アクエリアス@AQUARIUS_SPORTS
#平昌2018冬季オリンピック
#髙橋大輔の踊る全力クイズ
【第7問】スノーボード篇
フォロー&回答で、 #アクエリアス 限定
デザインボトルが1,100名様に当たる!

【出題動画】
https://twitter.com/AQUARIUS_SPORTS/status/963216161860067328












アクエリアス×髙橋大輔コラボによる出題も今日で7日目。
「全力クイズ」スノボ篇はカメラ目線の艶っぽいダンスに華麗なジャンプ、
出題直前によろけそうになって思わず出た笑顔も見どころでしたw

これまでの出題動画はアクエリアス公式サイトでまとめてご覧いただけます。
https://secure.aquarius-sports.jp/campaign/pyeongchang2018/quiz.html
2/13 スノボ篇の全力出題と全力解説、UP主様に感謝してお借りします。

◆踊る髙橋大輔の全力クイズQ&A スノーボード編2/13
https://youtu.be/L-7nRL6YY5Y




大輔さんの現役時代に続いて今回の平昌が4回目の五輪。
長光歌子先生の対談コラム「歌子の部屋」で語られた
これまでの大輔さんとの五輪の思い出や
今回帯同される刑事くんへの期待と平昌展望、
世界ジュニア選手権に挑む三宅星南選手のことも。
全文は下記リンク先でご覧ください。
大輔さん関連部分を抜粋でお借りします。

<歌子の部屋 vol.27/スケート∞リンク フジスケ>
http://www.fujitv.co.jp/sports/skate/figure/utako/utako_27_1.html

~オリンピックについて~
■平昌オリンピックが始まりました、オリンピックとはやはり特別な存在ですか―

 私は、(髙橋)大輔が初めて出場したトリノのオリンピックが初めてでした。その時は事前にトリノ近郊のフランス・グルノーブルでニコライ(・モロゾフ)たちと合宿をした後、日本スケート連盟が用意してくれたクルマヨール市のリンクで練習し、そこからトリノに移動して本番リンクでの練習に入りました。オリンピックと言っても練習はいつもと全く変わらないんですよね。各国の戦友たちやコーチたちもいつも試合で一緒のメンバーですし、練習内容もいつも通り。だから「ああ、世界選手権なんかとあまり変わらないんだな。」と思っていたんですよね。
 でも滑走順抽選会の2日前くらいから何となく雰囲気が変わっていったんですよ。どういう感覚かは中々口では伝えづらいですが、本当に「空気が変わる」という感覚を肌で味わいました。大輔も徐々に緊張していき、本番当日には食事も喉を通りにくかったと言っていました。大輔は場の空気に敏感なタイプなので、特に強く雰囲気の変化を感じたのだと思います。その時、良い意味での「鈍感力」が必要だなと感じました。

■オリンピックでの思い出などはありますか―
 トリノオリンピックの時は、気づいたらどんどん進んでいてあっという間に終わってしまった感覚でしたね。私自身雰囲気にのまれていたのかも知れません。あの時はニコライがいてくれて、支えてくれ助けてもらいました。
 あのトリノのパラベラの競技会場は非常に音が響くんです。大輔はショートプログラムの時は第1滑走だったのでそのことに気がつかなかったのですが、フリーでは最終滑走だったので本当に緊張したらしいです。なにせ観客の声援がものすごく響くんです。裏で自分の出番を待っている時に、あまりに観客の声援が大きいので、選手全員がノーミスの演技だったと思ったらしいです。
 でもあの時の経験が生き、その後同じパラベラのリンクで行われたユニバーシアードと世界選手権で優勝できました。音が響くことを知っているから過度な緊張はしなかったようです。
 あとはトリノオリンピックでは、大輔は競技が終わったあとアメリカで一緒に練習していた荒川(静香)さんと一緒に過ごす時間が多かったのですが、荒川さんは非常に落ち着いていて、いつも通り楽しんで演技をして金メダルを取られたので、大輔は彼女のそういう部分に凄く憧れたようでした。次のバンクーバーの時には、荒川さんのように楽しもうと思ったそうです。トリノオリンピックでの経験は、次に確実にいろいろな場面で生きたと思います。

■男子シングル日本代表について―
…それから私は本当に幸せなことに、オリンピックに4回も行かせて頂くこととなりました。大輔のときに3回(トリノ、バンクーバー、ソチ)。そして平昌オリンピックでは(田中)刑事君についていくこととなりました。
 彼は今とても良い状態だと思います。四大陸選手権では、フリー前半でミスがありましたが、後半しっかり持ち直してパーソナルベストも出しました。すごく成長していると思います。刑事君は全日本選手権の前に、これまでにないくらい相当追い込んだ練習をしました。追い込むと疲労でパフォーマンスが落ちますし、当然調子も落ちます。でもその一時的に調子が崩れた後、少し練習量を減らし身体の疲れが取れると、グンとパフォーマンスが伸びるのですよ。実際に刑事君は今回それをしっかり実感してくれたと思います。
 オリンピックでは色々なことを感じると思いますが、とにかく守らずに行って欲しいです。彼は団体戦にも出場する予定ですので、まずは団体戦でオリンピックの空気感を個人戦の前に知ることができる。それは初出場の刑事君や、もちろん宇野君にも有利に働くと思います。是非この4年に一度という大舞台に立てた事に自信を持って、オリンピックの全てを楽しんで欲しいと思います。




大輔さんからの厳しい直接指導から多くのことを吸収した刑事くん、
初めての五輪での演技となったフィギュア団体戦FSは
かけがえのない大きな経験となったことでしょう。
来る個人戦の試合に向けて心身ともに良いコンディションをキープして
悔いのない演技を披露できるよう願っています!

今日付の刑事くん関連web記事に大輔さんの名前もチラッと。
抜粋で情報をお借りします。

★フィギュア団体5位の田中刑事 15年の集大成「次こそ」
[神戸新聞NEXT 2018.02.13]
https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201802/0010980844.shtml
 平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート団体で、兵庫県西宮市のリンクに拠点を置く田中刑事選手(23)=倉敷芸術科学大大学院=が12日、男子フリーに挑んだ。「強い気持ちで送り出したい」と話していたのが、コーチの林祐輔さん(40)=尼崎市。小学3年から指導してきた教え子とともに、夢の舞台にたどり着いた。
 林さんは尼崎市立西小5年から競技をはじめ、尼崎西高2年のときには阪神・淡路大震災直後の福島国体に兵庫代表として出場した。龍谷大時代は師事する長光歌子コーチ(66)の下でジュニア時代の高橋大輔さん(31)を指導。「これが天才なんやな」と五輪メダリストの天性の素質を感じたという。

 卒業後、大阪で指導者の道に進んだ林さんと出会ったのが、小学生の田中選手だった。「人見知りだけど真面目」。毎週末、岡山県倉敷市からバスでやってくる田中選手を自宅に泊める生活は、高校3年まで続いた。2013年に「ひょうご西宮アイスアリーナ」が完成すると、所属コーチになった林さんを慕って田中選手も練習拠点を移した。
 田中選手はソチ五輪金メダリストの羽生結弦選手(23)と同学年。4年前は「想像できない位置にいた」(田中選手)という同期の背中を必死で追った。「今シーズンは高橋大輔に近い『色気』が出てきた」と林さん。五輪行きが懸かる全日本選手権前は「重圧に対抗するには『やり切った』という支えが必要」と深夜0時まで氷の上に立ち続けた。

※記事文より抜粋


今日も更新されているD1SK公式サイト、
3つの新しい情報をお借りします。
http://d1sk.com/

[NEW]
2月15日(木)発行のサンケイスポーツにインタビュー記事が掲載予定

[NEW]
ONTEN(Ladies and Gentlemen The Beatles!)サポーターに就任
会場:TC 特設会場ITM2F(大阪市住之江区南港北2-1-10)
日時:2018.2.10(土)~2018.4.8(日) OPEN 11:00 / CLOSE 20:00

髙橋からの動画メッセージが以下URLよりご覧いただけます。
ttps://twitter.com/jme_pr01



[NEW]
フジテレビ「平昌オリンピック 「カーリング 男子ラウンドロビン 日本×イギリス」放送予定
日時:2月15日(木) 13:45~

※生中継のため内容変更の可能性がありますことをご了承下さい。
http://www.fujitv.co.jp/sports/pyeongchang2018/index.html

まだまだ続く大輔キャスターの平昌五輪、
15日にはサンスポ記事掲載に中継番組出演があって
そのすぐあとにやってくる男子フィギュア個人戦でも
応援と取材の日々となるのでしょうね。
でも、あまりに頑張って応援しすぎて
また声が枯れてしまうことのないようにw
大輔さんらしい五輪現地レポを楽しみにしています!

訪問&応援クリック
いつもありがとうございます! yocco

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村