アサナ(ポーズ)を考える時にからだの「前後・左右・上下」を意識します。

 

とくにこの点は考慮しています。

 

なぜなら、融合効果があって柔軟性が上がったり、からだのバランスが整うと思うからです。

 

また筋力の後には柔軟性のポーズを入れてホッと一息するのも大切です。