでは賃貸人から保証金を返してもらえないだけでなく、残りの期間の家賃も支払わなければなりません。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 16Jul
    • [韓国]韓国で保証金返還請求訴訟を提起する場合、訴訟が終わるまでどれだけの時間がかかるのか

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『韓国で保証金返還請求訴訟を提起する場合、訴訟が終わるまでどれだけの時間がかかるのか』です。 質問 : ソウルで賃貸借保証金250,000,000ウォンに商街建物の3階部分を借りて商売をして賃貸借契約が適法に終了されたにもかかわらず、賃貸人が保証金を返還していない状況です。賃貸人に保証金返還請求訴訟を提起しようしているが、周りに話を聞いてみると、250,000,000ウォンを返還する訴訟は、その金額が大きくて訴訟が終わるまでは長い時間がかかると言われました。営業を続けるには保証金が急に必要ですが、訴訟が終わるまでどのくらいかかりますか。 返事: 一般的な民事訴訟の場合、請求金額が250,000,000ウォンに至る事件は合議部管轄として第1回弁論期日までに相当な期間がかかり、証拠調査も厳しく行われ、訴の提起後、判決に至るまで相当な時間が必要な場合が多いです。商街建物賃貸借保護法では長い時間が所要される保証金返還訴訟によって賃借人が苦しい思いをすることを最大限に防止するため、保証金が20,000,000ウォンを超過する場合にも少額事件の審判法によって、訴訟手続きを迅速に行うことができるよう規定しています(商街建物賃貸借保護法第18条)。訴状の送達と関連して賃借人が保証金返還請求の訴状を裁判所に提出すれば裁判所は遅滞なく訴状副本を賃貸人に送達します(小額事件審判法第6条)。期日の指定においても裁判所はその弁論期日を決めて、なるべく第1会の弁論期日で審理を終結し、弁論期日前でも当事者に証拠申請をするようにするなどの必要な措置を取ることができます(小額事件審判法第7条)。 この他にも証拠調査と判決に関する特例規定を通じ、訴訟期間が短縮できるようにしています(小額事件審判法第10条、第11条の2)。したがって、保証金返還請求訴訟が終わるまでどのくらいの時間がかかるか正確に回答することは難しいが、商街建物賃貸借保護法でその時間が短縮されるように規定しているので、一般的な民事訴訟よりは訴訟期間が短縮されるということをお知らせします。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 15Jul
    • [韓国]建物の主人が代わった場合、賃借人に対する保護

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『建物の所有者が代わった場合、賃借人に対する保護』です。 質問:商街の賃借人は誰もが商街建物の持ち主が変わっても、変わった所有者に既存の賃貸借契約を主張することができますか? 返事:改正、商街賃貸借保護法は従来に換算保証金が一定の金額(ソウルの場合4億)以下の賃貸借に限って認定された対抗力をすべての賃貸借に適用されるようにしました。したがって,賃借人は保証金、借賃金額とは関係なく、以前の建物の所有者と締結した賃貸借契約を新しい建物の所有者に主張することができます。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 12Jul
    • [韓国]韓国の商街賃貸借保護法上の商街賃借人の対抗力具備要件

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『韓国の商街賃貸借保護法上の商街賃借人の対抗力具備要件』です。 質問:私は甲が所有している商街建物のうち2階の10坪くらいを保証金5,000万ウォンに家賃80万ウォンで賃貸して入店し、事業者登録を備えた賃借人です。ところで、私は賃借期間の満了時、賃借保証金を確実に返してもらうために賃貸人の建物主の甲に賃貸借登記をすることを要求しました。建物主である甲は賃貸借登記に協力していないのに、もし、私が賃貸借登記をしていない間に、上記の商街建物が競売されるとしたら、賃貸保証金5,000万ウォンは返してもらうことは難しいと聞きました。建物のオーナーである甲の協力を得て賃貸借登記ができないとしたら、賃貸保証金を保護してもらえる方法はありませんか。 返事:商街賃借人の対抗力とは、賃借人が商街建物に入店して事業者登録を申請した日、その翌日から第3者に対して対抗することができ、売買、贈与などで賃借建物の所有者が変更される場合にも賃借権は新しい所有者に承継されるので、賃貸借契約の存続期間の間は賃借建物で営業することができる権利を言います。これに関して"商街賃貸借保護法"第3条第1項は"賃貸借はその登記がない場合でも、賃借人が建物の引き渡しと付加価値税法第8条、所得税法第168条又は法人税法第111条による事業者登録を申請すれば、その翌日から第3者に対して効力が生じる。"と規定しており、保証金の回収に関して同様の法第5条第1項、第2項及び第3項は"①賃借人が賃借建物について保証金返還請求訴訟の確定判決、その他にこれに準ずる執行権原により競売を申請する場合には民事執行法第41条にもかかわらず、反対の義務の履行や履行の提供を執行開始の要件としない。②第3条第1項の対抗要件を備えて管轄税務署長から賃貸借契約書の確定日付を受けた賃借人は民事執行法による競売または国税徴収法による公売の際、賃借建物(賃貸人所有の敷地を含む)の換価代金から後順位権利者やその他の債権者より優先して保証金の返済を受ける権利がある。 ③賃借人は、賃借建物を譲受人に引き渡さない場合、第2項による保証金を受け取ることはできない。"と規定しています。したがって、商街賃借人が建物の引渡しと事業者登録を申請したときは、賃貸人をはじめ、その後の第3者に対して賃貸借期間中にその建物で営業を継続できる対抗力を取得することになります。 もし、賃借人が建物の引渡しと事業者登録申請の前に賃借建物に対して抵当権や仮差押などの権利設定がなかった場合には、賃借保証金の全額を返してもらうまで、その賃借建物から退去されない権利があります。もう一方、賃借人が建物の引渡し(入店)と事業者登録をする前に当該建物に抵当権や仮登記、仮処分登記がすでに設定されており、その後、建物が競売で所有者が変更された場合、それに対しては対抗力がなく賃借権を主張できないため、賃借保証金を受け取れず退去されることもあり得るでしょう。また、商街の引渡しを受け、事業者登録を申請し、管轄税務署長から賃貸借契約書の確定日まで受けた場合、一定の要件のもとに一定の金額を限度とし、賃借保証金に対する優先返済権があります。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 11Jul
    • [韓国]賃借保証金額が商街建物賃貸借保護法上の適用範囲を超えた場合には保護されない!?

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『賃借保証金額が商街建物賃貸借保護法上の適用範囲を超えた場合には保護されない!?』です。 質問:私は2014年5月1日から水原(スウォン)所在の甲の所有商街建物1階店舗の一部分を保証金1億ウォンに月250万ウォンの資料を出して貴金属店を経営しています。しかし、甲から賃貸借期間が満了するや否や、月の賃料を大幅に引き上げるから嫌だったら出て行けと言われました。私も"商街建物賃貸借保護法"の適用範囲を外れた賃借人であることは分かっていますが、まったく保護されていないのでしょうか。回答:商街賃借人の権益保護のために制定された"商街建物賃貸借保護法"はすべての商街賃借人を保護するのではなく、該当地域の経済環境などを勘案し、地域別に区分して規定されています。その適用範囲に関して同様の法第2条は"①この法は、商街建物(第3条第1項の規定による事業者登録の対象になっている建物を言う)の賃貸借(賃貸借の目的物の主な部分を営業用に使用する場合を含む)について適用する。ただし、大統領令が定める保証金額を超える賃貸借に対してはこの限りでない。②第1項の但し書きの規定による保証金額を定めるにあたっては、当該地域の経済与件および賃貸借の目的物の規模などを勘案して、地域別に分けて規定するものの、保証金のほかに、借賃がある場合にはその借賃額に銀行法による金融機関の貸出金利などを勘案して大統領令が定める割合を掛けて換算した金額を含めなければならない。"と規定しており、2014年1月1日から施行されている改正"商街建物賃貸借保護法施行令"(大統領令第25036号、2013.12.30.改定)は"商街建物賃貸借保護法"の適用範囲となる保証金額をソウル特別市では保証金額が4億ウォン以下、"首都圏整備計画法"による首都圏の中の過密抑制圏域(ソウル特別市は除外)では保証金額が3億ウォン以下、広域市("首都圏整備計画法"による過密抑制圏域に含まれた地域と郡地域は除く)、安山市、竜仁(ヨンイン)市、金浦市と光州(クァンジュ)市では、保証金額が2億4千万ウォン以下、その他の地域では保証金額が1億8千万ウォン以下と規定しています。ただし、保証金額を算定することにおいて、保証金の他に月借賃がある場合には月借賃に100を掛けた金額を保証金に合算すると良いでしょう。そして、このような上記の賃借保証金を越える金額の商街賃借人は上記の法の保護対象から外しています。したがって、上記の事案の場合、保証金1億ウォンに家賃250万ウォンを出した商街賃借人である貴下の賃借保証金額は家賃250万ウォンに1百をかけた2億5千万ウォンに保証金1億ウォンを加えた3億5千万ウォン(1億ウォン+250万ウォン×100=3億5千万ウォン)になるはずで、貴下が所在した水原市の場合"商街賃貸借保護法"第2条及び同法施行令第2条第1項第2号によって、3億ウォン以下の保証金額に限って同法が適用されるところ、貴下の場合、上記の保護範囲を超過して"商街賃貸借保護法"の保護を受けにくいすでしょう。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 10Jul
    • [韓国]法人の商街建物賃貸借保護法の適用否か

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『法人の商街建物賃貸借保護法の適用否か』です。 質問 : 甲はA社を設立し、商行為のためにA社名義で商街建物を賃借しました。このように個人ではなく会社を設立して会社の名義で商街建物を賃貸する場合、商街建物賃貸借保護法の適用を受けることができますか。 返事 : 韓国の商街建物賃貸借保護法の適用範囲と関して同法第2条第1項は"この法は商街建物(第3条第1項による事業者登録の対象になっている建物を言う)の賃貸借(賃貸借の目的物の主な部分を営業用に使用する場合を含む)について適用する。"と規定しており、商法第5条第2項は会社を議題商人と規定しています。したがって、上記の法律の規定による場合、賃借人の名義が個人ではない会社であっても実質によって賃借目的物の主な部分を営業用として使用する場合であれば、当然に商街建物賃貸借保護法の適用を受けます。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 08Jul
    • [韓国]労働部に申告しても支給されない未払いの賃金を受け取る方法

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『労働部に申告しても支給されない未払いの賃金を受け取る方法』です。 質問 : 私は約15人の従業員を置いて甲が経営する衣類会社で働いて、6ヵ月前に退職したのですが、賃金200万ウォンを支給されなかったです。このことに未払い賃金を支給してもらうため、管轄の地方労働事務所に救助申請し,甲に早急に賃金を支払うよう、督促したにもかかわらず、甲は引き続き支給していません。管轄の地方労働事務所では、甲を告発措置をしたとして、私に未払い賃金をもらうためには別途に民事訴訟を提起しろというが、どうすればいいでしょうか。返事 : "勤労基準法"の適用範囲に関して同様の法第11条は"①この法は常時5人以上の勤労者を使用するすべての事業または事業場に適用する。ただし、同居の親族のみを使用する事業又は事業場と家事使用人に対しては適用しない。②常時4人以下の勤労者を使用する事業または事業場については大統領令が定めるところによって同法、一部の規定を適用することができる。"と規定しており、同法施行令第7条では常時4人以下の勤労者を使用する事業または事業場に適用する法規定を[別表1]に決めています。ところで、"勤労基準法"が適用される事業または事業場の使用者は労働者が退職した場合には当事者間の合意に延長しない限り、その支払い事由が発生したときから14日以内に賃金・補償金その他一切の金品を支給しなければなりません(勤労基準法第36条)。そして労働部はこのような"勤労基準法"上の基準がきちんと守られるようにその所属機関に勤労監督官を置き,その監督業務を遂行するようにしています。しかし、労働部も当該業者がこれに違反すれば、管轄地方労働事務所で使用者を検察に告発し、刑事処罰を依頼することはできるが、民事的な強制執行まですることはできない。通常の場合、勤労監督官が督促してかつ検察による告発がある場合、当該業者は賃金を支払うのが普通ですが、貴下の場合のように告発措置があったにもかかわらず、未払い賃金が支給されていない時はやむを得ず、民事訴訟の手続きを別途に踏まなければならないでしょう。したがって、管轄地方労働事務所から未払い賃金確認院を発給してもらい、これを証拠資料として民事裁判所に支給命令申請や訴額審判手続きによる賃金請求をしてください。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 05Jul
    • [韓国]勤労基準法に対する適用の例外

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『勤労基準法に対する適用の例外』です。 質問 : 勤労基準法は5人以上の労働者がいるすべての事業場に適用されますか。例外はないのですか。 返事 : 韓国の勤労基準法は常時5人以上の労働者を使用する事業、または事業場でも次の場合には適用されません。第一に、同居の親族のみを使用する事業は従属的な勤労関係を認めることができないため、親族相互の間に誰が使用者で、労働者なのかを形式的に区別することが困難であるため、法的用から除外しています。しかし、"民法"第777条による法律上の親族の範囲(8親等以内の血族、4親等以内の親戚、配偶者)以外にいる親族を労働者として使用する場合には"勤労基準法"が適用されます。第二に、家事使用人は除外されます。家事使用人とは一般家庭の家政婦、派出婦など家事に勤める者を言います。家事使用人との関係は主に個人の私生活と関連があり、勤務時間や賃金規制を通じて国家の監督行政が及ぼすことが難しいからです。第三に、特別法による適用の例外として、船員の場合は海上労働の特異性を考慮して船員法が適用され、国家公務員および地方公務員は特別規定(例:公務員年金法、公務員報酬規定など)がある場合には"勤労基準法"の適用が制限され、私立学校教員は"私立学校法"に特に"勤労基準法"の適用を排除するという規定がない限り"勤労基準法"が適用されます。また、判例は"勤労基準法第10条(現行の勤労基準法第11条)、本文で'常時5人以上の労働者を使用する事業、または事業場'とは、労働者の数が時々5人未満となる場合があっても状態的に5人以上がなる場合には、これに該当し、ひいては当該事業場に続けて勤める労働者だけでなく、その時々の必要により使用する日雇い労働者も含むものである。"としました(最高裁1997.11.28.宣告97ダ28971判決、2000.3.14.宣告99ド1243の判決※常時雇用労働者数=一定期間内の雇用者延べ人数/日程の事業期間内の稼働日数)。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 04Jul
    • [韓国]外国の会社にも韓国の勤労基準法が適用されるか

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『外国の会社にも韓国の勤労基準法が適用されるか』です。 質問 : 私は外国人が経営している常時労働者10人の会社で努めています。この場合にも"勤労基準法"が適用されるのか? 具体的な適用基準は何ですか。 返事 : "勤労基準法"第11条第1項は"勤労基準法は常時5人以上の労働者を使用するすべての事業、または事業場に適用する。"と規定しており、これは国・地方自治体による事業はもちろん、国営企業体、公益事業体、社会事業団体、宗教団体が行うすべての事業に適用されます(ソウル地裁1996. 9. 10.宣告96ガダン90373の判決、最高裁1979.3.27.宣告78ダ163の判決)。このように"勤労基準法"はこの法の適用対象となる事業を限定せずに,すべての事業に適用されるように規定しているので、事業の概念は弾力的に把握されるべきです。ここで、事業または事業場の判断基準に関して問題となるのは次のとおりです。第一に、一人の事業主が2つ以上の事業場を持つ場合に、場所的に分散されているとしても同一の組織的な関連を持って事業の独立性がない場合には一つの事業場に見なければならないのです。第二に、季節的な事業または日雇い労働者だけを使用する事業場の場合も同じ法の適用を受けなければなりません(最高裁1987.4.14.宣告87ド153の判決)。第三に、外国人事業については、外国人会社が韓国で韓国人労働者を雇用し、使用者の地位を持つ限り、自然人や法人を問わず、勤労基準法上の規定および義務を順守·履行しなければなりません。第四に、"勤労基準法"も国内法として国内のみ適用され、統治権が及ばない国外の事業場に対しては適用されないのが原則です。したがって、韓国人が経営する外国素材企業体では勤労基準法が適用されません。反面、韓国内に本社(企業体)があり、その出張所や支店などが外国にある場合にその出張所や支店に勤務する韓国人労働者には"勤労基準法"及び"産業災害補償保険法"が適用されます(産業災害補償保険法第122条)。したがって、貴下の場合は外国人会社の韓国支部でも属地主義の原則上、韓国人労働者を雇用し、使用者の地位を持つ限り、自然人や法人を問わず、勤労基準法上の規定および義務を順守·履行する義務があるので、使用者が勤労基準法に違反する場合には雇用労働部地方労働事務所に告発したり、裁判所に民事上の訴訟を請求したりすることができるのはもちろん、これ以外にも別途に労働委員会に救済申請をすることもできます。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 07May
    • [韓国]出願したデザインに対する他人の模倣を防止するためのtip

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『出願したデザインに対する他人の模倣を防止するためのtip』です。 第3者の販売製品が私のデザインと非類似するほどに変形した場合の侵害が成立しないので、自分のデザインを模倣したことを知りながら侵害を認められない不利益が発生します。このような場合、関連デザインを出願したら、そのデザインと類似の範囲までデザイン権利範囲が及びます。すなわち、基本デザインとは非類似するが、関連デザインとは類似した第3者の販売製品まで権利範囲が及ぼすために権利範囲が拡張される効果があります。関連デザインは何ですか。初めての出願されたデザインで一部変形されたデザインを言います。関連デザインは基本デザインと、別途の権利を持つが、関連デザインの保護期間は基本デザインの満了日と同一で、関連デザインで出願するには、基本デザインの出願日から1年以内に出願しなければなりません。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください

  • 03May
    • [韓国]デザイン権を侵害された場合の法的対応!

      こんにちは。 チョイス法律事務所のヒョンユン弁護士です。 今回のテーマは 『デザイン権を侵害された場合の法的対応!』です。 まず、私が登録されたデザイン図面と侵害品の実物を並べておき、全体的な外観が同一であるか判断します。同一類似の場合! 侵害者が侵害品を販売しているという証拠。例えば、オンライン広告ページなどをできるだけ多く収集し、警告状を送ればいいです。警告状に含めるべき事項は? - デザイン登録を受けた場合 実施製品が登録デザインと同一または類似可否の判断 侵害の禁止または予防請求,告訴など 侵害に刑事処罰要求および損害賠償請求- デザイン登録出願中の場合 実施製品が出願デザイン/登録デザインと同一または類似可否判断 出願公開申請後、警告状を発送 デザイン登録後、警告状を送った時点からの補償金請求警告状を発送する前に注意事項 - 警告状を発送する前に十分な証拠収集- デザイン侵害ではないのに侵害だと虚偽の事実を流布した場合、業務妨害罪の成立。韓国の法律に関して、お困りの際にはChoice のチェ・ヒョンユン弁護士までどうぞ、お気軽にご相談ください