こんにちは。

 

バランガンの占い師Chocolatです。



 

ツイッターでもつぶやいたのですがタイトルのフレーズを昨夜脳内で鬼滅の刃の冨岡義勇さんに言わせておりました。

 

なかなか好きなお相手が動いてくれない、というお悩み。

 

わたしにも同じような悩みがあった時期がありました。

 

生活すべてが、時間すべてがその悩みで埋め尽くされていました。

 

やりたかったことすべて投げうって、待って、ただ好きな相手といる短い時間だけがしあわせだった。

 

振り返るとあの時もっとできることあったはずなのですが

 

後悔しても過去にはもう戻れない。

 

今好きだなあと思う人はいますが超絶片想いです。

 

相手は動くことはなさそうです笑

 

でもわたしは今しあわせです。

 

定期的にお花屋さんでその時一番好きだなあと思うお花を買ったり、時々好きな場所にいったり、お仕事で素敵なお客様たちとお話できたり、好きな廃墟動画を延々流しながらゲームをしていたり。

 

好きな人が同じ時代を生きていて時々関わる。

それがさらにしあわせを増幅させます。

 

昔好きな人が動くのを待っていた時にもそんな風に過ごせていたらよかったかもしれません。

 

心の支えを持つというより心が何もなくてもしっかりと心が立っている状態であったらよかったのかも。

 

好きな人を心の支えにするというよりはサプリメントのような立ち位置に据えられたらよかった。

 

だって好きな人を心の支えにしてしまったらそれがなければ心が倒れてしまうから。

 

実際わたしの心は何度か盛大に倒れました笑

 

何かがなければしあわせではない、という図式はもったいない。

 

外的要因がなくても自分でしあわせな状態に持っていけるといいな。

 

逆で考えるともしも誰かに「あなたがいないと自分はしあわせではないです」と言われたらそれに応えられる気がわたしはしない。

 

誰かに必要とされるのはうれしいことだけどその人の主食になるほど自分をフルに提供することはできないし、あくまでサプリメント程度にしかなれないです。わたしはね。

 

しあわせは繊細に感じとったり種をまいて育てる。自主制作です。

 

心を曇らせる物やひととは距離を置く。

 

心に小さな穴が開いていたらそれをふさぐ。

 

あの人がいなくなったらダメになっちゃう!って感じるような恋心はロマンチックで素敵だから存分に味わいつつも

 

実際はあの人がいてもいなくても大丈夫なくらい一定量のしあわせはキープしておけるといいですねニコニコ

 

好きなお相手をあなたの心の主食からサプリメントに変えてみたり

 

好きなお相手とうまくいかなくてもわたしのしあわせは変わらない、って思えたらきっとあなたのエネルギーが変わる。

 

そうするとお相手とうまくいく可能性がむしろ高まるのだと思います。

 

しあわせの手綱は自分でぎゅっと握っていきたいですねピンク音符

 

とはいえ自分の心すら見えなくなってしまうことも生きていればありますよね。

 

そんなときは良かったらお話を聞かせてくださいね。

 

タロットカードやインナーチャイルドカードを使ってあなたの心の状態を一緒に探っていきましょう。

 

そしてもう必要なくなった感情や思い込みは書き換えていきましょうね。

 

いつもあなたを応援しています。


今日もすてきないちにちを流れ星


2021年4月

ショコラ。

スケジュール

 

毎週土曜日、水曜日レディースデイは

バランガン銀座店に出演

 

毎週月曜日、火曜日はバランガン新宿店に出演

4月は日曜日もイレギュラー出演です

 

 

占い館 バランガン 銀座店

 

 

東京都中央区銀座2丁目3-18 銀座高考ビル 2階

 

Tel:03-6228-6707

 

占い館 バランガン 新宿店

 

TEL:03-3353-8030

東京都新宿区新宿2丁目1-9キタウチビル2F

 

占い館 バランガン 銀座店

 

 

東京都中央区銀座2丁目3-18 銀座高考ビル 2階

 

Tel:03-6228-6707

 

占い館 バランガン 新宿店

 

TEL:03-3353-8030

東京都新宿区新宿2丁目1-9キタウチビル2F


5月の出演予定はこちら


👽バランガン新宿店

毎週月曜日、火曜日


イレギュラー出演  


2日(日)

9日(日)

16日(日)


🛸バランガン銀座店

毎週水曜日、土曜日


👽バランガン渋谷店🆕


イレギュラー出演 


5月20日(木)


 

ハート出演日は占いの窓でのお電話・チャット鑑定もご予約可能です。出演店舗にお問い合わせくださいね。